格安SIM申込時に発生する契約手数料3,000円を無料にできる「エントリーパッケージ」を販売しているMVNOまとめ


公開日:  最終更新日:2017/03/30

エントリーパッケージというのをご存知でしょうか?

エントリーパッケージとは、格安SIMを申し込む以前に手に入れ、申込時にエントリーパッケージに記載されているエントリーコードを入力すると契約事務手数料の3,000円が無料になるというものです。

このエントリーパッケージは安いものだと100円くらいから、高くても1,000円ほどで購入できるため格安SIMを始める際の初期費用を2,000~2,900円ほど節約することができます。

 

エントリーパッケージの使用方法

lineentry

エントリーパッケージにはSIMカードは同封されていません。

つまりただの”紙”です。その紙に記載されているコードが重要になります。

 

申込時にエントリーコード入力画面が表示される

下の画像はLINEモバイルの申し込み画面ですが、お申込み方法のページで「通常申し込み」と「コードを使用して申し込み」から選択できます。

エントリーパッケージを持っていれば、ここでエントリーコードを入力し、契約事務手数料が無料になるのです。

lineentry2

 

エントリーパッケージには「データ通信SIM」や「音声通話SIM」などの種類があるので注意

格安SIMには3つの種類があります。

1.データ通信SIM

ネットのみが利用できるSIMカード。おもにタブレットや2台持ちの場合の音声通話が必要ないスマホに利用する。

 

2.データ通信+SMS対応SIM

ネットとショートメールが可能になるSIMカード。ショートメールで認証が必要なLINEなどのサービスを利用したい場合に選択する。

 

3.音声通話SIM

音声通話(電話)、ネット、ショートメール全てが利用可能。おもにメインのスマホに利用する

 

このように3パターンの申し込みができるようになっていて、使い方に合わせて利用することになります。そしてエントリーパッケージを購入する際にも「データ通信SIM対応のエントリーパッケージ」などと表記されているものがあるため、間違って購入しないように気をつけなければいけません。

 

ネットで購入できるおもなMVNOのエントリーパッケージ

それでは今回は音声通話SIMのエントリーパッケージを紹介したいと思います。

 

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話

 

OCNモバイルONE 音声通話+LTEデータ通信

 

IIJ IIJmio SIM 音声通話

 

【Amazon.co.jp限定】 DMM mobile SIMカード 音声通話+データ通信SIM

 

UQ mobileエントリーパッケージ au対応SIM

 

 

LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパック

 

BIGLOBE SIM 音声通話+データ通信SIMカード

 

FREETEL SIM】299円 全プラン対応パック データ通信/音声通話

 

U-NEXT U-mobile 通話プラスパッケージ

 

エントリーパッケージというもので格安SIMの申し込み手数料を安くできるということを知っているだけで約2,000円ほど節約できるので、申し込みをする際は事前に購入しておきましょう。

 

関連記事

【2016年度版】MVNOシェアランキングで上位の格安SIMの特徴から見る人気の秘密とは

ドコモを解約してこれから海外版SIMフリーのXperiaを購入していこうと決めた理由

格安スマホの最高峰Zenfoneはどれくらい凄いのか?「Zenfone3」の仕様を詳しく調べてみた

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑