Amazon Audible(オーディブル)の使い方と使ってみた感想


公開日:  最終更新日:2018/10/16

「本を、聴こう。」というキャッチコピーで展開しているAmazonのサービス「Audible」はキャッチコピー通り、朗読された本を聴くことができるサービスです。

通勤・通学時に本を読みたいけど、満員電車過ぎて本を広げて読むことができない。また、車で出勤しているため本が読めないという方も多いのではないでしょうか?

Audibleは音楽と同じように聴くことができるため両手がふさがっていても全く問題ありません。

それではAudibleを使ってみた感想とおすすめの使い方を紹介していきたいと思います。

 

Audibleの特徴

AudibleはPC・スマホ・タブレットどれでも同じように本を聴くことができ、スマホ・タブレットの場合はダウンロードができるため、ネットがつながらない場所でも利用できます。

また、スマホのデータ使用に気を使わなくていいのもありがたいですね。

 

▶Audibleワンポイント解説!

●1コイン(月額1,500円)で本1冊購入できる

●1コイン消費後も有料で本の購入は可能(会員は30%offで購入可能)

●スマホ・タブレットではダウンロードしてオフラインで利用可能

●追加料無しで利用できるコンテンツもあり

 

Audibleの一ヶ月間無料お試しはこちら

 

月額1,500円で本1冊はちょっと高いかも?

Audibleは月額1,500円で、月に1度「1コイン」をもらえ、このコインを使って好きな本を購入します。

価格が高い本でも安い本でも1コインとなり、購入した本はAudibleを解約した後でも聴き続けることができます。

つまり月額の1,500円内で利用できる本は1冊となるため、少々高いと感じてしまいますが、普通に本を買っても1,500円くらいはするのでコスパが悪いというわけではありません。

また、間違って購入してしまったり本が気に入らなかった場合は返却後、別の本と交換することも可能で、使わなかったコインは入手から6ヶ月間保有できるため、その月に使わなくても繰り越すことが可能です。

※Amazonには月額980円で電子書籍の読み放題になる「Kindle Unlimited」というサービスがあるため、本をたくさん読む方であれば確実にKindle unlimitedの方がおすすめです。

 

追加料金無しで利用できるAudible Stationがコスパ高め

Audibleは1コインで1冊購入するというのが基本ですが、Audible Stationというコンテンツが追加料無しで利用でき、ビジネス書の要約や落語・短編文学などが聴き放題になります。

▶Audible Stationコンテンツ一覧

●松本人志の放送室

●20分で聴けるビジネス書チャンネル

●World News

●Japan News

●オーディブル文学 伊集院静 阿川佐和子チャンネル

●Yogaチャンネル

●瞑想ヨガチャンネル

●メディテーションチャンネル

●短篇文学チャンネル

●落語チャンネル

 

個人的にはラジオ番組の松本人志の放送室と要約されたビジネス書が20分で聴けるチャンネルが面白かったですが、ここで聴くことができるコンテンツだけでも月額1,500円分くらいのコスパはあるのではないかと思うくらい豊富なラインナップになっています。

Audibleの一ヶ月間無料お試しはこちら

 

Audibleの使い方

PCはWEBサイトから、スマホ・タブレットはAudibleのアプリをインストールします。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) – 本を聴こう
開発元:Audible, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

購入したい本を選択

 

購入前にサンプルを聴くことができます。

 

下にスクロールすると購入ボタンが表示されます。

 

購入した本は「ライブラリ」を開くと一覧表示されます。

 

購入した本をタップするとダウンロードが始まります。

 

再生画面では30秒ごとの送り・戻り、目次からの再生、気に入った部分のブックマークなどが可能です。


また、再生速度を半分(0.5x)から3倍(3.0x)まで自由に変更することができるため、英語タイトルの本をスピードを落として聴くことで英語のリスニングの勉強をすることも可能です。

 

 

返却方法

コインを使用して購入した本が気に入らなかった場合の返却はWEBサイトから行います。

①◯◯さんこんにちは!→②アカウントサービス→③返品したい本の「返品する」をクリック

 

退会方法について

Audibleの退会も返品と同じくWEBサイトから行います。

Audibleにアクセスし、「アカウント情報→退会手続き」の順にクリックし解約手続きを行います。

解約は非常に簡単なので、解約方法がわからずに有料会員になってしまったということは無いでしょう。

 

 

Audibleは本を読む習慣がない人や読む時間がない人におすすめ

Audibleは正直、普段から本をたくさん読んでいる人にはおすすめできません。

実質1,500円で1冊しか読めないというのは読書家からするとコスパが悪すぎです。それであれば月額980円で電子書籍が読み放題になる「Kindle Unlimited」の方が断然おすすめです。

ただ、本を読みたいけど活字が苦手という方や、満員電車で通勤しているため本を読めないという方にはおすすめできます。

特に本を読む習慣が無い人は1年に1冊も読まないのではないでしょうか?でも本を読んでみたいという気持ちはある。でも1冊丸々読んだことが無い…

こういう方は結構いると思います。そういう本を読めない人でもAudibleであれば、ただ聴いているだけで本の内容がスッと入ってきます。

Audibleは1ヶ月間は無料で利用でき、1ヶ月以内に解約をすれば一切費用はかかりませんので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

特に「君の名は。」は男性の声、女性の声を使い分けて朗読してくれていたのでかなり臨場感がありました。君の名は。のファンであれば聴いてみることをおすすめします。

Audibleの一ヶ月間無料お試しはこちら

 

関連記事

電子書籍が980円で読み放題になる「Kindle Unlimited」を使ってみてわかった。お得に利用できる人はこんな人

年間3,900円の超絶お得なAmazonプライム会員だけど自分にとってメリットがあるの?10個の特典をわかりやすく紹介

プライム会員であれば”実質無料”で映画が見放題になるプライムビデオの凄さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑