外出先からエアコンやテレビの操作ができるeRemote miniの設定方法とレビュー


公開日: 

真夏の暑い日に自宅に帰ってきたときに部屋が涼しくなっていたり、寒い日に暖かくなっていて欲しくありませんか?

家族と一緒に住んでいればそのようなことはできますが、一人暮らしの場合はエアコンを付けっぱなしにするなどしかその方法がありません。

そんな悩みを解消するのが今回紹介する「eRemote mini」です。

eRemote miniはエアコンやテレビなど、リモコンで操作できる家電製品の電源のON・OFFを外出先からできるというデバイスです。

これがあれば家に帰ってきたときに照明を付けておくことも、冷暖房を入れておくことも、テレビを点けて賑やかな状態の部屋に帰ってくることも可能になります。

 

 

eRemote miniの外観とサイズ

eRemote miniの箱の中には本体とMicroUSBケーブルのみが入っているため、コンセントに接続するACアダプタは別売りで購入する必要があります。

 

このように手のひらサイズで、前面にはランプのみがあります。

 

そして裏面にはMicroUSBポートとリセットボタンのみとなります。

 

付属のケーブルを挿し、別売りのACアダプタを接続してコンセントに挿し込めば設置完了です。

 

eRemote miniの頭の黒い部分がセンサーとなっていて、ここから各家電を操作できる電波?を発するようになっています。

そのため、eRemote miniはその部屋内にある家電しか操作はできません。

 

eRemote miniを使ってみた感想

今回eRemote miniに設定した家電は「テレビ」「エアコン」「照明」の3つです。

特にエアコンを多用することになりますが、やはり夏や冬に家に帰ったときに快適な温度にすでになっているというのは非常に便利です。

現時点では不具合などは無く、ONを押すと時間差なくすぐにエアコンやテレビが起動するので不満は全くありません。

eRemote miniはAmazonで6,000円ほどで購入できるため、エアコンの操作を外出先から行いたい方にはおすすめです。

また、エアコン・テレビ・照明以外にもリモコンで操作できるヒーターや扇風機なども操作可能です。

 

 

 

eRemote miniの設定方法

eRemote miniはスマホで設定を行うため、こちらのアプリをインストールします。

eHome

eHome
開発元:LinkJapan Inc.
無料
posted withアプリーチ

会員登録が必要になるため、Facebookアカウントかメールアドレスで登録を行います。

 

登録完了後、デバイス追加をタップ

 

eRemote miniを選択。また、eRemote miniをリビング・寝室など2つ以上使用する場合も同じようにデバイスの追加から行います。

 

本体を見てランプが高速点滅していれば次へ

 

スマホが接続されているWi-Fiルーターが表示されるのでパスワードを入力して接続します。

 

これでeRemote miniのWi-Fi設定が完了しました。

 

では次にeRemote miniで操作する家電の設定を行っていきます。

 

eRemote miniでテレビを操作する

テレビを選びます。

 

テレビのメーカーを選択

 

指示通りにテレビの電源を切り、次へをタップ

 

このボタンをタッチしてテレビの電源が入るかを確認します。

 

反応のあり・なしを選びます。

 

そして画面の指示通りに、音量が上がるか?下がるか?などのチェックを行っていくと設定が完了となります。

 

設定が完了するとこのようなリモコンのボタンでテレビの操作が外出先からでもできるようになり、主に電源のON・OFF、音量調整、チャンネルの変更などが可能になります。

 

eRemote miniでエアコンを操作する

2回目からの家電の追加はeRemote miniをタップします。

 

そしてリモコン追加

 

そしてエアコンを選択

 

エアコンの追加は手動マッチングがうまくいきやすいので、手動マッチングをおすすめします。

 

自宅にあるエアコンのメーカーを選択

 

テストをタップしてエアコンの電源が入るかをチェックします。

 

このようなテストを5/5まで行って完了となります。

 

冷房・暖房・送風・除湿など、どのモードで運転しているかは左上のアイコンで確認します。

 

エアコンはシーンの設定をしておくと便利

この設定も便利なのですが、電源ボタンを押した後に冷房か暖房を選び、その後温度の調節を行わなければいけませんが、「夏」や「冬」といったシーンをあらかじめ設定しておくと非常に便利です。

シーン →(+)

 

シーン名に「夏」や「冬」などの名前を付け、追加をタップ

 

エアコンをタップ

 

シーンが「冬」の場合、電源をONにして、暖房・温度を設定します。

 

これでシーンから「冬」をタップするだけで、設定した温度で暖房がONになります。

 

eRemote miniで照明を操作する

リモコンで操作できる照明のみが対象になりますが、外出先から照明をONにすることができるため、この設定を行っておくことで暗い部屋に帰るということが無くなります。

eRemote mini

 

そしてリモコン追加から照明を選びます。

 

照明の追加は下の画像のように照明のリモコンをeRemote miniに向けて行います。

 

ONを学習させるため、eRemote miniにリモコンを向け、ONを押します。

 

 

 

次にスマホの画面のONをタップして照明が点くかを確認します。

 

その後も同じようにOFFや明・暗などを設定し、完了となります。

 

最後に

eRemote miniの最大のメリットとして外出先からエアコンを起動することができるという点があります。

エアコンを操作するためだけにこのデバイスを購入してもいいと思えるくらい便利ですので、気になる方はぜひ使ってみてください。

 

関連記事

弱かった電波が中継器で改善された! バッファロー中継器(WEX-733D)の接続方法

完全ワイヤレスイヤホン「PZX Bluetoothイヤホン」のペアリング方法と使ってみた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑