お風呂で快適にスマホを使うための5つの便利グッズ紹介


公開日:  最終更新日:2016/12/01

ohuro

防水対応のスマホを持っている人はお風呂でスマホを使っているという人も多いのではないでしょうか?お風呂での暇つぶしに最適なスマホですが、長時間手に持った状態でスマホを見るのも大変ですし、防水対応とは言っても万が一水漏れにより故障するということも考えられます。

そこでお風呂でスマホを使う上で便利な5つのグッズを紹介したいと思います。

 

Angelbubbles お風呂 枕 バスピロー

スマホがお湯に浸からないように持ち上げた態勢では、首が疲れてしまいます。そういった場合にバスピローがあると便利です。元々バスピローは半身浴のために開発された商品ですので、長時間お風呂でスマホを使う場合もの便利です。

乾きの早いメッシュ素材となっていて、引っ掛けて干せるループが付いています。また裏側には吸盤が付いているので、ズレる心配がありません。

 

Ugreen スマホスタンド おりたたみ 角度調整可能

お風呂でYouTubeなど動画を見るときに便利なスタンド。お風呂の端に立てかけるスペースがあればいいですが、無い場合はお風呂のフタの上に置いて使うことでずっとスマホを持ち続けて動画を見るという必要がありません。ゴム製の滑り止めパッドが付いていて、角度も自由に変えられるという特徴があります。

 

Anker SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー

動画を見るときはもちろん音楽を良い音で聴きたいときに必要なスピーカー。Bluetoothで接続できるためわざわざ線を差し込む必要がありません。また、このスピーカーは手のひらサイズでストラップも付いているので、お風呂の狭いスペースでも邪魔になりません。

 

ランドポート 水没スマートフォン復活ツール

防水のスマホとは言っても水に濡れても壊れないという補償はありません。この製品は万が一水没で起動しなくなった場合に便利な、水没から復活させる”袋”です。

水没してしまったスマホの水分をタオルで拭き取り、ランドポートに入れ12~24時間待つだけで水没してしまったスマホが復活するという製品です。

水没した場合、中に入った水を乾燥させることが大事なのですが、ランドポートを使用することによって付属のビーズが急速に水分を吸収し、スマホを復活させるという仕組みになっています。お風呂でスマホを使っている人は万が一のために1つ持っておきたい製品ですね。

 

ジップロック フリーザーバッグ ジッパー付き

最後にオチ的な感じになりましたが、防水対応していないスマホをお風呂で使う場合に使えるジップロック。ジップロックは食品だけでなくスマホまでも守ってくれます。

 

最後に

SIMカードやmicroSDカードのトレイや背面カバーを取り外せるような防水対応のスマホもあるので、お風呂で使用する場合はそのようなカバーがしっかり閉まっていることを確認するようにしましょう。

そして万が一の水没時にも慌てないように、対処法を知っておくことも必要です。

 

関連記事

スマホが水没して起動しなくなったらどうする?そんなときの水没スマートフォン復活ツール

スマホが水没してしまった場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑