乗っ取り被害にあわないためにAmazonのアカウントに2段階認証を設定しておこう


公開日: 

Amazonにはだれでも商品を販売できるマーケットプレイスという仕組みがあり、Amazonのアカウントを乗っ取られて個人情報や金銭をだまし取るという詐欺行為が多発しました。

現在はほぼ落ち着きましたが、今後いつ自分のAmazonアカウントが乗っ取られるかわかりません。

そこで自分自身が被害者になってしまう前に、2段階認証をして乗っ取られないように対策する方法を紹介します。

 

Amazonでアフィリエイトをやっている方は注意が必要

今回はマーケットプレイスで出品者になりすまし、高額の商品を格安で大量に販売するという方法でしたが、それ以外にもAmazonでアフィリエイトをやっている方は勝手に支払い先を変更される可能性があります。

アカウントを乗っ取る一番の目的はお金ですが、一番手っ取り早くお金を盗る方法がAmazonアソシエイト(アフィリエイト)の振込先を変更してしまうことです。

振込先が変更されれば登録しているメールアドレス宛に変更の通知が届きますが、メールに気づかずに、気づいた時にはすでに他人の口座に振込が完了していた…という可能性もあります。

 

その他にも個人情報を知られてしまう

盗まれてしまうのはお金だけではありません。

Amazonに登録している住所・氏名・電話番号、そして、これまでAmazonでの注文履歴など、Amazonを多用している人にはたくさんの個人情報がAmazonのアカウントに残っているはずです。

 

ちなみに、勝手に自分のアカウントで購入されてしまうという件に関しては、その商品の送り先がこれまでと異なる住所の場合は、新たにクレジットカードの情報を入れる必要があるため、勝手に商品を購入されてしまうという可能性は低いでしょう。

代引きで注文し、勝手に商品を送りつけるというイタズラは可能ですが、乗っ取った人にメリットが無いためほぼ無いかと思います。

 

Amazonアカウントの2段階認証をする方法

2段階認証とは、パスワードの他に、自分が持っているケータイやスマホにSMSでコードを送り、そのコードも入力しなければAmazonにログインできないという方法です。

これまでアカウント(メールアドレス)とパスワードを流失させてしまったというサービスはいくつもあるため、特にAmazonのアカウント・パスワードと同じものを他サイトでも使い回ししている方は絶対に設定しておきましょう!

 

アカウントサービス→サインインとセキュリティ

 

高度なセキュリティ設定の編集をクリック

 

設定を開始

 

①テキストメッセージ(SMS)にチェックを入れ、電話番号を入力しコードを送信をクリックするとSMSが届くため、②SMSに記載されているコードを入力します。

 

登録した電話番号でSMSの認証ができない場合に、バックアップ用として他の電話番号でも認証できるようにするか、認証アプリ(Google認証システムというアプリを利用)を利用するかを指定します。

他の電話番号は2台持ちでなければ利用できないため、2台持っていない場合は認証アプリを使用します。

 

QRコードを読み取ると「Google認証システム」がPlayストアで表示されるため、インストールします。

もしQRコードを読み取れない場合は「認証アプリ」や「authenticator」で検索すると表示されます。

 

Google認証システムをインストールし、開始

 

「バーコードをスキャン」をタップ

 

Google認証システムアプリでQRコードを立ち上げて、Amazonに表示されているQRコードを読み取ります。

 

するとスマホの画面上にコードが表示されるため、そのコードをAmazonの「コードを確認して続行」の入力欄に入力します。

 

この端末ではコードの入力は不要です。にチェックを入れておくと毎回SMSの認証は必要ないため、パスワードだけでサインインできるようになります。

 

これで2段階認証は完了です。

 

最後に

2段階認証を設定したあとに、他の端末(PCやタブレットなど)で初めてAmazonにサインインしようとすると以下の画面が表示されます。

 

2段階認証を設定したとしても、「このデバイスで再度コードを要求しないで下さい」にチェックを入れれば、毎回SMS認証までしなければいけないということはないため、面倒ではありません。

つまり2段階認証とは、自分が指定した端末(スマホやPC)でしかサインインできないという設定になります。

 

今後Amazonのアカウントを乗っ取られる被害に合わないように必ず設定しておきましょう。

 

関連記事

Googleアカウントを2段階認証にしてセキュリティを強化しておこう!

問題が起こってからでは遅い!LINEから漏れるかもしれないプライバシーを守るための便利設定7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑