どれを買う?iPhone8とiPhoneXの違いまとめ


公開日:  最終更新日:2017/09/19

ついにiPhone8とiPhoneXの発表があり、iPhone8とiPhone8 Plusが2017年9月22日発売(9月15日予約)、そしてiPhoneXが2017年11月3日に発売されます。(10月27日予約)

間もなく発売されるiPhone8を購入するか、最上位モデルのiPhoneXの発売までしばらく待つか悩んでいる方、今回発売されるモデルの違いを簡単に紹介しますので、どれを買うか参考にしていただければと思います。

 

ゴールドはiPhone8、iPhone8 Plusのみ

今回発売されるモデルのカラーは「ゴールド」「シルバー」「スペースグレー」となり、iPhone7で発売されたジェットブラックとローズゴールドは発売されません。

そしてゴールドはiPhone8とiPhone8 Plusのみとななるため、どうしてもゴールドが欲しいという方はiPhone8もしくはiPhone8 Plusのどちらかとなります。

 

ホームボタン「あり」と「なし」

iPhoneXは前面がすべてディスプレイとなるため、これまでのようにホームボタンが無く、画面下から上へスワイプすることでホーム画面に戻ります。

このことによりディスプレイサイズが5.8インチと今モデルの中でも一番大きなディスプレイサイズとなります。

ちなみにiPhone8 Plusは5.5インチとiPhoneXよりもディスプレイサイズは小さいですが、外寸サイズではiPhone8 Plusの方が大きく、重さもiPhone8 Plusが一番重くなっています。

 

◆ディプレイ・重さ比較

iPhone8:4.7インチ、148g

iPhone8 Plus:5.5インチ、202g

iPhoneX:5.8インチ、174g

 

指紋認証と顔認証

iPhoneXはホームボタンが無くなったため、これまでのように指紋認証でロック解除をしたり、Apple Payなどの支払いの認証ができませんが、30,000以上の目に見えないドットを投射して解析することで、自分の顔の精緻な深度マップを作り、顔の認証(Face ID)で画面のロック解除、Apple Payなどの支払いができるようになります。

指紋認証はボタンや指が濡れているときは反応しづらいという弱点がありましたが、iPhoneXでは画面や指が濡れていても認証にイライラすることもなくなるでしょう。

 

ワイヤレス充電はどちらも対応

今回のモデルから採用されるワイヤレス充電は全てのモデルが対応となります。

しかし、ワイヤレス充電ができるAirPowerマットは2018年の発売となっているため、それまではこれまでと同じようにLightningケーブルを挿して充電することになります。

また、AirPowerマットはiPhoneだけでなく、最新のAppleWatchやAirPodsなどもワイヤレス充電に対応します。

 

価格と発売日

iPhone8:78,800円~(2017年9月22日発売)

iPhone8 Plus:89,800円~(2017年9月22日発売)

iPhoneX:112,800円~(2017年11月3日発売)

※税抜き価格

 

最後に

この他にもディプレイの解像度やカメラの性能などもiPhoneXが一番良くなっていますが、一番の大きな違いはホームボタンが無くなりディスプレイサイズが非常に大きくなったという点です。

ほぼ全体がディスプレイという点では2017年6月8日発売に日本で発売されたGALAXY S8も同じで、本体サイズを小さくしながらディスプレイサイズは大きくするというのが今後の主流になってくるかもしれません。

 

関連記事

ほぼ全体が画面でAndroid7.0のマルチウィンドウが存分に楽しめるGalaxy S8は結構面白そうな機種

iPhoneを通して他人に自分の名前を知られないようにする方法

iPhone7をおよそ2週間使ってみてわかった良い点と悪い点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑