日本で発売が決まったGoogleHomeでできること


公開日: 

GoogleHomeは音声で操作ができるデバイスですが、日本語には対応していなかったため日本では発売されていませんでした。

そのGoogleHomeの頭脳であるGoogleAssistantが日本語対応したことによって日本でも発売が決まり、年内には発売されるとのことです。

 

GoogleHomeでできること

GoogleHomeはマイクとスピーカーを内蔵したデバイスにGoogleAssistant(人工知能)を搭載し、GoogleHomeと会話をすることができます。

また、GoogleAssistantによってこれまでの会話の内容によってユーザーの行動パターンを理解し、そのユーザーにとって最適な答えを出してくれるようになります。

 

GoogleHomeを操作するには「オーケーグーグル」と話しかける

GoogleHomeは「オーケーグーグル」と話しかけるまで反応しません。

オーケーグーグルでGoogleHomeは反応し、天気・渋滞情報・スケジュールの確認などをすべて音声で確認できるようになるため、わざわざスマートフォンを確認する必要が無くなります。

 

モニターに接続してYouTubeなどを再生する

TVやモニターに接続をしてYouTubeなどを映し出すというデバイスはChromecastがありますが、Chromecastと同じようにTVやモニターに接続をすることができます。

例えば「オーケーグーグル ◯◯の映像を再生して」と話しかけ、接続したTVにYouTubeの動画を再生することができます。

 

音楽を再生する

GoogleHomeにはスピーカーが内蔵されているため、スマートフォンを操作し、GooglePlayMusicなどのCast対応のアプリから再生したい音楽を選択し、GoogleHomeから再生するスピーカーとしての利用も可能です。

この機能と似ているデバイスとしてはChromecast Audioがありますが、Chromecast Audio自体にはスピーカーは内蔵していません。Bluetoothに対応していないスピーカーに接続することによって、Bluetooth未対応のピーカーでもスマートフォンの中にある曲を再生することができるようになります。

つまりGoogleHome1つで「Chomecast」と「Chromecast Audio」のどちらの機能も利用できるということです。

 

将来的には家電を操作できるようになる

GoogleHomeに対応する家電も今後発売される可能性があります。

例えばエアコンが対応すれば音声で温度の調整をしたり、冷蔵庫が対応すれば賞味期限が切れそうになった食品を教えてくれるようになるかもしれません。

 

最後に

GoogleHomeはスマートフォンを操作しなくても音声で全て操作できるようになるため、対応する家電が続々出てくれば劇的に生活を変えてくれるデバイスになるでしょう。

GoogleHomeの価格は米国では129ドル(約14,000円)で販売されているため、14,000円~20,000円くらいの価格になるのではないでしょうか?

 

関連記事

会話形式でGoogle検索ができるGoogleアシスタントがすごい

Android版「Google翻訳」の新機能リアルタイム翻訳の利用方法

紙の写真をスキャンできるGoogle公式アプリ「PhotoScan」ですべての写真をGoogleフォトに保存できるようになった

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑