Google検索で表示されるショップや施設の混雑具合のデータはどうやって取得しているの?


公開日: 

スマートフォンやPCのGoogle検索でショップや施設を検索すると、何曜日の何時が混んでいるかを表示してくれます。

この情報を元に、混み合っている時間を避けて時間を効率的に利用することができるようになりましたが、このデータはどのように取得しているのでしょうか?

 

Googleで検索すると表示される混雑具合の情報

例えばGoogleで「ドコモショップ 新宿」と検索すると、Googleマップとドコモショップの店舗が表示されました。

 

店舗をタップし詳細を表示すると1時間毎の混雑具合が表示されます。

これにより、何曜日の何時頃が混んでいるのか?今の時間帯は多いのか?などを調べることができます。

 

混雑具合のデータ収集は個人のスマートフォンから行っている

みなさんスマートフォンをお持ちだと思いますが、スマートフォンにインストールされているGoogleマップには「ロケーション履歴」という機能があり、いつどこに行ったかを記録しています。

Googleマップを開き→左からメニューを表示→設定

 

Googleの位置情報設定

 

ロケーション履歴がONになっている状態でショップや施設を訪れることによって、知らないうちに混雑情報のデータをGoogleに教えています。

 

このデータはAndroidだけでなく、Googleマップをインストールしてロケーション履歴がオンになっているiPhoneでもデータの収集が行われています。

このデータは匿名で行われているため、プライバシーに関しては問題はありませんが、もしこの情報をGoogleに送信したくない場合はロケーション履歴をオフにしましょう。

 

混雑情報だけでなく、このショップに平均どれくらい滞在しているかも表示される

この店舗に滞在している時間も収集しているため、この場所の平均滞在時間も表示されます。

そのため、混雑している時間帯でも滞在時間が短ければ店舗に行って待ち時間が少ないかもしれないということがわかります。

 

混雑する時間帯と平均滞在時間のデータは過去数週間のデータを元に表示され、現在の混雑情報に関してはリアルタイムで表示されています。(上記画像では「現在:通常はやや混んでいます」と表示)

これらのデータはある程度訪問している人が多くなければデータの収集ができないため、最低でも1日数十人が訪問している必要があるのではないでしょうか。

目的の場所に行く前にGoogleで検索して時間を有効活用できる便利な機能の紹介でした。

 

関連リンク:混雑する時間帯と滞在時間|Googleマイビジネスヘルプ

 

関連記事

Googleマップの新機能「リストに保存」で旅行の予定を効率的に立てる方法

方向音痴でも大丈夫!Googleマップを使って道に迷わず目的地まで行く方法

会話形式でGoogle検索ができるGoogleアシスタントがすごい

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. マサ より:

    役に立つ情報を解りやすく解説してくれてありがとうございます。
    res登録させてもらいました

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑