[ドコモ]いつ解約しても解約金がかからないフリーコースに変更する方法


公開日: 

ドコモなど大手キャリアのスマートフォンを解約すると解約金として9,500円が発生します。しかし2年ごとにやってくる2ヶ月(25、26ヶ月目)に解約をすると解約金がかからないのですが、2年ごとにやってくる「2ヶ月間」に合わせ解約をするというのは面倒ですよね。そんなときにいつ解約しても解約金が発生しないフリーコースが存在します。

 

フリーコースは特典は無いが、いつ解約しても解約金は発生しない

docomo

ドコモには解約金が発生しない「フリーコース」と期間外の解約時に9,500円の解約金が発生する「ずっとドコモ割コース」の2つのコースがあります。これまではいつ解約しても解約金が発生しないというコースは存在しなかったのですが、2016年6月から開始されました。しかしフリーコースに自動的になるのではなく、申し込みが必要になります。

そして、申し込みをしなければ自動的に2年契約後の25、26ヶ月目だけが解約金が発生せずに解約できる「ずっとドコモ割コース」になります。

フリーコースの選択は2年ごとに行わないといけないため、フリーコースに入っている状態で2年間契約し続けた場合、再度フリーコースを選択しないとずっとドコモ割コースになってしまいます。フリーコースを選択するということは2年以内には解約する可能性が高いということなので、その辺りは余り気にならないかもしれませんが、フリーコースを一度選択するとずっとフリーコースのままというわけではないということです。

そして1つ大きな問題があり、フリーコースに申し込みできる期間も定められているということです。フリーコースに申し込みするには2年間の契約が完了する契約満了月後の25,26ヶ月目だけとなります。そのため解約しようと思ったのですぐにフリーコースに申し込んでから解約する。ということはできません。

関連記事

【ドコモ編】スマホの解約金がかからない、契約満了月を調べる方法

 

 

ずっとドコモ割コースの特典

docomo2

4年以上ドコモを使用しているユーザーであれば、契約しているデータ容量に応じて割引が適応されます。また、2年間継続して契約をすると、「更新ありがとうポイント」としてドコモのポイント「3,000ポイント」がもらえます。

つまり15年以上契約している人でデータSパックの場合、一年間で7,200円の割引と3,000ポイントがお得になるということになります。

 

フリーコースに変更する方法

フリーコースに変更する前の注意点ですが、フリーコースに申し込みできる期間は契約満了月から2ヶ月間となっていますので、いつでも申し込みができるわけではありません。

My docomoにアクセスしdアカウントでログインし、「ドコモオンライン手続き」をクリック

docomo

 

新料金プランへの変更はこちら

docomo1

 

現在の料金コースが確認できます。

docomo2

 

現在のプランでは「カケホーダイプラン ずっとドコモ割コース」となっているので、同じカケホーダイプラン(スマホ/タブ)の「フリーコース」を選択しました。コース一覧の中には「ケータイ」のコースも表示されているので少しわかりづらいかもしれません。

docomo3

 

注意事項に同意し、適応するにを選択します。すぐに解約をするつもりがなければ、翌月を選択しましょう。

docomo4

 

そして確認メールの送信先を選択または入力し次のページへ、変更前と変更後のコースを確認し、問題なければ「手続きを完了」します。

docomo5

完了しました。

docomo6

 

最後に

フリーコースに申し込みができる”月”は決まっているので、もしドコモを解約して格安SIMに乗り換えようかな?と考えている人は申し込みができる月を確認しておきましょう。

 

関連記事

格安スマホを検討中の中高年・シニア層にmineoをオススメする理由

[ドコモ]6月から開始される解約金不要の「フリーコース」と、お得に使える「ずっとドコモ割コース」とは

【ドコモ編】スマホの解約金がかからない、契約満了月を調べる方法

ドコモのそのオプションサービス必要ですか?使ってないなら解約しましょう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑