会話形式でGoogle検索ができるGoogleアシスタントがすごい


公開日:  最終更新日:2017/06/19

Googleが提供しているメッセージアプリ「Allo」はLINEのように友達とメッセージのやり取りができるのですが、Googleアシスタントと会話することも可能です。

Googleアシスタントは会話の流れを読むことができるため、通常のGoogle検索のように検索ごとにキーワードを設定しなくても会話の流れから最適な検索結果を表示してくれます。

 

Googleアシスタントを利用する方法

GoogleアシスタントはiOSでのSiriのような機能で、音声での会話もしくは文字入力でやり取りをすることができます。

Googleアシスタントは「Allo」というメッセージアプリで利用できますが、2017年6月18日にAlloをインストールしなくても「ホームボタンの長押し」もしくは「OK Google(自分の音声を登録している場合)」のどちらかでGoogleアシスタントを起動できるのを自身の端末で確認しました。

 

ホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを呼び出す

ホームボタンを長押しすると下記の画像のようにGoogleアシスタントが起動しました。

マイクのボタンをタップするか、「OK Google」で音声入力ができるような状態にしてスマホに話しかけます。

 

OK Googleと話しかけてGoogleアシスタントを呼び出すには自分の声をあらかじめ登録する必要があります。

自分の声を登録する方法は「スマホに「オッケーグーグル」と言っても反応しない場合は自分の声を登録しましょう」で紹介しています。

 

AlloをインストールしてGoogleアシスタントを利用する

 

Google Allo

Google Allo
開発元:Google Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

アプリを起動し、右下のメッセージ作成をタップします。

 

そして会話の相手に「Google Assistant」を選択します。

 

 

Googleアシスタントは会話の流れを理解し検索結果を表示してくれる(Alloの場合)

Googleアシスタントとの会話は右下のマイクのアイコンをタップすることで音声入力をすることができます。

「今日の天気」ではGPSを元に現在地の天気予報を表示してくれます。この機能に関しては普通にGoogle検索で「今日の天気」と検索してもGPSを元に同じような結果が表示されますが、次に「明日は」と検索すると明日の天気を表示してくれました。

 

普通にGoogle検索をする際には「明日の天気は」と検索しなければいけませんが、一つ前の検索で「天気」を検索していたことにより「明日は」というキーワードで「明日の天気」を表示してくれました。

 

では次に「Perfume」と入力してみました。その後に「ライブのチケット」と入力するとこれから行われるPerfumeのライブチケットを販売しているチケットぴあのサイトが表示されました。

 

こちらも同じく「Perfume ライブのチケット」と入力しなくても表示されました。

 

会話の流れによって同じワードでも違う検索結果が表示される

「ポンド」を入力すると、グラムで表示されました。その後に「30ポンド」を入力すると30ポンドがどれくらいの重さなのかをグラムで表示してくれます。

そして次に「1ポンド円」を入力してみます。すると1ポンドが何円なのかが表示されます。

 

その後に同じく「30ポンド」で検索すると、30ポンドが何円なのかを表示してくれました。

 

このように同じワードでもこれまでの会話の流れによって違った結果を表示してくれました。

 

Googleアシスタントはチャット中でも呼び出すことが可能

Googleアシスタントと会話するための部屋を作り、GoogleAssistantの会話をしていた画面を紹介してきましたが、人とのチャット中に「@google」と入力することでGoogleアシスタントを呼び出すことができ、そのチャット内でGoogleアシスタントを利用することができます。

たとえば友達とのチャット中に、「今度◯◯のライブ見に行きたいね」という話になったときにチャットを閉じて、Google検索アプリで検索をしなくてもチャット内でGoogleアシスタントに聞くことができるというわけです。

まだ会話の流れを読み間違えた検索結果を表示することも多いですが、このAIが進化することで「自分・友達・Googleアシスタント」の3人の会話が、数年後には普通に成り立つようになるかもしれません。

 

新しく追加されたホームボタンで呼び出したGoogleアシスタントの場合

「ホームボタンの長押し」または「オーケー グーグル」で呼び出した場合のGoogleアシスタントもできることは基本的に同じですが、画面下にある「画面の検索」「スクリーンショットの共有」が追加されています。

画面の検索はこれまでホームボタンの長押しで表示されていた機能で、その画面に表示されている情報の関連ワードを表示してくれるものです。

 

こちらも、一度人物を検索するとその次に人物の名前を入れなくてもその人の情報を教えてくれます。

 

これまではAlloを起動し、Alloの中でしかGoogleアシスタントの利用できませんでしたが、ホームボタンを長押しするだけで利用できるようなり利用頻度も増えるでしょう。

そしてGoogleアシスタントがさらに進化すると会話だけで検索が成り立つため、検索があまり得意でない人でも自分が欲している情報に簡単にたどり着けるようになるでしょうね。

 

関連記事

日本で発売が決まったGoogleHomeでできること

Android版「Google翻訳」の新機能リアルタイム翻訳の利用方法

紙の写真をスキャンできるGoogle公式アプリ「PhotoScan」ですべての写真をGoogleフォトに保存できるようになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑