スプラトゥーン2の「ウデマエ」を上げるためにProコントローラーを購入した結果


公開日:  最終更新日:2018/08/09

Nintendo Switchスプラトゥーン2セットを購入し、約3ヶ月間やり込みました。

しかしどのガチマッチルールでも「Sランク」が最高で、Sランクに上がったとしてもすぐに「A+」に戻ってしまうという繰り返しでした。

そこで、YouTubeにアップされている上手い人達のプレイを参考に立ち回って見ましたが、それでも「Aランク」前後をうろついていました。

やるからには勝ちたいし、負けると悔しいというのもあり、ランクを上げるための方法を探していたところ、スプラトゥーン2が上手い人は皆んな「Proコントローラー」を使っているということを発見し、実際に購入してみたところ、ついに1つのガチマッチルールで「S+」まで上がることができました。

それでは、スプラトゥーン2でなかなか勝てないと悩んでいる方や、Proコントローラーを買おうか検討されている方に向けて、Proコントローラーってどうなの?という点を詳しく紹介していきたいと思います。

 

任天堂純正「Proコントローラー」の中身

Nintendo Switchのコントローラーは数多く他メーカーからも販売されていますが、任天堂純正のコントローラーを購入しました。

同梱物は「コントローラー」以外に「USBケーブル1本」のみとなり、有線で遊ぶときやProコントローラーを充電する際に使用します。

Joy-Conを充電するときはJoy-Conグリップから外して本体にドッキングする必要がありましたが、Proコントローラーはケーブルを挿すだけなので、充電がしやすくなったのも良い点ですね。

ちなみに満タンに充電するとJoy-Conが20時間くらいもっていましたが、Proコントローラーは40時間くらい持ちます(ゲームによってバッテリー持ちは異なる)

 

 

Joy-ConとProコントローラーの比較

上から見てみると、大きく違うのが「A・B・X・Y」のボタンの大きさと、左下にある「十字キー」です。

大きくなった「A・B・X・Y」は非常に押しやすく、押した感じも気持ち良いです。

 

そして最も操作性が変わったと感じるところが、スティックです。

画像を見ていただければ一目瞭然ですが、Proコントローラーの方がスティックが長いため、可動域も広くなっています。

 

可動域が広いことで、スティックを完全に倒さない「中間で止める」のがやりやすくなり、「壁の途中で止まる」「イカの状態でシブキを上げずに動く」ということができるようになりました。

壁の途中で止まることで、向こう側を覗き込むことができます。

 

シブキを上げずに動くことで、相手に気づかれずに近づくことができます。

 

Joy-Conはスティックが短いため、スティックをちょうど真ん中で止めるというのがかなり難しいので、これらのプレイをやろうと思ってもできませんでした。

YouTubeで上手い人の動画を見てみるとこれを簡単にやっているので、やっぱりProコントローラーは必要なんだな。とこの動きができたことでさらに感じました。

 

Proコントローラーを使ってみた感想

初めてProコントローラーを持ったときは手にフィットし、かなり持ちやすいと感じましたが、スティックがJoy-Conに比べ長いため、スティック操作に慣れるまで2日かかりました。

というのもあり、Proコントローラーを使い始めたときに戦っていた「ガチホコバトル」では負けに負け、「B+」まで落ちてしまいましたが、慣れてからは勝てるようになり、「ガチヤグラ」で「S+」まで上がることができました。

Sランクではなかなか勝てませんでしたが、Proコントローラーを使ったことでSランクでも勝てるようになったのはかなり大きな変化です。

 

●大きくなった「A・B・X・Y」ボタンの押しやすさ

●持った感じのフィット感

●スティックの動かしやすさ

 

この3つがProコントローラーを使って良かったところで、Proコントローラーに慣れてしまうともうJoy-Conには戻れないですね。

それくらいProコントローラーは扱いやすいです。

RPGやシュミレーションゲームであればProコントローラーは必要ないと思いますが、スプラトゥーン2のようなアクションゲームとなるとProコントローラーの方が断然良いですね。

 

Amazonのレビューで多い「スティックの粉問題」はそこまで気にするほどでは無かった

Amazonのレビューを見てみると左ステックから粉が出てきて、故障してしまったというコメントが非常に多く、星の評価も「★★★☆☆」とあまりよくありません。

スプラトゥーン2を遊んでいる方はわかると思いますが、左スティックはガンガン動かすため、擦れてしまい、そのときに粉が出てしまうということなのですが、実際に使ってみるとやはり粉は出てきますが、そんなに気にするほどでは無いかなと思っています。

 

最後に

Proコントローラーが発売したばかりの頃は、転売ヤーが定価よりも高く(プラス2,000円くらい)Amazonで販売していたようですが、今ではAmazonでも定価よりも700円安い「約6,800円」で購入することができます。

コントローラーとしては結構高いですが、スプラトゥーン2が遊びやすくなったので満足しています。

スプラトゥーン2がもっと上手くなりたい方は買って損はありませんよ。

今やっとProコントローラー慣れたところなので、これからさらにランクが上がった(下がっても)らその画像も紹介したいと思います。

 

2018/08/09追記

Proコンを購入し、約1ヶ月半が経ちました。

ようやくProコンにもスプラトゥーン2にも慣れてきてほとんどのルールでSまで上がりましたが、S+以上に上がるまではまだまだのようです。

ただProコンは非常に使いやすいので、ウデマエを上げていくのには必須ではないでしょうか。

 

 

関連記事

Switchをもっと快適に遊ぶために持っておきたいアクセサリー(周辺機器)を使い方別に紹介

Switch本体のバッテリー残量を数値(%)で表示する方法とジョイコンのバッテリー残量を確認する方法

Nintendo Switch(スイッチ)で知っておきたい18の便利設定・操作方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑