フラッグシップモデルの「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」の特徴と違い


公開日:  最終更新日:2018/05/21

つい先月、機能を抑えたコスパ重視の「Xperia XA2」などが発表されたばかりですが、機能やスペックも最高のフラッグシップモデル「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が発表されました。

前機種「Xperia XZ1」との大きな違いは、画面アスペクト比が18:9になり、画面・本体が縦長になりました。そして背面は曲面パネルが使用され、手にフィットするように緩やかに曲り、イヤホンジャックも廃止され、指紋認証センサーも右サイドから背面へと移動しました。

 

 

Xperia XZ2はXperia XZ1から大きくデザインが変わった

これまでXperiaのデザインは良くも悪くもほとんど変わらず、ぱっと見ただけでは「Xperia X Performance」「Xperia XZ」「Xperia XZ1」の違いはわかりませんでした。

Xperia XZ1も代わり映えしないなぁ…と言われていたところで以下の4つが大きく変わります。

画面アスペクト比が18:9になり、縦長になった

Xperia XZ1のアスペクト比は「16:9」、そしてXperia XZ2は「18:9」と縦長になりました。

それに伴い、ディスプレイサイズも5.2インチから5.7インチに大きくなりましたが、縦持ちしたときの横の長さは73mm→72mmと少し小さくなっています。

横持ちしたときには画面が大きく使えるので、動画の視聴やゲームに向いているのではないでしょうか。

 

背面が手にフィットするように緩やかに曲がっている

縦持ちしたときの横の幅はXperia XZ1に比べ1mm短くなり、背面も手にフィットするように緩やかに曲がっているため、片手での操作もやりやすくなるでしょう。

また、背面全体が曲がっているわけでなく端の部分だけのようですので、床やテーブルに置いた状態で操作してもグラつくようなことも無いと思われます。

 

指紋認証センサーが背面に移動した

これまでXperiaは指紋認証センサーが右横にありました。そのため床やテーブルに置いた状態でもロック解除ができていましたが、背面に移動してしまったため、指紋認証でロック解除をするには持つ必要があります。

持った時にちょうど人差し指が当たる部分に指紋認証センサーがあるためロック解除はしやすいのですが、個人的にはこれまでと同じ右横かiPhone8のように前面にあるのが良いと思っています。

しかし、これは好みの問題でしょうし。そんなに気にならない人も多いかと思います。

ちなみに、2018年1月に発表されたコスパ重視の「Xperia XA2」など3機種も背面に指紋認証センサーが移動しているため、今後のXperiaシリーズは「背面の指紋認証センサー」がスタンダードになっていく可能性が非常に高くなっています。

 

関連記事

機能を抑えコスパ重視の「Xperia XA2 Ultra」「Xperia XA2」「Xperia L2」の特徴

 

イヤホンジャックが無くなった

問題はここですね。

iPhone7のときもイヤホンジャックが無くなり批判もたくさんありましたが、ついにXperiaシリーズもイヤホンジャックが無くなり、有線のイヤホンを使用するにはiPhone8などと同じようにアダプタを使用することになります。

そしてこちらもAppleと同じように「Xperia Ear Duo」というワイヤレスのイヤホンも発表されました。

イヤホンジャックは、やはり無いよりあった方が良いんですよね。

もちろんイヤホンジャックがあってもワイヤレスのイヤホンは使えるわけですし、どちらか好きな方を選べる方が良いと思うのですが、今後のスマホはイヤホンジャックが無くなる方向へ進んで行くんでしょうね。

 

Xperia XZ2だけにしかない機能(Xperia XZ2 Compactとの違い)

Xperia XZ2とXperia XZ2の違いはサイズやバッテリー容量の大きさだけではありません。Xperia XZ2だけにしかない機能もあります。

シーンに合わせて振動するバイブレーション機能

SONY mobileの公式サイトでは「Captivate your senses with Dynamic Vibration」と表示されていますが、ゲームや動画を見ているときにそのシーンに合わせて本体が振動します。

ゲームや動画の臨場感がアップして、より楽しめるのではないでしょうか?この機能は意外と面白そうです。

 

ワイヤレス充電「Qi」の搭載

Xperia XZ2はワイヤレス充電「Qi」に対応します。ついにXperiaもワイヤレス充電に対応するわけですが、同じく発表された「Wireless Charging Dock WCH20」を使用して充電することもできますし、これまでと同じようにUSB Type-Cを搭載しているため、ケーブルを差して充電も可能です。

また他社の「Qi対応充電器」でワイヤレス充電も可能です。

 

Xperia XZ2とXperia XZ2 Compactのスペック

XZ2 XZ2 Compact
OS Android8.0 Android8.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 Mobile Platform Qualcomm® Snapdragon™ 845 Mobile Platform
メモリ(RAM) 4GB 4GB
メモリ(ROM) 64GB 64GB
バッテリー 3180mAh 2870mAh
メインカメラ 1900万画素 1900万画素
インカメラ 500万画素 500万画素
ディスプレイ 5.7インチ18:9 Full HD+(1080 x 2160)HDRディスプレイ 5.0インチ18:9 Full HD+ (1080 x 2160) HDR display
防水 IP65/68 IP65/68
重さ 198g 168g
サイズ 153 x 72 x 11.1 mm 135 x 65x 12.1mm
USB USB Type-C(ワイヤレス充電対応) USB Type-C

 

最後に

4K HDRビデオの撮影、960fpsのスロー映像がフルHDで撮影可能になり、これまでアウトカメラでしか撮影できなかった3Dクリエイターもインカメラで可能になるなど機能面もアップしています。

そこまで大きく取り扱われていませんが、ゲームや動画に合わせて振動する「ダイナミックバイブレーション」が一番面白そうと感じているので、もし購入するのであればダイナミックバイブレーションに対応しているXperia XZ2の方だと思います。

まだ日本では発売未定ですが、2018年春夏モデルあたりで発売されるのではないでしょうか。

しかし、Xperia XZ1 Compactに関してはドコモしか取り扱いが無かったため、今回もXperia XZ2 Compactはドコモだけの取り扱いになるかもしれません。

Xperia XZ2 | SONY mobile.com

 

 

関連記事

Xperia XZ2おすすめ充電器をワイヤレス・USB Type-Cケーブル・モバイルバッテリーに分けて紹介

Xperia XZ2を便利に使うために持っておきたいおすすめのアクセサリーまとめ

Xperia XZ2のおすすめケースをクリア・手帳型・耐衝撃などタイプ別に紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑