Pixel3でのGooglePayの使い方-Suicaのチャージ方法やポイントカードも登録すると便利!


公開日:  最終更新日:2018/11/08

GooglePayの便利な点はSuicaや楽天Edyなどの電子マネーが1つのアプリで管理できる点です。

GooglePayを使わずSuicaを利用する場合、Suicaのアプリをインストールするなど個別で会員登録も必要になりますが、GooglePayではそれらのサービスを一括で管理できるためチャージするためのクレジットカードの登録もGooglePayだけに登録するだけでOKです。

また、ポイントカードもGooglePayに登録することができるため、買い物時にポイントを貯めるためにわざわざカードを財布から探す必要もありませんし、たくさんのポイントカードを持ち歩く必要も無くなります。




GooglePayの基本

まずはGooglePayってどんなことができるの?という方のためにGooglePayの基本的なことを紹介します。

GooglePayを簡単に言うと「おサイフケータイ」のことなのですが、これまでのおサイフケータイはSuicaを使う場合にはSuicaの登録・アプリのインストールが必要になり、WAONを使うときも同じくWAONの登録・アプリをインストールが必要になるなど、個別の登録とアプリのインストールが必要になっています。

支払いのたびにアプリを立ち上げる必要は無いので支払い時に煩わしさはありませんが、アプリが別々になる煩わしさ(チャージをするときなど)がありました。

一方でGooglePayは初回の登録こそ個別(GooglePay内で登録できます)になりますが、GooglePayのアプリ内でSuicaやWAONなどを管理できるためクレジットカードの登録はGooglePayだけで構いません。

つまりSuicaやWAONなどのアプリを個別でインストールしなくとも、GooglePayだけで一括管理できるアプリということです。

また、支払い時には「GooglePayでお願いします」と店員さんに伝えるのではなく、GooglePay内で使用している電子マネーの名前(「Suicaでお願いします。など」)で伝える必要があります。※支払い方法はおサイフケータイと同じ。

GooglePayの残念な点として機種変更時には各アプリをインストールし、個別で機種変更手続きをしなければいけないという仕様になっている点ですが、それがGoogleアカウントですべての電子マネーが管理できるようになればもっとスマートになるので、その辺りは今後に期待したいところです。

 

GooglePayで使用できる電子マネーは5種類

GooglePayで利用できる電子マネーは以下の5種類となります。

●Suica

●nanaco

●楽天Edy

●WAON

●QUICPay

Suica、nanaco、楽天Edy、WAONに関しては登録しているクレジットカードからあらかじめチャージしておく必要がありますが、QUICPayに関しては対応しているクレジットカードから直で支払いとなるためチャージの必要はありません。

 

オンラインの決済にも使用できる

GooglePayはコンビニや改札を通るときなどにピッとかざして決済ができるだけでなく、対象のサイトやアプリで買い物やサービスの支払いをする際にGooglePayを選んで支払いができます。

GooglePayが対応していなければそのサイトやアプリごとにクレジットカードを登録する必要がありますが、GooglePayを選ぶことでクレジットカードを登録するのはGooglePayだけでよくなるため、クレジットカード番号の流出などのトラブル軽減にも役に立ちます。

ただし、現在はオンライン決済でGooglePayを使えるサービスは非常に少ないのでまだまだと言ったところですが、GooglePayが普及していけばオンラインの決済も非常に楽になるでしょう。

 

GooglePayにクレジットカードを登録する

まず各電子マネーにチャージをするためのクレジットカードを登録する必要がありますが、PlayストアやGoogleストアに登録しているクレジットカードはGooglePayにすでに登録されています。

新規でクレジットカードを登録するには「支払い」→「お支払い方法」

 

クレジット/デビット/プリペイドを選び、クレジットカードを撮影するか直接番号を入力して追加します。

 

GooglePayに電子マネーを追加してチャージする方法

クレジットカードの登録ができたら次に使用したい電子マネーが使えるように設定します。

支払い→お支払い方法

 

電子マネー

 

好きな電子マネーを選択して同意する

 

メールアドレス・パスワード、秘密の質問などを入力して次へ進むと完了(電子マネーによって入力内容は若干異なります)

 

 

チャージ

 

チャージしたい金額を入力してチャージする

 

入力した金額が表示されていればチャージ完了となります。

 

QUICPayを使いたい場合

QUICPayはチャージがなく直接クレジットカードから引き落とされるため、クレジットカードを非接触型決済用に設定すると使えるようになります。

 

また、QUICPayで使用できるのはJCBカード、JACCSカード、kyash(ウォレットアプリ)の3つとなります。

 

 

店舗でGooglePayを使う方法

GooglePayを使って支払いをする際には、どの電子マネーを使用するかを店員さんに伝えてリーダーにかざすだけです。

ここでいちばん大切なことはNFCをONにしておく必要があり、OFFになっていると認識されないので必ずNFCをONにしておきましょう。

NFCをONにするには設定→接続済みの端末→接続の設定→NFCをON

 

GooglePayにポイントカードを登録する方法

GooglePayには電子マネーだけではなく、ポイントカードも登録できるようになっています。

ポイントカードを登録しておけばポイントを貯めるときにカードを出す必要が無くなるため、たくさんのポイントカードを持ち歩かなくてもよくなります。

パス→パス

 

ポイントプログラム

 

追加したいポイントカードを選択

 

カメラが起動するのでバーコードを読み込むとこのように会員番号とバーコードが登録されます。買い物時にポイントカードはありますか?と聞かれたときにこの画面を表示してバーコードを読み取ってもらいましょう。

 

 

最後に

Pixel3でGooglePayが使えるようになったからと言って画期的なことではありませんが、格安SIMを利用している方であれば大変嬉しい機能になります。

と言うのも、格安SIMを利用している方は格安スマホを使うことがほとんどなのですが、おサイフケータイが利用できる格安スマホはかなり機種が少なく、Pixel3のようにハイスペックなスマホでおサイフケータイが利用できる機種はほとんどありません。

そのため格安SIMを利用している方で、どうしてもおサイフケータイを使いたいという方にとってはものすごくありがたい機能になりました。

また、決済だけでなくポイントカードが追加できるというのも嬉しい点ですね。

ポイントカードをたくさん持っている方であれば買い物のたびにカードを探す面倒も無くなりますし、GooglePayに対応しているポイントカードも多いので、たくさんのポイントカードを持ち歩く必要が無くなり財布もスマートになるのではないでしょうか?

 

関連記事

Pixel3の付属品「Pixel USB-C イヤフォン」レビュー。スマホを操作しなくても通知の確認、Googleアシスタントが便利!

Pixel3の初期設定方法-旧スマホからのデータ移行もクイック スイッチ アダプターで超絶簡単!

Pixel3を便利に使うために持っておきたいおすすめのアクセサリーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑