iPhone7の画面が勝手にズームされてしまう場合の対処法


公開日: 

iPhoneをポケットに入れ、そこに手も入れていると画面を触ってしまうことになるのですが、ポケットからiPhoneを取り出すとなぜか高確率で画面上に虫眼鏡のようなものが現れ、画面上を拡大してくれています。

この機能の表示・非表示の方法がわかっていれば全く問題ありませんが、突然表示されてしまった場合、邪魔でしかありません。

そこで画面上をズームしてくれる「ズーム機能」のON・OFF方法を紹介します。

 

ズーム機能とは

iPhoneのズーム機能は画面上を大きく拡大してくれる虫眼鏡のような機能で、スライドすることで一部分を拡大することができます。

スクリーンショットの画像では拡大されていませんが、実際の画面は拡大されています。

 

ズーム機能は、下に表示されているバーをダブルタップするとメニューが表示されレンズのサイズを変更したり、スライドさせて動かすことができます。

 

 

ズーム機能の表示・非表示方法

設定→一般→アクセシビリティ→ズーム機能

ちなみにズーム機能の下にある拡大鏡は、iPhoneのカメラを使い映したものを拡大することができる機能で、まさに虫眼鏡のような使い方ができる機能です。

 

ズーム機能をオフにする。下の画像ではONになっています。

 

ズーム機能がONになっていると、3本指でダブルタップすると表示される

「拡大するには、3本指でダブルタップします」と表示されています。つまり、ポケットにiPhoneを入れた状態で画面をトントン触っていたようですね。

知らないうちにズーム機能がONになっているという方はズーム機能自体をOFFにする。もしくは3本指でダブルタップすることで非表示にすることができます。

 

関連記事

iPhoneを通して他人に自分の名前を知られないようにする方法

知らないと損!?iPhone7の3D Touch便利技12選

iPhone7 Plusのおすすめケースをクリア・手帳型・耐衝撃など、タイプ別に紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑