ケーブル類一切不要!iPhone、Androidすべての機種を同時に3台まで充電できるモバイルバッテリーレビュー


公開日: 

今や必需品となったモバイルバッテリーですが、充電をするにはモバイルバッテリーはもちろん、スマホと繋ぐケーブルも持ち歩かなければいけません。

また、AndroidとiPhoneでは端子が異なるため、2台持ちの場合は2つのケーブルを持ち歩かないといけないのですが、今回紹介するモバイルバッテリーはiPhone、そしてAndroidではUSB Type-C、MicroUSB両対応ということで3つのケーブルが備えている製品のため、ケーブルを一切持ち歩く必要がありません。

3つの機種を同時に充電できるケーブル内蔵モバイルバッテリー

今回紹介するモバイルバッテリーはバッテリー容量10000mAhで、Amazonの商品ページにはiPhone7を約5回充電できると記載されていますが、実際は3回が目安となります。

 

表はシンプルに電源ボタンのみです。スマホを接続すると自動的に電源がONになるため、切るときくらいしか使いません。ちなみに電源を切る方法は電源ボタンを2回押しです。

 

そして裏にはコンセントに直接挿すことができるプラグが内蔵しているため、モバイルバッテリーを充電するときもケーブルは必要ありません。また直接コンセントに挿すことができない場合でもMicroUSBケーブルを使って本体を充電することも可能です。

 

モバイルバッテリーのバッテリー残量は表面の4段階のランプで確認します。

 

ケーブルは角にはめ込まれているので、爪で引っ掛けて取り出します。

 

ケーブルはiPhoneを充電するLightningケーブル、Androidで最近主流のUSB Type-Cケーブル、そしてMicroUSBケーブルの3のタイプに対応しているため、現在販売されているスマホはすべてこのモバイルバッテリーで充電が可能です。

 

サイズは厚さがスマホの約2倍、縦の長さが若干スマホよりも大きくなっています。重量は300gとなっています。

 

 

急速充電可能

急速充電に対応している機種の場合、このように「急速充電中」と表示され、約15分で20%充電できました。(Pixel3の場合)

 

 

同機種を2台同時に充電も可能

ケーブルはLightning、USB Type-C、MicroUSBの各1種類のみですがUSBポートが付いているため、例えばLightningケーブルをここに挿すことでiPhoneを2台同時に充電することも可能になります。

 

充電は同時に3台まで

ケーブル3本とUSBポートにケーブルを挿すことで4本のケーブルが利用できるようになりますが、同時に充電できるのは4台接続してもUSBポートから接続しているスマホは充電されません。

 

デメリット:iPhoneやMicroUSBのスマホの充電はピッタリ重ねられない

LightningケーブルとMicroUSBのケーブルは横に付いていて、ケーブルが短いためモバイルバッテリーとスマホ本体をぴったり重ねる事ができないため、上がちょっとはみ出てしまいます。ポケットに入れるときにはちょっと残念な仕様ですね。

ちなみにUSB Type-Cケーブルは上にあるため、USB Type-C対応のスマホであれば、ぴったり重ねることが可能です。

 

最後に

3つのケーブルが内蔵されているというのは非常に便利です。

しかもモバイルバッテリーの充電もコンセントに直挿しできるので、ケーブルが一切必要ありません。

よくモバイルバッテリー貸してと言われることがあるのですが、「iPhone用のケーブル持って来てないから充電できない…」という残念なことがよくあったので、このモバイルバッテリーであればこれを持っているだけでどの機種も充電できます。

旅行のときなどはケーブルをたくさん持っていると、ホテルに忘れてきたりということもありますが、これならその心配もありません。

また、今はAndroidでもUSB Type-CとMicroUSBの2つがあるので、すべてのケーブル持って出歩くのは面倒ですし、失くす可能性もあるので、このモバイルバッテリーのようにできるだけ持ち物を少なくできるというのはなかなか考えられていて、良い製品だと思います。

価格はAmazonで約3,800円と10000mAhのモバイルバッテリーとしては500~1000円ほど高いですが、ケーブルを買う必要も無いですし、ケーブルを別途持ち歩く必要もない便利さに比べれば安いものですね。

 

関連記事

完全ワイヤレスイヤホン「PZX Bluetoothイヤホン」のペアリング方法と使ってみた感想

外出先からエアコンやテレビの操作ができるeRemote miniの設定方法とレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑