スマホ版Googleマップの豆知識&便利機能まとめ


公開日: 

Googleマップは地図や経路検索以外にも色々なことができます。意外と知られていない機能もありますが、知っていると非常に便利な機能がたくさんあるため、スマートフォン版のGoogleマップの知っておくと便利な機能や豆知識を紹介したいと思います。

 

5時間超えると装備が変わる

Googleマップで、経路検索をすると「車」「電車」「徒歩」などどれを使い移動するかを選択することができますが、「徒歩で5時間以上」かかる場合、アイコンが少し変わります。

5時間以内の通常時

map

 

5時間以上の杖とバッグバージョン

map2

 

map3

このように徒歩で5時間を超えると、バッグと杖を持っているアイコンに変わります。

立ち寄った場所を見返すことができる

左側からメニューを表示し、自分の投稿

map

 

立ち寄った店舗や公園などが表示されます。立ち寄った場所の写真や口コミを書き込むことができる機能がGoogleマップにはあります。そのため立ち寄った店舗などが表示されるようになっているというわけです。

map2

 

行動履歴が見れる

先程紹介した、立ち寄った場所が見れるというのと少し同じような機能ですが、こちらはどこの道を通ってどこへ行ったかという行動履歴がわかります。

左からメニューを表示し→タイムライン

map3

 

タイムラインを開くとどの道を通ってどこへ行ったのかがわかります。

map

 

そして、カレンダーでいつどこに行ったのかもわかります。

map2

 

ナビを起動しなくても交通渋滞情報が見れる

「ここからここまで」という経路の検索をしナビを開始すると渋滞情報も同時に表示することができるのですが、ナビを開始しなくても「運転モード」をONにすることで渋滞情報を見ることができます。

左からメニューを表示し→運転モードを開始

map4

 

赤くなっているところは混んでいるということがわかります。

map5

 

ダブルタップ後、上下で拡大縮小ができる

2本指でピンチイン・ピンチアウトをすることで地図の拡大・縮小ができますが、ピンチイン・ピンチアウトをするには両手を使う必要があります。片手で拡大・縮小するには、画面をダブルタップした後に上下に指を動かすことで可能になります。

map6

map7

2本指で立体的な地図が見れる

ある程度拡大すると、詳しい地図を見ることができるのですが、2本指で上にスライドさせると地図が立体的になります。

2本指で上にスライドさせると

map11

 

地図が立体的になった。

map9

 

店舗の混雑情報が見れる

大きな店舗に限られますが、店舗をタップすると営業時間などを確認することができるようになっています。その情報にはどの時間が混むかなどの混雑情報も見ることができます。

店舗を検索するか、タップし、下に表示されている店舗名を開く

map12

 

店舗の詳細が表示され、混雑情報も見ることができる。

map10

曜日も変更することができるため、何曜日の何時頃が空いているかなどを事前に調べておくことができます。

 

最後に

このようにGoogleマップは単純に地図が見れるだけでなく色々な機能が追加されてきました。行動履歴を見れるなど”恐い?”機能ありますが、このような機能があるということを知っておくことで対策もできるかと思います。

 

関連記事

Googleマップの「いつどこに行ったのか」行動履歴の機能をオフにする方法

スマホのGoogleマップで距離をほぼ正確に測る方法

Googleマップに自宅を登録しておくと、自宅までの経路検索や終電の時間が自動で表示されて便利

Googleマップは10年でこれだけ進化していました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑