MVNOへ乗り換えのきっかけになるかもしれない。かけ放題プランが存在する2つのMVNOを紹介


公開日:  最終更新日:2016/11/07

MVNOでは現在、”無制限のかけ放題”というプランはありません。スマートフォンで電話をたくさんする人はかけ放題プランがあるドコモなどの大手キャリアの方が月々の使用料が安くなる可能性があるためMVNOへの乗り換えを控えているという人もいるかもしれません。

しかし、無制限ではありませんが限定的なかけ放題プランを用意しているMVNOも出てきました。

 

一度の通話が5分以内であれば無料になるかけ放題プランが存在するMVNO

ドコモなどの大手キャリアには、無制限のかけ放題プランと一度の通話が5分以内であれば無料になるというプランがあり、どちらかを選択できるようになっています。無制限のかけ放題ではありませんが現在「楽天モバイル」と「UQモバイル」(2017年2月22日開始予定)が一度の通話が5分以内であれば通話無料というプランを用意しています。

楽天モバイル

rakuten

楽天モバイルは月額850円をプラスすることによって、一度の通話が5分以内であれば何度でも通話料が無料になり、5分以降は30秒10円で通話をすることができます。通常MVNOでの通話料は30秒20円となっているため、5分以降の通話料でも半額で通話をすることができます。

5分以内のかけ放題は、通話料が30秒10円になる「楽天でんわ(月額0円)」というアプリを使用して通話をするようになります。つまり常に30秒10円の料金で通話できる「楽天でんわ」に5分以内かけ放題プランが付いたということになります。

月額料金で見ても通信量5GBの5分かけ放題オプションを追加しても「3,000円」。ドコモの5分以内かけ放題(カケホーダイライト)は1,700円となりカケホーダイライトプランを選択するとデータ容量はデータMパック(5GB)プランの5,000円しか選択できなくなる(2GBの3,500円は選択できない)ため合計7,000円(spモード300円を含む)となります。

それを考えると同じようなプランで半額以下で収まるというのは非常に魅力的です。

rakuten2

楽天モバイル

 

UQモバイル

UQモバイルはUQWiMAXで有名なau系のMVNOで、5分以内かけ放題プランは2017年2月22日より開始予定となっています。

uq2

おしゃべりプランS(1,980円)とおしゃべりプランM(2,980円)が用意されていますが、どちらも通話は「一度の通話が5分以内であれば無料」。違いは月のデータ容量が2GBか8GBという違いです。そして5分以降になると一般的なMVNOの通話料30秒20円となります。

表示の価格から13ヶ月間は1,000円引きとなり、それ以降はおしゃべりプランの場合2,980円となります。しかしau系からの転入の場合この割引が適応されません。

UQモバイル

 

5分以内のかけ放題プランは現状では楽天がリード

これから他のMVNOでも5分以内のかけ放題プランが出てくると思いますが、13ヶ月での限定的な料金で言えば「おしゃべりプランS:1,980円」のUQモバイル。長い目で見ると楽天モバイルのプラス850円で5分以降も30秒10円で通話できるというプランが最安で、電話を色々なところにかけるのでかけ放題がないMVNOはどうかな…と思っていた人であれば、楽天モバイルがいいのではないでしょうか。

 

関連記事

格安スマホを検討中の中高年・シニア層にmineoをオススメする理由

mineoは速度を計測するとドコモに比べ速くはないが、普段使いには全く問題なし

オススメSIMカードは?各社の格安SIMカードの料金や仕様の比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑