ドコモの使った分だけ支払いが発生する「ベーシックパック」は消費したデータ容量をしっかり把握しないと痛い目合うぞ!


公開日:  最終更新日:2018/06/24

ドコモの新パケットプラン「ベーシックパック(1人用)」「ベーシックシェアパック(家族用)」はデータ消費量に応じて支払いが高くなっていくプランで、かけ放題への加入も必須では無いため、ドコモの最低料金がかなり引き下がりました。

しかし、このプランの最も恐いところは速度通信制限がかからないということです。

実際には最大容量の20GBに達すると通信制限はかかりますが、それでも20GBまでは普通に使えてしまうため、何も考えず使い続けてしまうとかなりの出費になってしまう可能性があります。

そしてもう1つの恐い点ですが、使った分だけ料金が高くなる段階が4つしか無いことです。

1GBの次は3GB、3GBの次は5GBとなっており、1GB刻みではありません。

もし1.1GB使ってしまうと3GB分の料金を支払わなければいけないため、消費したデータ容量をしっかり把握しないと痛い目に合うプランになっています。


 

ベーシックパックの詳細


画像:ドコモベーシックパック

ベーシックパックは最小1GBから最大20GBまでの4段階になっていて、20GBまでは使い放題となっているプランです。

ベーシックパックの登場により受付を終了したSパック(2GB:3,500円)、Mパック(5GB:5,000円)の場合は、データ容量の上限に達すると速度通信制限がかかっていたため、それ以上は自分で追加購入しない限り料金が上がることはありませんでした。

しかしベーシックパックでは、いま何ギガ使っているのかをしっかり把握していないと勝手に次の段階に上がってしまいます。

問題なのは1.1GBや3.1GB。そして5.1GBなどちょっとだけはみ出してしまった場合です。

1.1GB消費してしまうと2,900円から4,000円に上がりますし、5.1GB消費してしまうと20GB分(7,000円)も支払いが発生してしまいます。

自分で消費しているデータ容量を管理できている人であればいいですが、できていない人は結構恐ろしいプランではないでしょうか?

 

かけ放題では無い「シンプルプラン(980円)」が選べることで最低料金はかなり引き下がった

これまでシンプルプランを選ぶには20GB以上の大容量プランを契約するか、シェアパック(家族での利用)を契約する必要がありましたが、ベーシックパックでは通話した分だけ料金が加算されるシンプルプランが選べるようになったことで最低料金はかなり引き下がりました。

●これまでの最低料金

Sパック(2GB:3,500円)+5分かけ放題(1,700円)+spモード(300円)=5,500円

 

●これからの最低料金

ベーシックパック(1GB以内だった場合:2,900円)+シンプルプラン(980円)+spモード(300円)=4,180円

 

このように1,320円も安く利用できるようになり、1GB~3GBまでの場合でも以前の最低料金よりも安くなります。

ベーシックパック(1~3GBだった場合:4,000円)+シンプルプラン(980円)+spモード(300円)=5,280円

 

つまり、毎月のデータ消費量が3GB以内に収まり、かけ放題を必要としない人であれば、これまでの最低料金よりも安く利用できるというプランになっています。

 

シンプルプラン+ベーシックパック料金プラン料金表

少しだけはみ出してしまうような、1.1GB、3.1GB、5.1GBなどは注意が必要!

データ消費量 シンプルプラン データ容量 spモード 合計
~1GB 980円 2,900円 300円 4,180円
~3GB 980円 4,000円 300円 5,280円
~5GB 980円 5,000円 300円 6,280円
~20GB 980円 7,000円 300円 8,280円

 

毎月のデータ消費量が5GB近辺の方は注意!8,280円~となるぞ!

ベーシックパックはシンプルプランと組み合わせることで、かけ放題を必要とせず、データ消費量が3GB以内の方であればこれまでより安くなりましたが、毎月のデータ消費量が5GB近い方は注意が必要です。

これまで、5GBプランに5分かけ放題を足した料金は7,000円(1,700円+5,000円+300円)が上限でしたが、これからは制限がかからず5GBを少しでも超えてしまうと一気に8,280円まで上がってしまいます。

 

ベーシックパックを利用する方はデータ消費量をしっかり確認しておこう!

ここまで紹介してきたように、1.1GB・3.1GB・5.1GBなど少しでも設定された段階をはみ出てしまうと料金が跳ね上がってしまいます。

これまでは速度が遅くなるという制限がかかっていましたが、これからは自分でスマホを使わないように制限をかけていかないと高額なスマホ代を支払わなければいけなくなってしまうため、ドコモのベーシックパックを利用する方は注意しましょう。

ちなみに現在Sパック(2GB:3,500円)、Mパック(5,000円:5,000円)を利用している方はそのまま利用でき、これからドコモと契約する方はベーシックパックもしくは20GB以上のウルトラデータパックしか選べなくなってしまいます。

 

関連記事

それでもあなたは、高いスマホを使い続けますか?

「通信速度制限の勘違い」まだギガ数残ってるはずなのに”データ使用の警告”が来る理由とは?

実際格安SIMに乗り換えたらどれくらい安くなるの?各社MVNOの特徴と乗り換え後の価格を紹介

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑