スマホで撮った画像をGoogleドライブにアップロードすればテキストデータとして開けて超便利!


公開日: 

学生さんであれば先生が黒板に書いた授業の内容、社会人の方は仕事の資料などをとりあえずスマホのカメラで撮って保存しておいたことはありませんか?

スマホのカメラは非常に高画質になっていますので、文字もはっきり映すことができるため、文章を自分で書き写す必要もなくスマホのカメラで撮れば、あとで見返すことができます。

しかし、画像の中にある文字というのはあまり見やすいものでは無いため、テキストに変換した方が見やすくなるのですが、それを簡単にできる方法を紹介します。

この方法を使えるようになれば、スマホで撮った画像をわざわざPCでテキストに変換するような手間を一気に省くことができます。

 

スマホで撮った画像をテキストデータに変換する方法

まずは普通にスマホで写真を撮り、撮った画像を「共有ボタン」を押してGoogleドライブにアップロードします。

 

ドライブへ保存を選択

 

保存をタップし、しばらくするとGoogleドライブにアップロードが完了します。

 

そして次にPCでGoogleドライブにアクセスし、対象の画像を①右クリック→②アプリで開く→③Googleドキュメントで開きます。

 

すると画像とともにテキストデータとなったファイルで見ることができます。

 

手書きの画像も大丈夫

手書きの文章でもテキストに変換してくれます。当然手書きの文字は誤認識が多いですが、上に画像も表示されているので画像を見ながら自分で修正することができるため、紙にとった手書きのメモをテキスト変換してPCなどに保存したい場合にもすごく便利です。

 

一度でもGoogleドキュメントで開くと「Googleドキュメント」として保存されるので、画像からテキストデータに変換されたファイルをスマホでも見れるようになります。

 

やり方まとめ

①スマホで写真を撮る

②Googleドライブにアップロードする

③PCでGoogleドライブにアクセス

④対象の画像を右クリックし、Googleドキュメントで開く

⑤画像とともにテキストデータとして開くことができる

 

最後に

さすがのGoogleと言ったところですが、これを使うことで写真を撮って写真を見ながらPCに打ち込んでテキストデータ化するという作業が一気に楽になりますね。

最後に気になるところですが今回使用した小説に「洗濯機」というワードが出てくるのですが、Googleドキュメントでテキスト化したときに「洗体機」と変換されていました。

もちろん誤変換なのですが、これは文字の”形”だけを見ているのでは無く、”単語”としても推測して変換しているのではないでしょうか?文字の形だけを見てテキスト変換するだけでは誤変換が増えるので、それに加え、単語や文章の流れによって最適な変換をすることで高精度なテキスト変換を実現しているのではないでしょうか?(今回は失敗していますが…)

例えば「仕事に就いた」と「目的地に着いた」では「ついた」の漢字が異なります。

GoogleはPC版とスマホ版に「Google日本語入力」というアプリがあり、どのような変換をしているのかなどのデータを膨大に取っているので、そのデータをこの技術に応用できているのでしょう。

とにかく非常に便利ですので、これまで画像をメモ代わりにしていた方は一度試してみて下さい。

 

関連記事

スマホの文字入力が劇的に楽になるGoogle日本語入力の便利設定紹介

Android版「Google翻訳」の新機能リアルタイム翻訳の利用方法

紙の写真をスキャンできるGoogle公式アプリ「PhotoScan」ですべての写真をGoogleフォトに保存できるようになった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑