iPhoneを通して他人に自分の名前を知られないようにする方法


公開日: 

iPhoneやiPadなどのiOS間で画像などを送る方法として「AirDrop」という機能があります。AndroidやWindowsの場合はBluetoothでペアリングを行い画像などを送受信しますが、AirDropは事前のペアリングも必要なく簡単にデータを送ることができます。

AirDropは画像などのデータを送ろうとすると、近くにいるiOSのデバイス名が表示され、その名前を選択しデータを送信するような仕様になっています。

 

AirDropでデータを送ろうとすると近くにいる人の名前が表示される

下の画像はiPhoneに保存されている画像を転送しようとしたときに表示される画面です。AirDropで共有するのところに「太郎」という名前が表示されているのがわかります。

 

ここに表示される名前はiPhoneやiPadに登録している名前が表示されています。つまり自分のiPhoneに自分の名前を登録していると近くにいる人に名前が知られてしまう可能性があるということです。

そして、AirDropで転送先の候補として表示されるには、同じ部屋や電車であれば同じ車両など、ある程度近くにいる必要があります。

そのため、ここに表示される名前の人が近くにいるということがわかります。

 

他人に名前がバレてしまうことにより起こりうるトラブルとは

単純に名前が知られてしまうということだけで言うとそこまで問題はないでしょう。今やTwitterやFacebookに実名で登録している人も山ほどいますし、ネットで見つけたとしてもその人に実際に会える可能性も非常に低いということもあります。

しかし、AirDropを通じて名前を知られた場合、顔と名前が一致します。もし居合わせた場所にほとんど人がいなかった場合は確実に特定されてしまいます。

そしてそのまま後を付けられ自宅を知られてしまうと「顔・名前・自宅」を知られてしまうことになります。また、TwitterやFacebookを実名で登録していればそこに投稿している内容ももちろんわかります。

※TwitterやFacebookは投稿の公開範囲を選択できます

 

そこまで分かればその先の行動次第でその他の色々なことも知られてしまうでしょう。

ここまでくると極端な例ですが、まったく可能性がないともいい切れません。特に若い女性は気をつけなければいけないのではないでしょうか?

ただし、ほとんどの場合が単純に自分の名前が近くにいる人に知られてしまったというだけでしょうが、気持ちのいいものではないですよね?

 

 

AirDropで自分の名前を表示しないようにする方法

AirDrop上に自分の名前を表示しないようにするのは非常に簡単です。AirDropをOFFにすればいいだけです。

コントロールセンターを表示し、AirDropをタップします。下の画像は対象が「すべての人」となっているため、近くにいる人に自分の名前が表示される状態になっています。

 

「受信しない」はAirDropがOFFになり、「連絡先のみ」はiPhoneの連絡先に登録している知り合いの人にしか表示されなくなります。

 

このように「受信しない」または「連絡先のみ」という表示になっていれば、他人に自分の名前が知られるという心配はありません。

 

iPhoneに登録している名前を変更する方法

AirDropでデータを転送するときに表示される名前は変更することができます。

設定→一般

 

情報

 

名前の欄をタップし、名前を変更することができます。

 

最後に

スマホの出現によって、生活は非常に便利になりましたが、ちょっとしたことで個人情報が知られてしまったり、トラブルに巻き込まれることもあります。

スマホでできることを知り、トラブルは未然に防ぐようにしておくことが必要ですね。

 

関連記事

Bluetoothで画像の送受信ができないiPhoneでAirDropを使用して画像の送受信を行う方法

スマホの画像をメールではなくBluetoothで送る方法

問題が起こってからでは遅い!LINEから漏れるかもしれないプライバシーを守るための便利設定7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑