Pixel3の付属品「Pixel USB-C イヤフォン」レビュー。スマホを操作しなくても通知の確認、Googleアシスタントが便利!


公開日: 

Pixel3を購入すると付いてくる「Pixel USB-C イヤフォン」は音楽を聴くだけでなく、LINEやGmailなどのメッセージが届いたときにスマホを確認することなく音声で誰からどのような内容のメッセージが届いているかを確認できたり、「オーケーグーグル」と言わなくてもGoogleアシスタントが起動できるなど様々な機能を搭載しています。

なぜ今の時代にワイヤレスじゃなくて有線のイヤホンなんだろう?という疑問もありますが、製品自体はものすごく良いものです。


 



 

Pixel USB-C イヤフォンの仕様

Pixel USB-C イヤフォンは非常にシンプルで、ボタンはボリューム大・小、Googleアシスタントを起動する黒いボタンの3つです。

 

イヤホン部分はワイヤーを調整して自分の耳にフィットするように自由に調整でき、ここまで伸ばすことができます。こんなに耳が大きい人はいませんが…

 

このように耳の内側にフィットするような長さに調整します。

 

 

Pixel3のUSBポートに直挿しで使用する

Pixel USB-C イヤフォンはUSBポートに挿して利用するタイプの有線イヤホンのため、このイヤホンを使用しているときは充電ができません。

このようなイヤホン端子とUSBポートが付いているアダプタを使用すれば充電しながらPixel USB-C イヤフォンを使うこともできますが、あまりスマートではありません。

 

初めてPixel USB-C イヤフォンを挿し込むと初期設定画面が表示される

Pixel USB-C イヤフォンをPixel3に挿し込むとイヤホンの初期設定画面が表示されます。

 

「ボリューム大」を長押しすると、音声通知から通知バーに表示されている通知を音声で確認することができます。

 

そして、その対象のアプリを選ぶことができます。

 

設定はホームボタン長押しで変更可能

もし設定を間違ったり、もう一度やり直したいときはPixel USB-C イヤフォンを接続した状態でホームボタンを長押しするとGoogleアシスタント内に「ヘッドフォンの設定」が表示されます。

 

Pixel USB-C イヤフォンでできること

音楽を聴く以外でPixel USB-C イヤフォンでできることは以下の3つとなります。

 

「ボリューム大」長押しで通知の確認

通知が無い状態でボリューム大を長押しすると現在時刻を教えてくれ、Gmailが届いているときは送信者名や件名を音声で教えてくれます。

特にGmailやLINEなどに関しては画面を見ることなく誰からどのような内容のメッセージが届いているかを確認できるため、スマホをバッグやポケットから取り出さなくても良いのは非常に便利です。

 

ボタンを押しながら話しかけてGoogleアシスタントが使える

黒いボタンを押しながら「今日の天気」や「今日の予定」などと発すると現在地の天気予報やGoogleカレンダーに登録されている予定を教えてくれたり、「ここから◯◯駅まで」と発するとどのような何時のバスや電車に乗るとどれくらいの時間で到着するなども教えてくれるGoogleアシスタントを使うことができます。

Googleアシスタントを良く利用している方であればおわかりだと思いますが、Googleアシスタントを起動するには「ホーム画面長押し」か「オーケーグーグルと発する」かの2つの方法しかありませんが、このイヤホンを使うことで最も簡単にGoogleアシスタントを起動することができます。

特にオーケーグーグルと言わなくて良いのは非常に便利です。

※Pixel3は本体の下部分をギュッと握るとGoogleアシスタントを起動する機能もあります。

 

自分の言葉を英語などにリアルタイム翻訳してくれる

黒いボタンを押しながら「英語に翻訳して」と発するとGoogle翻訳アプリが起動して、黒いボタンを押しながら日本語を話すと画面上に英語で表示され、翻訳された文章を音声で読んでくれます。(読まれた文章はスピーカーから音ができます。)

そしてまたボタンを押しながら話して…の繰り返しをすると自分の発した言葉を好きな言語に翻訳してくれるというものですが、この機能に関しては自分の声のみを翻訳して相手に伝えるという仕様になっているため、双方向の翻訳機としては使えません。

イヤホンを使わずにGoogle翻訳アプリを使うと、話している言語を自動認識してくれるので双方向の翻訳機として使うのであればPixel USB-C イヤフォンは使わない方が断然いいです。

そのため、Pixel USB-C イヤフォンを使っての翻訳はあまり実用性はありません。

Pixel USB-C イヤフォンに付いているマイクでは相手の人の声までは拾わないため自分の声しか翻訳できないのでしょう。

また、画面がロック時に(画面が暗い状態)「英語に翻訳して」と発しても画面が暗い状態のままなので自分でロック解除して画面を表示する必要があります。

 

 

音質は普通、フィット感はかなりいい

最後に音楽を聴いているときの黒いボタンの仕様について紹介します。

●曲の再生時に黒いボタンを押すと一時停止・再生の切り替え

●ダブルで押すと次の曲へ

●トリプルで押すと前の曲に戻る

 

音質に関してですが、至って普通です。Googleストアでは「24 ビット デジタル オーディオのクリアなサウンドを心ゆくまでお楽しみください。」と音質に関しても言及されていますが、めちゃくちゃ音が良いとは感じません。

もちろん悪くはありませんが、SONYのハイレゾ対応イヤホンと比べると全然ですね。

関連:ハイレゾ&ノイズキャンセリングに対応しているSONY製1万円のイヤホンに驚愕した

ただし、カナル型のイヤホンは外れやすいのが欠点ですが、Pixel USB-C イヤフォンはワイヤーの調整で自分の耳に合わせることもできるため歩いていても走っていても耳から外れることはありません。

音質はそれほどではありませんが、スマホを見なくても通知が確認できたり、Googleアシスタントが使えるという意味では非常にいいデバイスです。

ちなみにPixel3以外のUSB Type-Cを搭載したスマホ(Xperia XZ1を使用)ではイヤホンとしては認識しなかったため、このイヤホンはPixel専用ではないかと思われます。

Pixel USB-C イヤフォンはGoogleストアで購入することも可能です。(3,456円)

Google Pixel USB-C™ イヤフォン|Googleストア

 

関連記事

Pixel3(SIMフリー版)開封の儀(同梱物はこちらで確認してください)

Pixel3を便利に使うために持っておきたいおすすめのアクセサリーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑