ニンテンドーアカウントとニンテンドーネットワークIDの違いと2つのアカウントを連携する方法


公開日:  最終更新日:2018/03/24

ニンテンドーアカウントとはNintendo Switchでダウンロード版のソフトを購入したり、スプラトゥーン2のオンライン対戦などのインターネット機能を利用する際に必要なアカウントとなります。

しかし、WiiUや3DSで遊んでいた方はすでに「ニンテンドーネットワークID」を持っている方もいます。

この2つは異なるアカウントで、ニンテンドーネットワークIDはSwitchでは利用できません。そこでこの2つのアカウントの違いと2つのアカウントを連携する方法を紹介したいと思います。

 

ニンテンドーアカウントとは

ニンテンドーアカウントはNintendo Switch、スマホ、PCで利用するアカウントとなり、WiiUや3DSでは使えません。

・オンライン対戦などネットの機能を使用するゲームが遊べる

・ニンテンドーeショップでゲーム(ダウンロード版)などを購入できる

・ニンテンドーストアで買い物ができる

スプラトゥーン2の対戦にはニンテンドーアカウントが必要ですし、ソフトを買いに行かなくても購入してすぐに遊ぶことができるダウンロード版を購入するのにも必要なため、Switchを遊ぶ上では欠かせないアカウントです。

 

ニンテンドーネットワークIDとは

ニンテンドーネットワークIDは3DSシリーズとWiiUでダウンロード版のソフト購入などに利用できるIDです。

・3DSシリーズ、WiiUなどのソフトのネット機能を利用できる

・購入したダウンロード版ソフトをやニンテンドープリペイドカードでチャージした残高を確認できる

・ダウンロード版ソフトを購入できる

 

つまりニンテンドーアカウントはSwitch、ニンテンドーネットワークIDは3DSかWiiUで利用するアカウントとなります。

 

ニンテンドーアカウントにニンテンドーネットワークIDを連携する方法

SwitchではニンテンドーネットワークIDを使用しなくなるため、3DSやWiiUを遊ばなくなった人からするとニンテンドーネットワークIDにチャージした残高が無駄になってしまいますが、ニンテンドーアカウントに連携することで、残っている残高を使用してSwitchでダウンロード版ソフトなどを購入できるようになります。

2つのアカウントの連携ですが、ニンテンドーアカウントの作成時に連携することもできますし、すでにニンテンドーアカウントを作成している場合でも後から可能です。

 

ニンテンドーアカウント作成時に連携する方法

ニンテンドーアカウントを作成するにはこちらにアクセスし、アカウント新規作成を開きます。また、ニンテンドーアカウントの作成にはスマホかPCを利用します。(Switchでは作成できません)

 

13歳以上と12歳以下で作成するページが異なりますが、子供用のアカウントは親のアカウント(18歳以上)がすでに作られている必要があります。

 

ニンテンドーネットワークIDを選択

 

ニンテンドーネットワークIDとパスワードを入力してログインします。

 

ニックネームやパスワードなどを入力します。また、メールアドレスや生年月日などニンテンドーネットワークIDに登録している情報はすでに入力済みになっています。

 

ニックネームなどを入力して次のページに進むと下の画面が表示されるので、登録したメールアドレス宛に届く4ケタの認証コードを入力します。

 

これで登録が完了します。

 

すでにニンテンドーアカウントを取得している場合の連携方法

こちらにアクセスし、ニンテンドーアカウントでログインします。そして「ユーザー情報の編集」

 

ほかのアカウントと連携

 

ニンテンドーネットワークID

 

ニンテンドーネットワークIDとパスワードでログインします。

 

ニンテンドーネットワークIDにチェックが付き、連携済みと表示されればOK。

 

子供用(12歳まで)のアカウントを作成する方法

子供用のアカウントを作るには、まず親のアカウントが必要になるため、まず親のアカウントを作っておきましょう。

親のアカウントの作成後ログインし、「みまもるアカウントの管理」

 

子どもアカウントの作成

 

ニックネームやログインID、パスワードなどを入力して次へ

 

これで子ども用のアカウントの作成が完了しました。

 

作成したニンテンドーアカウントをSwitchでログインする方法

ニンテンドーアカウントを作ったら次にSwitchでログインする必要があり、左上のアイコンからログインします。

 

ユーザー設定→ニンテンドーアカウントと連携

 

ログイン

 

ニンテンドーアカウントに登録しているメールアドレス・パスワードでログインしてログインできれば完了です。

 

子どもユーザーを作って子どもようニンテンドーアカウントでログインする

親のユーザーはSwitchの初期設定の時に作るため、すでに左上に表示されていますが2つ目以降のユーザーは別途作る必要があります。

ホーム画面の設定

 

ユーザー→新しいユーザーの追加

 

アイコンを選び、名前を入力

 

子ども用のニンテンドーアカウントでログインして完了

 

作成したユーザーは左上に並び、遊ぶときに選ぶようになります。

 

最後に

3DS、WiiU、Switchを遊んでいる方からするとアカウントがたくさんあって分かりづらいかと思いますが、Switchではこの2つのアカウントを利用します。

①ニンテンドーアカウントと子ども用アカウント

ニンテンドーアカウントはダウンロード版ソフトの購入やネット機能が利用できるソフトで遊ぶ際に必要で、子ども用のニンテンドーアカウントではソフトの購入などができないなどの制限が可能

 

②Switchのユーザー

SwitchのユーザーはSwitchを複数人で遊ぶ場合に作成し、その人ごとにセーブデータを分けて遊べるようになります。

そして、Switchのユーザーにニンテンドーアカウントを連携させることで、Switchからダウンロード版のソフトが購入できたり、ネット機能が利用できるソフトが遊べるようになります。

 

関連記事

Switchをもっと便利に遊ぶために持っておきたいアクセサリー(周辺機器)を遊び方別に紹介

スマホに「みまもりSwitch」をインストールし、遊べる時間の制限・どれだけ遊んだかなどを確認する方法

Nintendo Switchスプラトゥーン2セット(イカすスタートガイド付き)開封の儀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑