TSUTAYAの格安スマホ「TONE」はスマホ初心者(スマホデビュー)にオススメのスマートフォンです


公開日: 

tone1
格安SIMカードを購入する際、基本的にはスマートフォン(機種)とSIMカードは別々に購入するのですが、TSUTAYAのスマートフォン「TONE」はSIMカードだけを購入するタイプではなく、スマートフォンを購入するとSIMカードも付いてきて、すでに設定された状態で送られてくるという仕様になっています。スマートフォンとSIMカードの同時購入しかできないという意味では大手3キャリアと同じですね。

もちろん格安SIMを購入する際に、同時購入もできるMVNOも多くありますが、TONEは同時購入一択しかありません。またプランも1つのみ。スマホデビューの方がターゲットとなっているためこのように非常にわかりやすいプランとなっているようです。それではTONEの特徴を紹介していきたいと思います。

 

もくじ

TONEのプランは1つのみ

つまり料金プランはどうなる?

TONEには初心者に優しいサポートがある

TONEで購入できるスマートフォンのスペック

まとめ

 

TONEのプランは1つのみ

tone

スマートフォンを使用するためのプランとして、一ヶ月間にどれだけインターネットを使用できるか?を決めるために一ヶ月間のデータ量を選択するようになっています。

例)1GB、3GB、5GB、8GB、10GBなど

一般的にはこのようにあらかじめ一ヶ月で使用するだろうデータ量を選択します。ただ、初めてスマートフォンを使用する人だと一ヶ月にどれくらいデータを使用するかはわからないですよね?そのため、わからずに10GBなど大容量のプランで選択してしまい、使ってもいないのに毎月無駄に支払い続けているという人も中にはいます。

TONEはそのようなことが起こらないように、複数のデータプランは無く「月額1,000円」のみのプランとなっています。

 

プランが1つだけってどういうこと?

プランが1つだけで、インターネットが使い放題ってどういうこと?って思いますよね。これには理由があって、原則としてTONEはインターネットの速度が高速通信ではありません。TONEの注釈にはこのように書かれています。

※1 NTTドコモのLTEエリア、FOMAエリア、FOMAハイスピードに対応した、通常500kbps〜600kbpsの通信です。短期間における大量通信や長時間通信は制限させていただく場合があります。

つまり基本的な通信速度が「500~600kbps」となります。500kbpsという状態では、ほぼYouTubeなどの動画は視聴不可となります。ネットの閲覧、Twitter・Facebook・LINEに関しては問題ないでしょう。しかし画像表示は少し時間がかかるというような速度ですね。

ちなみに、大手3キャリアの通信制限がかかった場合が「128kbps」となります。

そして、一応使い放題となっていますが、短時間の大容量通信が行われた場合は制限がかかることもあります。そのため、初めてのスマートフォンで動画もほとんど見ることがないという人に向けたスマートフォンとなります。

※Wi-Fiには対応しているため、自宅などWi-Fiに接続できる環境があれば、動画も見ることは可能です。

 

プランは1つだけど、オプションがある

月額1,000円というのはあくまで最低料金です。このプランでは通信速度が「500~600kbps」となり、090や080などの電話番号の使用もできず、050で始まる電話番号で使用するIP電話のみとなります。

 

090、080などの電話番号を使用するオプション

tone2

090音声オプションを選択することによって、今使っている電話番号を移行するMNPもできるようになります。この場合、月々の料金に953円が加算されます。

そのため、このオプションを追加した場合の月額料金は1,953円となります。

 

高速チケットオプション1GB/300円

tone3

高速チケットオプションとは、1GBを300円で購入し高速でインターネットを使用することができるチケットとなっていて、月に2回まで購入できます。ドコモなど大手キャリアでは1GB:1,000円となっているため、非常に安いですね。

 

フラットパックオプション

tone4

フラットパックオプションとは、1GB高速で使用できる「高速チケットオプション」とIP電話での通話60分相当(国内携帯電話あて)の通話料「1,260円」が500円で使用できるというオプションです。こちらは追加で購入するというよりは毎月このオプションを使用するという形になるため、契約後お客様サポートセンターに連絡しオプション契約をするようになります。

 

その他オプション

・安心オプション(500円)

スマートフォンが万が一故障・盗難したときに端末の交換を行うサービス。また、全国約63,000ヵ所でWi-Fi接続の利用ができるオプション付き。

 

・SMSオプション(100円)

1,000円のプランではネットのみとなりSMS(ショートメール)は使えません。LINEの新規登録の際にショートメール認証が必要になるため、LINEの新規登録をショートメールで認証したい場合に必要なオプションです。090音声オプションを選択した場合はショートメールも使えるようになるため、「090音声オプション」または「SMSオプション」のどちらかを選択するということになります。

※LINEの新規登録はショートメール認証以外にもFacebookアカウント認証でも可能です。

 

・TONEファミリーオプション(無料)

TONEファミリーオプションとは子供にスマートフォンを使わせる場合にスマートフォンの利用状況や利用制限を管理できるオプションです。

例))家族が今どこにいるかといった位置情報を保護者が閲覧管理 /子どもの閲覧できるサイトを制限 / 歩きスマホの警告 / など

 

子供に使わせるスマートフォンに利用制限を掛けるサービス(アプリ)などは他にもありますが、基本的には月額300円など料金がかかる場合が多いので、このオプションは無料で使えるため、子供にTONETONEを持たせるというのもいいですね。

 

つまり料金プランはどうなる?

データ通信と通話はIP電話のみでいい場合

1,000円

ネットの使用ができて電話はあまりしないのでIP電話でいいという人向けのプラン。

IP電話はTONE同士のIP電話は無料となり、携帯電話へは1分21円、固定電話へは3分13円となります。

 

データ通信と通話はIP電話+SMSオプション

1,000円+100円=1,100円

ショートメールでLINEの認証などをしたい場合にSMSオプションを追加した場合の価格。

 

データ通信+IP電話+090音声オプション

1,000円+953円=1,953円

これが通常の電話もできるプランです。今使っている電話番号を引き続き使いたい場合は090音声オプションを追加したこの価格で使用することになります。

 

またこれらの価格で高速通信したい場合は1GB300円の「高速チケットオプション」を購入するということになります。

 

tone5

 

TONEは初心者に優しいサポートがある

tone7

大手キャリアでスマートフォンを購入するメリットは全国各地にショップがあり、わからないことをすぐに聞くことができるという点です。一方格安スマホの場合は店舗などの設置も少なく、わからないことを聞きづらいというのがデメリットですが、TONEの場合、電話サポート、TONEを取り扱っているTSUTAYAでの店舗サポートがあります。

また、毎週2回スマートフォンの基本操作を教えてくれる無料のスマートフォン教室も開催されています。

TONETONE取扱店一覧

 

TONEで購入できるスマートフォンのスペック

tone6

OS:Android5.1

CPU:MediaTek MT6735(64bit 1.3GHz クアッドコア)

メモリ:ROM 16GB、RAM 2 GB

SDカードスロット:microSDカード(最大32GB)

バッテリー:3000mAh

SIMカード:nanoSIM

価格:29,800円

 

携帯電話/ワイヤレス通信方式

GSM 850/900/1800/1900,、W-CDMA(3G) 1/6/9/19、LTE 1/3/19/21、HSDPA、HSUPA、Wi-Fi (802.11a/b/g/n)、Wi-Fiダイレクト、Wi-Fiディスプレイ、Wi-Fiテザリング、Bluetooth 4.1

 

スペック的にはまずまずです。写真などを保存できる容量が16GBと少し少ないですが、SDカードも使用できるためその辺りは問題ないでしょう。バッテリーが3000mAhというのはかなり大容量ですね。バッテリー切れの心配はあまり必要なさそうです。

 

まとめ

・TONEのプラン1,000円は最低価格

・通信速度は「500~600kbps」

・現在使用している電話番号を移行して使いたい場合は月額1,953円~となる

・高速通信1GB:300円で購入できる

・子どもの閲覧できるサイトを制限するオプションなどが無料

・TONEを取り扱っているTSUTAYA店舗でのサポートが受けられる

このように基本的に高速通信ではないですが、非常に価格も安いですし、購入できる機種自体もまずまずの性能なので初めてスマートフォンを持つ人や子供にスマートフォンを持たせるという意味では非常にいいのではないでしょうか?

ちなみに2016年12月31日までに申し込みした場合、基本プラン1,000円が3ヶ月間無料になるとのことです。

TSUTAYAのスマホ 【TONE】



関連記事

小・中学生に通話ができる1500円のプランでスマホを持たせる方法

格安スマホを検討中の中高年・シニア層にmineoをオススメする理由

MVNOへ乗り換えのきっかけになるかもしれない。かけ放題プランが存在する2つのMVNOを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑