ApplePayは実店舗で使うよりもウェブやアプリ上での決済方法が革命的に凄い!


公開日: 

ApplePayが開始され、すでにiPhone7でSuicaを使って改札を通ったり、iPhone7をリーダーにかざして支払いをしたという人も多いかと思いますが、おサイフケータイ自体は何年も前から使えていたので、ケータイをかざしての決済自体にはまったく驚きはありませんが、ApplePayのすごさはネットやアプリでの決済ではないでしょうか?

 

ApplePayでできること

ApplePayを使うにはiOS10.1にアップデートをすると追加される「Wallet」というアプリにクレジットカードを登録する必要があります。

[ApplePay設定]iPhone7にSuicaとクレジットカードを登録する方法

suica

そしてSuicaの登録もすることによって改札を通ったり、下の画像のマークがある店舗や自動動販売機などでも決済可能です。

pay5

 

これに関しては驚きはありませんが、ApplePayの凄さはウェブ上での決済にあります。

 

ApplePayはウェブサイトやアプリで真価を発揮する

現在ApplePayに対応しているアプリは以下の7つとなります。現在は少ないですがこれから色々なサイトやアプリが対応することになるでしょう。こういったアプリがApplePayに対応することでのメリットは色々なサイトやアプリごとにクレジットカードを登録する必要がないということです。

 

pay6

これまでネットで買物をする際、そのサイトごとにクレジットカードの番号を入れていました。例えばAmazonで購入するときにはAmazonにクレジットカードの番号を入力し、ZOZOTOWNで買い物したいときはZOZOTOWNに登録をするということをやらないといけませんでした。

ただ、Amazonのように一度クレジットカードを登録をしておけば、何度も番号を入力する必要が無いサイトの場合は面倒ではありませんが、決済をするたびにクレジットカードの番号を入れる必要があるサイトもあります。セキュリティのためクレジットカード番号を保存しないということだと思いますが、これが非常に面倒なのです。

minne
※画像はminne(アプリ)での決済

しかしApplePay(Wallet)のみにクレジットカードを登録するだけで、ApplePayに対応しているサイトやアプリでの決済がiPhone7の指紋認証だけで行えるようになり、わざわざ購入のたびにクレジットカードを出して番号を入力するという手間がなくなります。

 

ApplePayはiPhoneだけでなくMacでも可能

pay

ApplePayはMacでも使用可能です。例えばMacでminneを開き、決済時にApplePayを選択します。するとiPhone7やAppleWatchに通知が来て、認証をすると決済をすることができます。

しかしApplePayの不便な所もあります。それはAppleならでは問題なのですが、iPhoneやMacのようなApple製品しか対応していないというところです。そのためWindowsでApplePayは使えません。そして「Safari」を使う必要があります。アプリの場合はアプリがApplePayに対応していればいいですが、ブラウザ経由でApplePayを使うにはSafariを使わなければいけません。

 

最後に

今後Android Payが日本でも使えるようになるでしょう。そうするとネットでの決済はApplePayもしくはAndroid Payのどちらかだけで決済可能という時代が来るかもしれません。そのサイトごとに決済方法を選択しなくてもよく、非常にラクに決済ができることから、無駄遣いをしてしまう可能性が大いに出てきてしまいますね。

 

関連記事

[ApplePay設定]iPhone7にSuicaとクレジットカードを登録する方法

【悲報】iOS10.1へのアップデートでカメラのシャッター音を無音にする裏ワザが使えなくなる

これをやっておくとiPhone7が快適に使える25の便利設定まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑