失くした物やスマートフォンをすぐに見つけることができる「Qrio Smart Tag」が届いたので早速使ってみた


公開日:  最終更新日:2016/11/23

Qrio Smart Tagはクラウドファンディングサイト「Makuake」で目標100万円のところ、約2400万円を集めた人気のデバイスで、2016年9月頃の発送ということでしたが少し遅れ、昨日(11月17日)に到着したので実際に使ってみました。

 

Qrio Smart Tagとは

qrio

Qurio Smart Tagは鍵や財布、バッグなど大切なものに取り付けスマートフォンとBluetoothでペアリングすることによってQurio Smart Tagとスマートフォンが離れたときにスマートフォンに通知をしてくれ、失くし物や忘れ物を防ぐことができるというデバイスです。

Qurio Smart Tagにはスピーカーが内蔵しているためスマートフォンからQurio Smart Tagを鳴らすことができます。そのためQurio Smart Tagを取り付けた財布などが部屋のどこに置いてしまったのかわからなくなったときに探しやすくなります。

また、Qurio Smart Tagにはボタンが付いていて、そのボタンを押すことによって遠隔でカメラのシャッターを切ったり、スマートフォンを鳴らしたりすることも可能です。

 

Qurio Smart Tag開封

文庫と同じくらいのサイズの箱です

p1060167

 

本体・スタートアップガイド・ボタン電池・鍵などに取り付けるためのリング・ドライバー・予備のネジが入っています。

p1060168

 

表にはボタンが付いていて、1回、2回、長押しでスマートフォンの操作の割当をすることができます。

p1060170

 

裏側のカバーを付属のドライバーで開けることができます。

p1060171

 

裏のカバーを外すと電池を入れたり、ストラップを取り外したりすることができます。

p1060172

 

スマートフォンとの大きさ比較

p1060169

 

ストラップは完全に取り外すことができます。

p1060175

 

通常のストラップを取り付けることも可能です。

p1060176

 

もちろん付属のリングを取り付けることも可能

p1060177

 

電池は裏表がありますが、裏表を間違っていれば中に入らないため間違って入れてしまうということはありません。

p1060174

 

設定方法

Qurio Smart Tagのアプリをインストールします。

 

Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)

Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)
開発元:Qrio Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

qurio

 

右上の「+」をタップ

qurio2

 

登録を始めるをタップ。Qurio Smart Tagのボタンは押さなくても反応しました。

qurio3

 

 

スマートタグが検出されました。の画面が表示されたら「検出されたスマートタグ」をタップ

qurio4

 

OKをタップすると、接続されたQurio Smart Tagの音が鳴ります。

qurio5

 

音が鳴ったら登録します。

qurio6

 

スマートタグのなまえは、取り付ける物の名前を付けておくとわかりやすいと思います。

qurio7

 

設定が完了しました。

qurio8

 

OKをタップすると、Quiro Smart Tagがある位置をマップで確認することができます。

qurio9

 

Qurio Smart Tagでスマートフォンを操作するには、右上の「︙」からスマートタグの設定を行います。

qurio10

 

リモコン設定

qurio11

 

Qurio Smart Tagのボタンを押すことで、スマートフォンを操作することができ、以下のように3パターンから選ぶことができますが、現在は「カメラのシャッター」「スマホを鳴らす」の2通りの操作しかできません。少し反応が遅いため、反応が遅いなぁ…と思って、もう一回押してしまうと1回押しと2回押しがごっちゃになるため、1回押しとボタン長押しの設定がわかりやすいのではないかと思います。

qurio13

 

Qurio Smart Tagのボタンを2回押してスマートフォンを鳴らしています。

qurio15

 

通知設定では、初期状態で手元から離れたときにスマートフォンに通知が来るように設定されています。通知スケジュールで何曜日の何時頃に通知をするという設定もできます。

qurio14

 

ホーム画面からカメラを起動したり、Qurio Smart Tagを鳴らすことができます。またボタン操作でもカメラの起動は可能です。例えば2回押しでカメラシャッターという設定にしていれば、Qurio Smart Tagのボタンを2回押しすることでカメラが起動します。

qurio16

 

使ってみた感想

良い点

Qurio Smart Tagとスマートフォンが離れたら通知をしてくれるというのも便利なのですが、一番便利なのはスマートフォンから音を鳴らすことができるというところです。部屋のどこにスマートフォンを置いたか忘れてしまうということがあるので、その都度他のスマートフォンから音を鳴らすということをやっているのですが、鍵や財布はそうはいきませんでした。

カギどこにやったっけ?と探すたびにカギから音を鳴らすことができればなぁ。といつも思っていたのでそれが実現できるようになったのは非常に物探しがラクになりそうです。いつも置く場所を決めておけばいいだけの話ですが…

 

悪い点

遠隔でスマートフォンのカメラのシャッターを切ることができるのですが、ボタンを押して10秒かかる場合もあれば、2~3秒で反応することもあるというタイムラグがすごくあるので、Qurio Smart Tagをカメラのシャッターを切るボタンとして使うにはまだ実用的ではありませんでした。

 

また、位置情報の取得を10分毎に行うと非常にバッテリーの消費が激しくなるため、1時間もしくは手動での取得にした方がいいと思います。

qurio18

 

Qurio Smart Tagで今後できること

qrio3

将来的にはアップデートによって追跡機能が追加になるようです。

追跡機能が追加されれば、子供のバッグに取り付けることで子供の帰りが遅いときも、迷子になった時にも安心です。子供の居場所を知るために子供用のケータイなどを持たせるということもできますが、月々の通信料がかかってしまいます。

しかし「Qrio Smart Tag」は通信料は発生しないため、気軽に子供に持たせることができます。

 

最後に

Qurio Smart Tagで非常に便利だと思っているのは、部屋のどこに置いたかわからなくなったときに、スマートフォンからQurio Smart Tagを鳴らすことができるという機能です。これで探す時間が非常に短くなることでしょう。

現在Makuakeでは募集は終了しましたが、Amazonでは予約が可能となっています。忘れ物や失くし物が多い人にはおすすめです。

 

 

関連記事

ついに忘れ物を完全になくすことができるかもしれないグッズ「Qrio Smart Tag」登場!

忘れ物防止と失くしたものを探すことができる世界最小落し物追跡タグMAMORIOを使ってみた感想

生活が超絶便利になるスマートフォン関連の商品をまとめて紹介

これまでAmazonで購入したスマートフォン関連機器で買ってよかったものだけを紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑