Pixel3がついに日本にやって来る!充実のカメラ機能・Googleアシスタント・Google Lens・FeliCa・防水など内容盛りだくさん


公開日: 

Google純正のスマートフォンとしてはNexus 5X、Nexus 6P以来の日本発売となるPixel 3ですが、今回は内容が盛りだくさん過ぎて「Pixel 3と言えばこの機能」とは言えないくらいに様々な機能を搭載しています。

デザインはと言うと丸みを帯びたフォルムで、ピンクとホワイトに関しては電源ボタンのカラーがポップで可愛らしく、これまでのスマートフォンではあまり見られなかった配色です。

それでは、日本では2018年11月1日に発売されるPixel 3にはどのような特徴があるのかを紹介していきたいと思います。



Pixel 3のカメラ機能について

やはりカメラにはかなり力を入れているようです。

最近のハイエンドモデルでは背面カメラはデュアルレンズが主流になっていて、背景ぼかしが簡単にできるということを押し出しているスマートフォンが多いですが、Pixel 3は背面カメラに関してはシングルレンズとなっています。

レンズを増やすのではなく、ソフトウェアの強化によって背面をぼかした写真や暗い場所でもより綺麗な写真が撮れるような仕様になっています。

 

暗い場所でもフラッシュ無しでこれだけ明るく撮れる

「Night Sight」と呼ばれるこの機能はフラッシュを使わなくてもこれだけ明るい写真を撮ることができます。

先日発売されたばかりのiPhone Xsを比較対象にするのは面白いですね。

ただしこんなに暗いところで写真を撮ることがあるかと言われれば、あまりないかもしれませんが…

 

変顔とはもうオサラバ!撮影後に好きな場面を選択できる「Top Shot」

写真を撮った瞬間に誰かが目をつぶっていた。ペットの写真を撮ったらその瞬間に逃げられてしまった。などということはありがちですが、ベストショットをたった1回のシャッターチャンスでものにするのは難しいものがあります。

そんな問題を解決するのが「Top Shot」で、この機能では写真撮影後にベストショットを選択できるようになっています。

このようなベストショットを選択できる機能はXperiaにも存在するのですが、4枚の中からしか選択できません。

その点、Pixel 3はこれだけの選択肢の中からベストショットを選択できるというのは他のスマートフォンではあまり見られない機能です。

 

望遠レンズがなくても遠くを撮影できる「Super Res Zoom」

デュアルレンズを搭載しているスマートフォンには1つのレンズが望遠レンズとなっていますが、前述した通りPixel 3には背面レンズは1つしかありません。

しかし、Super Res Zoomという機能のおかげで画質を落とさずにズームが可能になりました。

 

インカメラはデュアルレンズで広角撮影が可能に

Pixel 3のインカメラはこれだけの広角で撮影が可能になっています。

その広さはiPhone Xsと比べ、約184%も広いとのこと。

 

 

Google Lensでモノを撮って調べたり購入も可能

GoogleにはGoogleフォトという写真を無制限にアップロードできるサービスがあるのですが、Googleフォトにアップロードしている写真に自分で名前やタグを付けていなくてもGoogleが何の写真かを判別できるようになっています。

例えば「桜」で検索すると自分が撮った桜の写真が表示されるようになっているといった機能で、その機能をリアルタイムで利用できるのがGoogle Lensです。

Pixel 3でGoogle Lensを使えば上の画像のように何という動物なのか、建物の名前などをすぐに知ることができます。

また、靴や洋服などでも商品名や似ている商品を表示してくれ、そこから購入することも可能になっています。

 

 

Googleアシスタントで知らない番号からの電話を対処してくれる

これは「スクリーンコール」と呼ばれる機能で、知らない番号からの電話はGoogleアシスタントがまず対応してくれます。

そして電話をかけた相手には「Googleのスクリーニングサービスを使用しています」という旨の案内が流れてから名前と電話の目的を述べるように案内されます。

このやり取りを見て、問題なさそうだったら直接電話に出るのもいいですし、面倒だったらそのままスルーすることもできます。

電話に出てしまったら面倒なセールスだったら嫌ですからね。

ただし、スクリーンコールがすぐに日本語対応するのかどうかは不明ですが、もし日本語でも使えるのであればかなり便利そうです。

 

FeliCaと防水にも対応

日本仕様のスマートフォンであれば、FeliCaを搭載しておサイフケータイに対応している、防水にも対応しているというのは当然なのですが、大手キャリアを解約して格安SIMを使っているような人からすると、おサイフケータイと防水対応している機種というのは非常に限られてしまいます。

現在僕は格安SIMであるLINEモバイルで海外版のXperiaを使用しています。

海外版のXperiaは防水には対応していますが、おサイフケータイには対応していないため、おサイフケータイを使うにはiPhone7のSuicaを使っているという状況なのですが、Pixel 3によってそんな面倒なことをする必要も無くなります。

そのためFeliCaと防水対応は非常にありがたい機能となりました。

 

Pixel 3の基本仕様

OS:Android9 Pie

ディスプレイ:5.5インチ or 6.3インチ

カメラ:背面12.2メガピクセル、前面8メガピクセル

プロセッサ:Qualcomm® Snapdragon™ 845

メモリ:4GB RAM

ストレージ:64GB or 128GB

バッテリー:2915mAh

ポート:USB Type-C(Qi ワイヤレス充電対応)

その他機能:IPX8 防塵・防水仕様、FeliCa搭載、前面デュアルスピーカー

 

●Pixel 3サイズ

長さ:145.6 mm

幅:68.2mm

高さ:7.9 mm

重さ:148g

 

●Pixel 3 XLサイズ

長さ:158.0 mm

幅:76.7mm

高さ:7.9 mm

重さ:184g

 

最後に

日本で発売されるPixel 3は9万5,000円からとなっているため、iPhone Xsと比べると若干安いですが、それでもかなり高額な部類のスマートフォンになっています。

しかしGoogle純正のスマートフォンということもあり、最新のOSをいち早く使えたり(発売から3年間はアップデート保証)、機能も素晴らしいため、現時点のAndroidスマートフォンでは最高クラスの機種になっています。

SIMフリー版も発売されるようですし、大手キャリアではドコモとソフトバンクが取り扱うといった情報もあります。

今から11月1日が待ち遠しいですね。多分買います。

 

関連記事

Android9 Pie 注目の5つの新機能を紹介

【超絶簡単!】Googleフォトにアップした写真を綺麗に加工する方法

Googleフォトにデジカメやスマホで撮った写真をアップし、わかりやすく管理する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

同じテーマの記事

  • 記事はありませんでした

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑