U-mobileの速度は?安くても使えるの?U-mobileの最大2ヶ月トライアルキャンペーンを試してみた


公開日: 

現在行っているU-mobileを最大2ヶ月無料で利用できるトライアルキャンペーンに申し込み、4日後にSIMカードが届いたので早速設定をして使ってみました。

 

U-mobileのトライアルキャンペーンとは

 

無料期間:最大2ヶ月

対象サービス:データ通信専用5GB(SMS機能なし)

 

【トライアル特典】

・契約事務手数料3,000円無料

・SIM発行手数料394円無料

・対象サービス基本使用料最大2ヶ月無料

・U-mobile通話プラスの新規申込時に発生する契約事務手数料3,000円が無料になるエントリーコードプレゼント

 

U-mobileトライアルキャンペーンは、契約時に発生する契約事務手数料やSIM発行手数料も含め完全に無料で2ヶ月間利用できるというキャンペーンです。そのため2ヶ月以内で解約した場合は一切料金が発生しません。

初めての格安SIMや他の格安SIMは使っているけどU-mobileってどうなの?という方に一度使ってみてもらい、U-mobileの使い心地を試して下さいというキャンペーンです。

トライアルキャンペーン対象のプランはデータ通信のみ(SMSなし)の5GBプランで通常は1,480円となります。データ通信のみとなるためタブレットや使用していないスマホがあればそれで試してみてもいいかもしれません。

 

詳しくはこちらの記事で

格安SIMをお試しで使ってみたい方におすすめ!2ヶ月間無料でU-mobileが利用できるトライアルキャンペーンがあります

 

 

送られてきたのは設定マニュアルとSIMカード

送られてきたのはSIMカードとスマホをネットに接続するために必要なAPN設定方法が記載されているマニュアル、そしてU-mobileのユーザーは約82,000ヶ所のWi-Fiスポットを無料で利用できるようで、そのWi-Fiスポットに近づくと自動的にWi-Fi接続をしてくれるアプリの設定方法が記載されている用紙が送られてきました。

 

SIMカードの台紙にもAPN設定情報は記載されています。

 

Nexus 5XにU-mobileを設定してしばらく使ってみたいと思います。

 

Nexus5XにU-mobileのAPN設定をする

APN設定とは、スマホをネットに接続するために必要な設定です。自宅のインターネット回線の場合は、ルーターにプロバイダー情報を入力しネットに接続しますが、それのスマホ版です。

契約するMVNOによってID・パスワードが異なりますがNexus 5XのようなSIMフリースマホの場合、一般的なMVNOのAPN情報がすでに設定されているのでそれを選択するだけで利用可能です。

設定→もっと見る

 

モバイルネットワーク

 

アクセスポイント名

 

U-mobileを選択する

 

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホの場合、そのキャリアのAPN情報しかないため自分で手入力でU-mobileのAPN情報を入力し、保存します。

 

U-mobile APN設定情報

名前:U-mobile(任意の名称で構いません)

APN:umbile.jp

ユーザー名:umobile@umobile.jp

パスワード:umobile

認証タイプ:CHAPまたはPAPを選択

 

これ以外の項目は空白で構いません。

 

設定が完了するとネットが接続できるようになります。また今回のトライアルキャンペーンはネットだけができるSIMカードのためこれで設定は完了です。SIMフリースマホでU-mobileのAPN設定情報が一覧にあれば1分もかかりません。

 

速度を計測してみた

設定が完了し、使えるようになったのが回線が混みやすいお昼時(12時29分)でした。ここで速度を計測してみると以下のような速度が出ました。

ダウンロード:1.02Mbps

アップロード:8.78Mbps

 

ここで大切なのはダウンロードの速度です。アップロードはネット上に画像や動画をアップロードするときの速度のため速いに越したことはありませんが、そこまで気にする必要はないでしょう。

やはり平日のお昼休みの時間帯は通信が混み合うようで、1Mbpsしか出ていません。何度か計測しましたがこの時間帯は1Mbps前後でした。

1Mbpsではサイトの閲覧でも数十秒かかってしまうこともあるため、平日のお昼の時間帯は少し使いづらいという印象です。

 

U-mobileを1日速度を計測してみた(2017年2月9日東京都内にて)

時間 ダウンロード アップロード
8時 6.44Mbps 3.85Mbps
10時 31.68Mbps 12.20Mbps
12時 1.82Mbps 14.22Mbps
13時 1.68Mbps 11.50Mbps
15時 26.52Mbps 9.33Mbps
17時 5.12Mbps 2.25Mbps
18時 3.70Mbps 5.53Mbps
19時 1.40Mbps 2.14Mbps

 

やはり混み合う朝・昼・夜の時間帯になると極端に速度が遅くなります。3Mbps以上速度が出ていればそれ以上速度が出ていてもあまりサイト閲覧時には関係してこないので3Mbpsあれば合格点なのですが、混み合う時間帯はすべて1Mbps台となり、この時間帯ではサイト閲覧に時間がかかってしまいます。

 

U-mobileの料金プラン

容量 通話プラン データ通信のみ
1GB なし 790円
3GB 1,580円 なし
5GB 1,980円 1,480円
LTE使い放題 2,980円 2,480円
ダブルフィックス 1GB以下1,480円
1GB超1,780円
1GB以下680円
1GB超900円

 

現在ドコモの最低料金が5分かけ放題と2GBのセットで5,500円。そしてU-mobileにはかけ放題オプションはありませんが3GBで1,580円で利用できます。

※別プランで10分かけ放題がセットになったプランがあります

 

通話料を含めると2,000~4,000円ほど月々のスマホ代を節約できるようになりますが、それを引き換えに混み合う時間帯に遅くなってしまいます。

少しだけスマホが不便になりますが、スマホ代を節約できることにメリットを感じることができる人であれば、乗り換えても問題ないのではないかと思います。

現在トライアルキャンペーンを行っていますので、一度試してみて価格分のメリットが感じるようであれば本格的に乗り換えてもいいのではないでしょうか?

 

U-mobileトライアルキャンペーンの申し込みはこちら

 

関連記事

格安SIMは普段使いには物足りないのか?mineoを一年間使ってみた感想

ドコモからLINEモバイルへの乗り換え方法とLINEモバイルに決めた理由(申し込み編)

ドコモからLINEモバイルに乗り換える方法(設定編)MNP切り替えの連絡をしてから約2時間で開通します

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑