スマホの文字入力が劇的に楽になるGoogle日本語入力の便利設定紹介


公開日: 

スマートフォンで一番利用する機能と言えば文字入力のため、この文字入力が楽にできるできるかどうかでスマホの使いやすさが変わると言っても過言ではありません。

Androidスマホの場合、たくさんの文字入力アプリがありますが、これまでいくつかの文字入力アプリを利用した結果、やはりGoogle日本語入力が一番使いやすいと感じました。

そこで、スマートフォンの文字入力がもっと楽になるGoogle日本語入力の設定方法を紹介したいと思います。

 

Google日本語入力の特徴

Google 日本語入力

Google 日本語入力
開発元:Google Inc.
無料
posted with アプリーチ

語彙がたくさんある

Google日本語入力は「人名」「地名」「商品名・製品名」「英語への変換」などの入力の際に、候補としてその単語が表示されるため正式名(漢字やアルファベットの小文字・大文字の並びなど)をわざわざ調べる必要がありません。

例えば有名人なども名字を入力すると候補にその人の名前が表示されたり、「あいふぉーん」と入力すると「iPhone」と候補に表示されるなど、正しい漢字や単語名が表示されるため変換が非常に楽になります。

 

時間・日付の入力がラク

今日の日付を入力する際に、◯月◯日と自分で入力する必要はありません。

今日であれば「きょう」と入れると候補に今日の日付が表示され、「あした」と入力すると明日の日付が候補に表示されます。そして、今の時間を入力したい場合は「いま」と入力するだけです。

 

日本語を間違って入力しても正してくれる

これまで検索されたデータや入力されてきたデータにより、どのような入力間違いをしているかをGoogleは知っています。

例えば間違いやすい日本語として「雰囲気」がありますが、この正しい読み方は「ふんいき」です。

一般的な入力アプリでは「ふいんき」で変換しようとしても漢字が表示されませんが、Google日本語入力では「もしかして…」と変換候補に表示されます。

このようにGoogle日本語入力はたくさんの語彙とこれまでのデータの蓄積により、非常に文字入力しやすいアプリになっています。

 

Google日本語入力の便利設定紹介

それではGoogle日本語入力をどのように設定すれば、より使いやすくなるのかを紹介したいと思います。

Google日本語入力の設定変更画面を表示するには「Google日本語入力のアプリを開く」か「設定→言語と入力→画面上のキーボード→Google日本語入力」のどちらかで設定画面までたどり着くことができます。

 

Google日本語入力を既定の入力アプリにする

Google日本語入力アプリをインストールし、起動すると下のように「入力方法を選択する」の画面が表示されます。

 

それをタップし、「Google日本語入力」にチェックを入れると次回より文字入力時にGoogle日本語入力を使用するようになります。

 

入力方法を選択する

入力方法は、利用している方が最も多い「ケータイ配列」、PCのキーボードと同じ配列で入力できる「QWERTY入力」、ローマ字入力がやりやすいデザインの「Godanキーボード」の3つが利用でき、どれを利用するかは好みになります。

 

設定→言語と入力→画面上のキーボード→Google日本語入力→キーボードレイアウトで好きな入力方法を左右にスライドして選択します。

 

ケータイ配列で、フリック入力にするかケータイ入力にするかを変更する

スマートフォンで最も一般的な入力方法は、ケータイ配列でのフリック入力ですが、フリック入力以外にもガラケーと同じ入力方法である「ケータイ入力」と、「フリック入力とケータイ入力」を同時に利用することもできます。

 

 

おすすめは「フリック入力」です。

「ケータイ+フリック入力」はどちらも使えて便利そうですが、「ああ」など同じ文字を連続で入力する場合にケータイ入力があると面倒なので、慣れればフリック入力が一番早く文字入力をすることができます。

 

アルファベットの入力時にはQWERTY配列にする

キーボードレイアウトがケータイ配列の状態で、QWERTYモードをONにすると、アルファベットを入力するときにだけ、QWERTY配列にキーボードが変わります。

ケータイ配列ではアルファベットの入力がやりづらいと感じる方はここをONにしましょう。

 

打ち間違いでも候補を表示してくれる

Google日本語入力→変換→自動かな装飾変換をONにすると、「かつこう」と入力しても候補に「学校」が表示されるなど、打ち間違いをしても予測される候補が表示されるようになります。

 

学習機能をONにする

学習機能をONにすることで、毎回同じ単語を入力する手間が省けます。しかし、履歴が残ってしまうことになるため、これが不都合に感じる方もいるかもしれません。その場合は学習機能はOFFにしましょう。

また、これまでの履歴を削除したい場合は、学習機能のすぐ下に「履歴の消去」があります。

 

入力時にポップアップを表示

フリック入力の際に、↑に動かすと何が表示されるのか?などをポップアップで表示してくれる機能です。

 

Google日本語入力→入力→キー押下時にポップアップ

 

ONにすると文字入力時に、指を置いているその上にポップアップで表示されるため、見えないということがありません。

 

メールアドレスや住所など入力が面倒な単語を辞書に登録しておく

◯◯◯@gmail.comなどのメールアドレスの入力や自分自身の名前などよく入力する単語を毎回入力するのは面倒ですよね?

そんなときにはGoogle日本語入力の辞書に単語として登録しておけばラクに入力できます。

 

Google日本語入力→辞書ツール→(+)

 

「単語」に入力したいもの(アドレスや住所など)を入れ、「よみ」に自分が毎回入力するものを入れます。

例えば下のように登録した場合「じゅうしょ」と入力すると変換候補に「東京都新宿区新宿1-1-1」が表示されます。

この設定は非常に便利ですので、この単語を毎回入力するの面倒だなぁ。というものがあれば是非登録してみて下さい。

また、電話番号や自宅の住所などをよく忘れる人もこれを登録しておけば自分の電話番号などを調べるときにも便利です。「でんわ」と入力するだけで自分の電話番号を確認できるようになるので。

 

片手で入力しやすいようにキーボードを左右に動かす

文字入力中に「あa」を長押しすると、ポップアップで「設定」と「片手モード」が表示されるので押したままで片手モードにスライドします。

 

するとキーボードが小さくなり、片手で入力しやすくなりました。

大きめのスマートフォンを利用していると片手では指が届かずに入力しづらいと思いますが、そのような場合に利用してみて下さい。

 

スマホでの入力が面倒・不得意な方は音声入力が使える

Google日本語入力は常に音声入力も可能になります。

キーボードが表示されると右上に常にマイクのアイコンが表示され、それをタップすると音声での文字入力ができるようになります。

 

今では音声認識の精度も非常に上がり、話すだけで長文を作ることも可能になりました。

多少変換のズレなどもあるため、それを修正するだけで文章の入力も随分ラクになるので、スマホで文字を入力するのが得意でない方や面倒な方はGoogle日本語入力の音声入力を利用してみてはどうでしょうか?

 

関連記事

方向音痴でも大丈夫!Googleマップを使って道に迷わず目的地まで行く方法

会話形式でGoogle検索ができるGoogleアシスタントがすごい

Android版「Google翻訳」の新機能リアルタイム翻訳の利用方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑