Microsoft開発のToDoアプリがシンプルでPCとも連携できるのでおすすめ


公開日: 

今日やることを紙に書き出し、やり終えたらチェックを入れる。

仕事のやり忘れを防ぐために必要なのが「やることリスト」の作成で、やることリストを作成できる「ToDoアプリ」も数多くリリースされています。

その中でいくつか利用してみた結果、シンプルでPCとも連携できるMicrosoftが開発したアプリ「Microsoft To-Do」が非常に使いやすかったので紹介したいと思います。

 

Microsoft ToDoの基本的な使い方

Microsoft ToDoはマイクロソフトが開発したアプリのため、hotmailやlive.jpなどのマイクロソフトのアカウントでログインして利用します。そのため、スマホ・タブレットに同じアプリをインストールし、PCではサイトにアクセスすることで同じToDoリストを見ることができるようになります。

 

アプリをインストールし、開くと「私の1日」と表示されるので、右下にある(+)をタップし、今日やることを追加します。

 

タイトル(やること)を入力するだけで自動で保存されるため、「保存」というボタンはありません。

また、「私の1日に追加されました」をタップすることで、私の1日(今日やることリスト)から外れ、ToDoという名前のリストへ移動します。

 

通知するをタップすると、通知する時間の設定をすることができます。

 

いつまでに終わらせるか、期限の設定も可能

 

やることを終わらせた時に左側の◯をタップするとピコーンという音とともにチェックが付きます。この音がなにげに気持ちいい。

 

そしてToDoリストとして非常に重要なのが順番です。最初に登録したものが一番上に来るようになっているため、優先順位が高いものが下の方にあると忘れてしまう可能性もあります。

その場合はタイトルを長押ししてそのまま上下に動かすことができるようになっています。

 

リストの作成も可能

左側からメニューを表示し、リストを作成することも可能です。

デフォルトであるリストは「私の1日」と「To-Do」だけですが、「◯月にやること」などというカテゴリを作ることも可能です。

 

PCではログインするだけで同じToDoリストが利用できる

Microsoft To-DoにはPC用のサイトがありhttps://todo.microsoft.com/にアクセスし、同じアカウントでログインすることで同じToDoリストを利用することができます。

 

 

最後に

Microsoft To-Doは、やることを登録し完了したらチェックを入れる。そしてリマインダーの利用も可能という非常にシンプルな設計のアプリですが、色々な機能があるよりもこれくらいシンプルな方が使いやすいのではないでしょうか?

またスマホやPCでも連携できるため、自宅PCで登録したToDoリストも職場で見ることも可能ですし、もちろん外出先でスマホで確認することも可能です。

シンプルなToDoリストを探していた方は利用してみては?

 

Microsoft To-Do

Microsoft To-Do
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事

Googleマップの新機能「リストに保存」で旅行の予定を効率的に立てる方法

グノシーだけを使って効率よく情報収集をする方法

パソコン操作の作業効率を劇的に上げるための4つの方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑