CPU8コア、メモリ4GBで価格3万円の「ZenFone 3 Laser」が11月26日発売


公開日: 

Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコアCPU)、メモリRAM3GBを搭載したASUS製のスマートフォン「ZenFone 3 Laser」が2016年11月26日に発売します。これだけのハイスペックで約3万という安さのスマートフォンの特徴やZenfone 3との比較をしていきたいと思います。

 

0.03秒のレーザーオートフォーカス

laser

背面にはレーザーオートフォーカスが搭載されていて薄暗い場所でも被写体に瞬時にフォーカスすることができます。またフォーカスの速さは約0.03秒とZenfone3と同じ速さとなっています。ちなみにXperia X PerformanceやXperia XZも同じく約0.03秒でオートフォーカスができるようになっています。

画素数はメインカメラ1300万画素、インカメラ800万画素とZenfone3よりもメインカメラ1600万画素よりも少し少ないですね。また手ブレ補正は3軸電子式手ぶれ補正となっています。

 

丸みを帯びたデザイン

laser2

Zenfone3 Laserの背面は丸みを帯びたデザインになっています。これが人間工学に基づいたデザインで背面が丸くなっていることにより片手で持ちやすくなっています。

 

0.3秒でロック解除できる指紋認証搭載

laser3

背面の指紋認証はZenfone3も同じく付いていますが、これによりロック解除が非常に便利になります。最近のスマートフォンでは指紋認証がスタンダードになってきていますね。

 

オクタコア(8コア)で4GBのメモリ

オクタコアで4GBのメモリ搭載というのは、今やそこまで珍しくはありませんが、これが3万円で購入できるというのは驚きです。例えば11月2日に発売したXperia XZは約8万円で販売されていますが、クアッドコア(4コア)でメモリ3GBとなっています。

 

Zenfone3 LaserとZenfone3のスペック比較

Zenfone3 Laser Zenfone3
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコアCPU) Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)
RAM 4GB 3GB
内蔵ストレージ 32GB 32GB
バッテリー 3000mAh 2650mAh
microSDスロット なし(Googleドライブ200GB 2年間無料) microSD(SDXC) 最大2 TB
カメラ メイン:1,300万画素、イン:800万画素 メイン:1600万画素、イン:800万画素
高さ×横幅×奥行き 149×76×7.9mm
146.8 ×73.9 ×7.69 mm
ディスプレイ 5.5インチ(1,920×1,080(フルHD)IPS液晶) 5.2インチ (1,920 x 1,080(フルHD) IPS液晶  )
SIMスロット microSIM、nanoSIM microSIM、nanoSIM
USBポート microUSB USB Type-C
ASUSショップでの価格
30,024円
42,984円

 

スペックが高い方を赤字にしました。サイズやディスプレイの大きさは好みによるので、比較対象としていません。

こうやって比較してみると、これだけの性能のスマートフォンが3万円で購入できるというのは凄いの一言ですね。SDカードスロットが無いというところと、次世代のUSB規格「USB Type-C」には対応していないというところが残念な点でしょうか?

こういったスマートフォンを購入し、MVNOで契約をすれば非常に安くスマートフォンを使うことができますね。しかも全く大手キャリアから販売されている機種と遜色ない。というかそれ以上の性能です。

 

ASUS公式オンラインショップ

 

関連記事

MVNOへ乗り換えのきっかけになるかもしれない。かけ放題プランが存在する2つのMVNOを紹介

格安スマホの最高峰Zenfoneはどれくらい凄いのか?「Zenfone3」の仕様を詳しく調べてみた

小・中学生に通話ができる1500円のプランでスマホを持たせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑