Androidスマートフォンでウイルスアプリをインストールをしないために気をつけること


公開日:  最終更新日:2013/07/11

uirusスマートフォンが普及してくるとそれに比例してウイルスも増えていくのだ。

Androidスマートフォンで今問題になっているのはPlayストアからインストールしたアプリでもウイルスアプリの可能性があるということなのだ。

Android対応のセキュリティソフトを入れるのは大前提なんだけど、インストールする前にウイルスアプリじゃないか良く確認しないといけないのだ。

GooglePlayのレビューの投稿が実名になった

米国Googleは同社のオンライン・アプリ・ストア「Google Play」で、ユーザーがアプリのレビューを行う際に実名を使うことを義務づけた。

この新ルールでは、レビューを投稿するにはGoogle+アカウントを使う必要があり、Google+アカウントを持っていない場合は新たにセットアップしなければならない。

 COMPUTERWORLD

 

今までPlayストアでアプリの評価をしたり、レビュー(コメント)を書いたりするのは匿名だったんだけど、Google+に登録している『名前』と『写真』が表示されるようになるため変な投稿がすくなくなることが予想されるのだ。

そのため、レビューの信用度が増し、みんなが書いているレビューをよく見ることでウイルスアプリかどうかをある程度見分けることができるのだ。

 

アプリインストール時に気をつけること

・アプリをインストールする前にレビューを見てみる
・レビューが全くないアプリで不安な場合はインストールしない
・レビューの内容がひどい場合はインストールしない

 

セキュリティソフトを入れていたとしても100%防げるわけではないので、自分の身は自分で守らないといけないのだ。

 

関連記事

uirusAndroidに対応しているウイルス対策ソフト3選
有名なセキュリティソフトなのだ

 

 

j自分で身を守る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑