想像以上に3D VRゴーグルを付けた動画は凄かった


公開日: 

スマートフォンをはめ込んで利用する3D VRゴーグルは1,000円くらいから購入でき、高いものでも2~3万円ほどしかしないため、試しに3,000円ほどの3D VRゴーグルを購入してみたところ、本当にその場にいるかのような体験ができ、予想以上に凄かったので購入した3D VRゴーグルとYouTubeにアップされている360°動画を見る方法を紹介したいと思います。

 

T-PRO 3D VR ゴーグル」を購入

今回購入したゴーグルは「T-PRO 3D VR ゴーグル」でAmazonで約3,000円で購入しました。このゴーグルは4~6インチまでのスマホに対応しているためほぼ全てのスマホに対応しています。(iPhone7Plusで5.5インチ)

肌とぴったりくっつくため、眼鏡装着時にはこのゴーグルは使用できません。

箱の中に入っていたものは「本体」「レンズを拭く布」「説明書」の3点です。

 

上のボタンを押すと前面のカバーが空き、ここにスマホを載せます。そして右側にはイヤホンプラグが付いていてスマホのイヤホンジャックに差し込むことでゴーグルに搭載されているヘッドホンから音が出るようになります。

(iPhone7にはイヤホンジャックが付いていないため、同梱されていたアダプタをアダプタを使用する必要があります)

 

分割された動画の中心がゴーグルの中心になるようにスマホを置き、カバーを閉じます。

ここがズレていると、映像が2重にブレて見えてしまうため置く場所は非常に重要です。

 

そして上部にはレンズを幅を調整するダイヤルがあり、動画を再生しながらダイヤルを回して一番見やすい状態に合わせます。

 

そして左右にはスマホとレンズの距離を調整するダイヤルが付いているため、こちらも一番動画が見やすくなるように両方を同時に回して調整します。

 

本体の下にはボリューム調整のダイヤルがあり、イヤホンプラグを差している状態であればボリュームの調整ができるようになります。

また、ACTIONと書かれたボタンを押すと画面を指でタッチした状態と同じになり、YouTubeの場合は目線でカーソルを動かすことができるため、このボタンで動画の一時停止や早送りなどが可能です。

 

ACTIONのボタンを押すと下の画面が表示され、目線でカーソルを動かし、一時停止などにカーソルを合わせACTIONを押して一時停止や次の動画にスキップなどが可能です。

また、自分の頭に合わせるバンドやヘッドホン位置も自由に調整できるようになっています。

 

3D対応の動画にするには右下のゴーグルのアイコンをタップするだけです。

 

3D対応の動画はYouTubeの公式チャンネルがある

バーチャルリアリティ|YouTube

YouTubeには公式でYouTubeのバーチャルリアリティのチャンネルがあり、飛行機からの映像や海の中、ジェットコースターに乗った感覚になる動画など様々な動画がアップロードされています。

 

また、国内での有名なアプリ(サイト)では360Channelがあり、ます。360ChannelではYouTubeのように目線で動画の停止や早送りなどはできないため、YouTubeに比べると操作性はあまり良くありませんが、たくさんの動画がアップされています。

 

T-PRO 3D VR ゴーグルを使ってみた感想

使ってみた感想はとにかくスゴイ!

あまり期待していなかったのですが、実際にその場にいるかのような感覚になります。また、動画によってはバイノーラル録音(音の3D)された動画もあるため、さらにリアル感も増します(視点によって音の方向が変わるわけではありません)。

VRゴーグル自体の作りはシンプルですが、やはりスマホってすごいデバイスだと再確認しました。

そして調整の件ですが、慣れるまで調整が難しく、使用するスマホによっても多少見やすさも異なります。

「Xperia X Performance」「Nexus5X」「iPhone7」の3つのスマホで利用したのですが、キレイにブレることなく見れたのはiPhone7とperia X Performanceでした。

また、T-PRO 3D VR」のようなVRゴーグルには虫眼鏡のようなレンズが付いていてスマホの画面を拡大し見ることになるため解像度が低いスマホで見ると画像が非常に荒く見えてしまいます。

2017年6月16日にドコモから発売されたXperia XZ Premiumは4K対応のディプレイのため、4K対応のスマホ&4K対応動画がではさらにリアル感が増すのではないでしょうか?

3,000円くらいでこれが体験できるため、気になる方は購入してみては?

 

 

関連記事

ノイズキャンセリング対応「MDR-NC750」を使用してバイノーラル録音を試してみた

GoogleのVRヘッドセット「Daydream」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑