設定するだけで劇的に便利に!Xperia XZ1が快適に使えるようになる26の便利設定まとめ


公開日:  最終更新日:2017/11/17

Xperia XZ1に限らずAndroidスマホは設定のカスタマイズが自由にでき、カスタマイズ次第で使いづらかったものが使いやすくすることもできます。

しかし、設定できる項目が非常に多いため、どれを設定していいのか?この設定をONにすることでどうなるのかがわからない方のためにXperia XZ1でできる設定のなかから選りすぐった30の便利に使える設定を紹介します。

今回紹介する設定は初期状態からONになっているものもありますが、こんな設定もあったのか。と参考にしていただければと思います。

 


もくじ

 

画面表示に関する設定

①ホーム画面のアイコンのサイズを変更する

ホーム画面に配置されているアイコンのサイズが大きすぎると感じたことはありませんか?アイコンの大きさを小さくしたからと言って操作感に変化はありませんが、アイコンを小さくすることでホーム画面をよりスタイリッシュに見せることができます。

 

ホーム画面の何もないところを長押し→設定

 

アイコンサイズで「大または小」を選ぶことができます。

 

左がアイコン大、右がアイコン小になります。アイコンの大きさについては好みですが、大きさに違和感がある方は変えてみては?

 

②ホーム画面に配置するアイコンの数を変更する

1つの画面にたくさんのアイコンを表示したい、頻繁に使うアプリが少ないからホーム画面には少し配置するだけでいいという場合にホーム画面に配置するアイコンの数を変更することができます。

ホーム画面の何もないところを長押し→グリッド

 

3×4(12)、4×4(16)、4×5(20)、5×5(25)の中から選ぶことができます。

 

③ホーム画面に楽にアプリを配置できるようにする

アプリ一覧からホーム画面にアプリを配置したい場合に楽に配置できる設定を紹介します。

ホーム画面の何もないところを長押し→設定

 

ホーム画面にアイコンを追加をONにする(下の画像はONの状態)

 

OFFの状態ではアプリ一覧にあるアプリを長押しして、上に表示されている「ホーム画面に追加」までドラッグしなければいけませんが、ONにすると長押し後少し動かすだけでホーム画面に配置できるようになります。

 

④カバー(ケース)の開閉時に自動的に画面のON・OFFをする

フタが付いている手帳型のようなカバー(ケース)を利用している場合で、開閉検知に対応しているカバーを利用している場合にカバーを閉じたのと同時に画面のON・OFFを切り替えることができます。

この設定は基本的にSONYが販売しているケースが対象となります。

設定→画面設定

 

カバーの選択

 

カバーのフタが半透明な場合でカバーを閉じた場合できるようにするか、開閉検知に対応しているカバーを利用している場合カバーの開閉に応じて画面のON・OFFが可能になります。

 

⑤周りの明るさに合わせて画面の明るさを自動調整する

周りが明るく、直射日光がスマホに当たるような場合にはスマホの画面も明るく、周りが暗い場合にはスマホの画面も暗くして、スマホを自動的に見やすくすることができます。

設定→画面設定

 

明るさの自動調節をONにする

 

⑥手に持っているときは画面を暗くしない

手に持っているときに画面を全く操作しなくても画面を暗くしたくない場合にはスマートバックライトをONにします。

設定→画面設定

 

スマートバックライト

 

ONにする

 

⑦動画の画質を自動的に高画質で再生する

X-Reality for mobileの技術をONにすることにより、動画再生時に模様や輪郭をより強調し、きめ細やかな動画を見ることができます。

 

設定→画面設定

 

動画再生時の高画質処理

 

ONにする

 

⑧画面全体の色彩を自分好みに設定する

プロフェッショナルモード(実際の色彩に近いモード)、スタンダードモード(色鮮やかになる)、ダイナミックモード(スタンダードモードよりも強調された色彩で鮮やかになる)の3つの中から好きなモードを選択します。

 

設定→画面設定

 

色域とコントラスト

 

好きなモードを選択します。

 

セキュリティに関する設定

⑨指紋を登録し、指紋認証でロック解除を行えるようにする

指紋を登録しておくことで電源ボタンにタッチするだけでパスワードを入れることなくロック解除することができます。

設定→ロック画面とセキュリティ

 

指紋設定

 

次へ

 

万が一指紋ロック解除が利用できない場合のその他のロック解除方法を選択します。

・パターン…画面をなぞってロック解除

・ロックNo…4桁以上の数字

・パスワード…4文字以上の英数字

 

ロック画面でメールやLINEなどのプライベートな通知を表示するか、しないかを選択します。

 

次へ

 

登録したい指のいろいろな面で指紋認証センサーをタッチして、青い円が一周するまで何度もタッチし続けます。

 

別の指を登録するか、完了で指紋の登録を完了します。

 

⑩指紋認証でアプリなどの購入ができるようにする

有料アプリや映画などをPlayストアから購入する場合、Googleアカウントのパスワードを入力する必要がありますが、指紋でも認証することが可能です。

Playストア

 

左側からメニューを表示し、設定

 

指紋認証にチェックを入れる

 

Googleアカウントのパスワード入力しOK

 

⑪パスワード入力時に一時的に入力したパスワードを表示する

パスワードは基本的に本人以外の人には知られてはいけないため、パスワード入力時でもどんな文字を入力しているかがわからないようにすることができます。

しかし、パスワードを入力した時点で●で表示されても何を入力しているかがわからず結局本当に正しいパスワードを入力しているのかもわからない場合があります。

そんなときには一時的に入力しているパスワードを表示するようにしましょう。

 

設定→ロック画面とセキュリティ

 

パスワードの表示をONにすることで数秒入力したパスワードを表示することができます。

 

このように最後に入力した文字が数秒だけ表示されます。

 

⑫ロック画面に通知内容を表示しない

ロック画面にメールの件名や誰から届いたかなどを表示するか、しないかの設定をすることができます。

全て表示は相手の名前・アドレス・件名が表示され、プライベートな通知内容を表示しませんはコンテンツが非表示と表示されます。通知を表示しませんはメールやLINEを受信してもロック画面上には通知されません。

 

設定→ロック画面とセキュリティ

 

ロック画面の設定

 

ロック画面の通知

 

通知を表示しません。通知内容を全て表示します。プライベートな通知内容を表示しません。の3つから選ぶことができます。

 

⑬自宅など信頼できる場所ではロックをしない

自宅など特にスマホをロックする必要がない場所では指紋認証もパスワード入力も不要にすることができます。

設定→ロック画面とセキュリティ

 

Smart Lock

 

信頼できる場所の追加

 

Googleマップが表示されるのでマップ上でカーソルを動かし、画面ロックが必要ない場所を選択します。

 

また、あらかじめGoogleマップに自宅や職場を登録している場合はリストに表示されているのでそこから信頼できる場所に追加することもできます。

 

⑭万が一失くしてしまった場合に備えて、PCや他のスマホから探せるように設定する

万が一どこかでスマホを失くしてしまった場合に備えて、Androidマネージャで現在どの場所にスマホがあるのかを知ることができたり、家の中で失くした場合でも音を鳴らして探し出すことができます。

 

設定→ロック画面とセキュリティ

 

端末を探す

 

ONにする

 

ONにした状態でhttps://www.google.com/android/find?hl=jaにアクセスし、Xperia XZ1で利用しているGoogleアカウントでログインするとマップ上で場所がわかります。

また音を鳴らしたり、データを消去することも可能です。

 

⑮アプリや端末に不正な動作がないか自動でチェックする

Andoridスマホの多くのウイルスはウェブサイトの閲覧よりもアプリが大半を占めます。そのためインストールしているアプリが不正なアプリなのかどうかを調べることは非常に大事になるのですが、Google PlayプロテクトをONにするだけで検査してくれます。

設定→ロック画面とセキュリティ

 

Google Playプロテクト

 

端末をスキャンしてセキュリティ上の脅威を確認をONにする

 

カメラに関する設定

⑯電源ボタンでカメラが起動できるように設定する

カメラの起動はカメラのシャッターボタンの長押しでも起動するのですが(カメラ設定でクイック起動をONにしている場合)、電源ボタン2回押しで起動する方がほんの少し早く起動することができます。

設定→画面設定

 

カメラを起動をONにする

 

 

⑰撮影した画像・動画をSDカードに保存する

カメラを起動→設定

 

その他の設定

 

保存先

 

保存先にSDカードを選択

 

⑱撮影した画像・動画を自動的にGoogleフォトにバックアップする

スマホで撮影した画像や動画を本体やSDカードだけに保存していた場合、物理的に故障してしまった場合はそれらの画像も消えてしまいます。

そんなことにならないように、撮った画像・動画を自動的にクラウド上に(Googleフォト)保存しておくことをおすすめします。

 

フォト

 

左側からメニューを表示し、設定

 

バックアップと同期

 

バックアップと同期をONにする。また、アップロードサイズは「高画質」を選択した方が無制限に保存できるためおすすめです。

 

音楽・音に関する設定

⑲タッチ操作音、タッチ操作時のバイブをOFFにする

Xperia XZ1の初期時にはタッチ操作音がONの状態で、戻るボタンをタップするたびに本体が振動するような仕様になっています。この仕様が嫌いという方は非常に多いため、OFFにする方法を紹介します。

設定→音設定

 

一番下に表示されている「詳細設定」

 

その他の音とバイブレーションが表示されるので、無効にしたいものをOFF(グレー)にします。

 

⑳自動的にハイレゾ相当の音質に変えてくれる設定をONにする

この設定は有線のイヤホン・ヘッドホンに限られますが、DSEE HXをONにするだけでハイレゾではない音源でもハイレゾ相当の音質にアップグレードしてくれます。

設定→音設定

 

オーディオ設定

 

DSEE HXをONにする

 

また、アクセサリー設定の自動最適化をONにすると、自分の耳の形状や接続しているヘッドホン・イヤホンの特性を解析し音質を最適化する機能を利用することができます。

 

㉑寝ているときは通信音が鳴らないように設定する

Xperia XZ1にはXperiaアクションという特定の状況では通知音を鳴らさないなどという状況に応じたスマホの挙動を指示する機能があります。

その中で今回は寝ている時に着信音などで眠りを妨げられないように通知音を鳴らさない設定を紹介します。

 

設定→アシスト

 

Xperiaアクション

 

就寝中をONにする

 

就寝中の時間・曜日そして自宅の場所などを設定後、アクションを設定します。このXperiaアクション開始時刻に設定された時間帯に設定したアクションがONになります。

 

用意された項目の中から設定したい物にチェックを入れていきます。

 

詳しくは「自動的に機能のON・OFFを設定してくれるXperiaアクションの設定方法」で紹介しています。

 

バッテリーに関する設定

㉒いたわり充電をONにする

Xperia XZから利用できるようになった「いたわり充電」はいつも充電している習慣から充電ケーブルを取り外ずされる時刻を予想し、その時刻に100%に充電できるように充電速度を調節してくれる機能です。

100%になった状態でも充電し続けているとバッテリーの寿命が短くなってしまうため、100%のまま充電し続ける時間を短くします。

 

設定→バッテリー

 

いたわり充電

 

いたわり充電をONにする

 

充電サイクルがバラバラの場合は習慣を見つけることができないため、いたわり充電をONにしていても、いたわり充電を行いません。

 

㉓STAMINAモードを起動するタイミングを決める

STAMINAモードとは一定のバッテリー容量を切った場合に自動に起動し、アプリの挙動などを制限することでできるだけバッテリーを長持ちさせる機能です。

 

設定→バッテリー

 

STAMINAモード

 

STAMINAモードをONにし、STAMINAモードを起動するタイミングを設定します。(初期時は15%)

 

そして節電レベルではSTAMINAモードがONになった状態でどのような制限を行うかを選択することができます。

 

・電池持ちを優先したい

バックグラウンド通信、GPS、動画再生時の高画質処理などが制限される

 

・バランスよく節電したい

スクロールなどの操作全般のレスポンスが悪くなる

 

・なるべく制限しないで節電したい

動画再生時の高画質処理が制限される

 

その他の設定

㉔モバイルデータ通信使用量の計測を毎月1日からスタートする

Androidスマホでは指定した期間中にどれだけデータ通信を行ったかを簡単に確認することができます。

ただし、計測するタイミングが間違っていればそれもあまり意味がありませんので、毎月1日から計測を開始するように設定しておきましょう。

 

設定→ネットワークとインターネット

 

データ使用

 

請求期間

 

開始日を1日に設定

 

これで今月どれくらいデータを使用したかがすぐに分かるようになります。

 

㉕手ぶくろモードを利用する

Xperia XZ1にも手ぶくろをしている状態で操作がしやすくなる「手ぶくろモード」は搭載しているのですが、クイック設定ツールに手ぶくろモードが無いため、手ぶくろモードは無くなってしまったのかな?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、手ぶくろモードは設定からONにすることができます。

 

設定→画面設定

 

手ぶくろモード

 

手ぶくろモードをONにする

 

Xperia XZ1の手ぶくろモードの凄いところは、手ぶくろモードをONにしていても手袋をしていない状態では通常と同じで、手袋をしているときにタッチした場所に円が表示され、手袋をしていても操作ができるということです。

これまでは手袋をつけた時にだけONにしなければいけませんでしたが、Xperia XZ1は基本的に常にONの状態で構わないような仕様になっています。

そのためクイック設定ツールから手ぶくろモードが無くなったのだと思いますが、ONにすると手袋をしていない状態でも少し感度が良くなりすぎるため、常にONにしておくのはあまりおすすめしません。

 

㉖電源ボタンで通話を終了する

電話を終わる場合は相手が先に切るか、画面上の電話を切るボタンをタップするかで切ることができますが、電源ボタンを押して電話を切ることも可能です。

設定→ユーザー補助

 

電源ボタンで通話を終了

 

最後に

いかがだったでしょうか?

これらの設定をする・しないでは明らかにXperia XZ1の使い勝手が変わってきます。自分には必要が無いという設定もあったかと思いますが、これらの設定を参考にしてよりXperia XZ1が使いやすくなれば幸いです。

 

関連記事

Xperia XZ1を便利に使うために持っておきたいアクセサリーを一挙紹介

Xperia XZ1のクイック設定ツールの設定方法と知っておくと便利な3つのこと

Xperia XZ1の落下時やキズから守るSpigenのケースと3D全面保護ガラスフィルムを付けてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑