最大100インチの大画面で映せる極小プロジェクター「Anker Nebula Capsule」が凄すぎる!


公開日:  最終更新日:2019/01/07

一般的なプロジェクターはスマホやPCを線で接続し壁に映し出しますが、今回紹介する「Anker Nebula Capsule」というプロジェクターはAndroid7.1を搭載しているため、スマホを使わなくてもAnker Nebula Capsule単体で利用できます。

Anker Nebula CapsuleにプライムビデオやNetflixなどのアプリをインストールして、付属のリモコンを使って壁などに投影するというプロジェクターです。

サイズも350ml缶と同サイズで約470gとかなり軽量ながら最大100インチまでの大きさで投影でき、しかもBluetoothスピーカーとしても利用可能です。

また、5200mAhという大容量バッテリーを搭載し、映画であれば約4時間、音楽の再生だけであれば約30時間の利用が可能と、持ち運びにも優れたプロジェクター&Bluetoothスピーカーとなっています。

 

Anker Nebula Capsuleの内容物紹介

 

・Anker Nebula Capsule本体

・リモコン(電池付き)

・ACアダプター

・MicroUSBケーブル

・持ち運び用ポーチ

・マニュアル

・USBメモリの中に入っている画像や動画を再生するためのケーブル

・クロス

 

Anker Nebula Capsuleの操作はリモコンアプリをインストールして操作も可能ですが、やはりリモコンの方が操作はやりやすいといった印象です。

周辺機器を購入しなくても付属品のみで利用は可能ですが、このようなミニ三脚があると壁の上や天井など角度をつけて投影ができるので、ミニ三脚は一つ持っておくと便利です。

 

Anker Nebula Capsuleデザイン

正面にはレンズ

 

上部には電源ボタン(2秒押し続けてON・OFF)、ボリューム大・小、そしてBluetoothスピーカーとして利用する際の「スピーカーモード」と映像を投影する「プロジェクターモード」の切り替えボタンがあります。

 

サイドに付いたダイヤルは画面に投影したときにピントを合わせるときに使用します。

 

MicroUSBポートは本体の充電に、HDMIポートにはブルーレイプレイヤー、Nintendo Switch、PlayStation4などHDMIケーブルを使用している機器を接続することで投影が可能になります。

大きな画面でブルーレイを見たりゲームをしたいときに便利です。またNintendo Switchのように小型のゲーム機を旅行などで持ち運ぶときも旅行先で遊ぶこともできて便利です。

 

底面には三脚穴があります。角度をつけて投影する際には三脚がないと厳しいので一つ持っておいた方が良いと思います。

 

Anker Nebula Capsuleでできる6つのこと

Anker Nebula Capsuleはただのプロジェクターではなく、Bluetoothスピーカーとしても利用できたり、Android7.1を搭載しているということもありアプリをインストールすることでできることが増えるという多機能なデバイスとなっています。

①Anker Nebula Capsuleにアプリをインストールして映画などを壁に投影する

②スマホの画面をそのまま壁に投影する(スマホのミラーリング)

③ブルーレイプレイヤーやNintendoSwitchなど外部機器を接続して壁に投影する

④USBメモリに入っている画像や動画を壁に投影する

⑤Bluetoothスピーカーとして利用する

⑥ゲームアプリをインストールしてゲームを遊ぶ

 

①Anker Nebula Capsuleにアプリをインストールして映画などを壁に投影する

アプリのインストールは◯◯から行うのですが、現時点で映画・ドラマなどの動画を見るために使えると感じたアプリはプライムビデオ、Netflix、YouTubeです。

それ以外のアプリは海外の知らないアプリが多いといった印象です。

 

②スマホの画面をそのまま壁に投影する(スマホのミラーリング)

スマホのミラーリングとはスマホの画面をそのまま投影する方法です。

スマホ内にあるプレゼンテーションファイルなどを壁に投影しながらプレゼンしたり、写真や動画を映したり、Anker Nebula Capsuleが対応していない動画アプリをミラーリングで投影することも可能になります。

ミラーリングのみに対応している動画アプリ

・FOD

・AbemaTV

・niconico

・TVer

・SHOWROOM

・LINE LIVEなど

 

ただし、ミラーリングはスマホの画面をそのまま映すため、スマホの画面を暗く(ロック)すると何も映らなくなります。

そのため動画のミラーリング中は他のことはできなくなり、バッテリー消耗してしまうというデメリットもあります。

 

③ブルーレイプレイヤーやNintendoSwitchなど外部機器を接続して壁に投影する

Anker Nebula CapsuleにはHDMI端子が付いているため、ブルーレイプレイヤーやゲーム機などを接続することも可能です。

 

④USBメモリに入っている画像や動画を壁に投影する

Anker Nebula Capsuleに付属しているアダプターを使うことでUSBメモリ内のデータを投影できます。

 

⑤Bluetoothスピーカーとして利用する

Bluetoothスピーカーとしても利用できるため、Anker Nebula Capsule1つで2役できるというのがこのデバイスの特徴ですね。

また、音楽の再生だけであれば約40時間再生できるという、電源ケーブルがいらないというのも嬉しい点です。

 

⑥ゲームアプリをインストールしてゲームを遊ぶ

一応ゲームアプリもあるためゲームも可能ですが、断然スマホのゲームアプリの方が断然クオリティが高いので、Anker Nebula Capsuleのゲームアプリをインストールして遊ぶということはほとんど無いと思います。

 

 

Anker Nebula Capsuleのデメリットは対応アプリが少ないこと

日本で利用できる有名な動画配信サービスではhulu、dTV、U-NEXTなどに対応していません。

現時点で使えると感じたアプリはプライムビデオ、Netflix、YouTubeのみです。対応アプリは非常に多いのですが、海外のアプリが多く日本では馴染みがないアプリばかりでした。

プライムビデオとNetflixユーザーにとっては問題ありませんが、せめてhuluとdTVには今後対応してもらいたいものです。

Anker Nebula Capsule未対応アプリ(2018年12月12日時点)

・hulu

・dTV

・U-NEXT

・ビデオパス

・dアニメストア

 

大画面で映画を投影し、Bluetoothスピーカーに接続して大迫力の映像を楽しむことも可能

投影できるサイズでは上の画像のように壁いっぱいまで可能です。自宅でこれくらいの大きさで見るとやはり迫力が違いますね。

また、Anker Nebula Capsuleをプロジェクターモードにしているときは外部のBluetoothスピーカーに接続することも可能です。

Anker Nebula Capsuleのスピーカーでも音量を最大まで上げるとうるさいくらい大きな音が出るのですが、小型ということもあり、やはりちゃんとしたBluetoothスピーカーに比べると低音の迫力が全く違います。

そのため、大きな映像で迫力のある音で映画を楽しみたいという場合にはBluetoothスピーカーも必要になります。

おすすめのスピーカーはこちら

テレビ・Bluetooth・プロジェクターと接続できる高音質スピーカー「Bose Solo 5 TV sound system ワイヤレスサウンドバー」の設定方法とレビュー

 

キャンプにも使える

Anker Nebula Capsuleはバッテリーを内蔵しているため、電源ケーブルが必要ありません。

もし充電が無くなったとしてもモバイルバッテリーを使って充電できるためキャンプ時の利用も便利です。

映像を投影する布さえあれば映像を映すことができますし、プライムビデオであれば映画のダウンロードもできるため、キャンプに行く前に映画をダウンロードしておけばキャンプ先でネットに接続する必要もありません。

これまではスマホで映画を見ることはあっても、キャンプにプロジェクターを持っていくという発想はありませんでしたが、これだけ小さいプロジェクターですので、キャンプ時にも大きな画面で映画を見るという選択肢ができます。

また、周りにたくさんキャンプをしている人が多い場合でも、Bluetoothのイヤホンに接続をすることで周りに迷惑をかけずに映画を楽しむことも可能です。

おすすめのモバイルバッテリーはこちら、Anker Nebula Capsuleを約1.5回充電できます。

ケーブル類一切不要!iPhone、Androidすべての機種を同時に3台まで充電できるモバイルバッテリーレビュー

 

最後に

Anker Nebula Capsuleのメイン機能は「映像を大画面で映すこと」と「Bluetoothスピーカーとして音楽を聴く」の2つです。

現時点で大手の動画見放題サービスはプライムビデオとNetflixしか対応してないという弱点もありますが、自宅や外出先で大きな画面で映画を楽しみたい方やBluetoothスピーカーを欲しかったという方にはおすすめです。

この小ささで、こんなに大きな画面で映画を見れ、Bluetoothスピーカーとしても利用できるというプロジェクターは他には無いのではないでしょうか?

 

関連記事

ケーブル類一切不要!iPhone、Androidすべての機種を同時に3台まで充電できるモバイルバッテリーレビュー

新型FireTV Stick 4Kは4K・Alexa・テレビの操作にも対応しさらに進化!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑