Amazon Echoでできること。スキルを追加することでさらにできることが増えていきます。


公開日:  最終更新日:2018/12/16

音声操作で様々なことができるスマートスピーカーはGoogleの「Google Home」やLINEの「LINE Clova」、そして今回紹介するAmazonの「Amaon Echo」などがあります。

これらのスマートスピーカーでできることは基本的に同じなのですが、Amazon EchoはAmazonが製造・販売するスマートスピーカーということもあり、音声で買い物をするといった独自の機能も存在します。

それではAmazon Echoでできることと、できることを増やすことができるスキルについても紹介したいと思います。

Echo Dot(第三世代)のデザインと仕様について

Echo Dotには電源ボタンは無く、コンセントに接続することで電源が入る使用になっています。

そして本体上部にはボリュームの「+・ー」、「マイクオフ」、アレクサと発言しなくても音声を認識させる「アクションボタン」があります。

 

側面には付属のACアダプターを接続するポートと、外付けのスピーカーにAUXケーブルで接続できるAUXオーディオ出力端子があります。

ただしEcho DotはBluetoothスピーカーとワイヤレスで接続することも可能なため、その場合はAUXケーブルは必要ありません。

 

 

Amazon Echoでできること

現在Amazon Echoシリーズは、お手頃価格でコンパクトサイズの「Echo Dot」、高機能スピーカー搭載の「Echo」、コンパクトなモニター付きの「Echo Spot」、大画面モニター付きの「Echo Show」の4製品があります。

基本的にどの製品もできることは同じですが、モニター付きの「Echo Spot」と「Echo Show」に関して音声だけでなく画面にも表示できるということで、画面からの情報が得られ、プライムビデオなど映画の再生も可能になるという違いがあります。

 

ニュースや天気を確認する

「アレクサ 今日のニュースを教えて」…最新のNHKニュースを聞くことができます

「アレクサ 今日の天気は?」…現在地点での天気予報を聞くことができます

 

リマインダーやタイマーをセットする

Amazon Echoは音声で操作できるため、料理中に時間を図りたいときなどに非常に便利です。

「アレクサ 今日の17時に買い物行くリマインダーをセットして」

「アレクサ 5分後にタイマーをセットして」

 

音楽を再生する

最も使用頻度が高いのは音楽の再生では無いでしょうか?プライム会員であれば約100万曲が聴き放題になるAmazon Musicが無料で利用できます。

「アレクサ マイケル・ジャクソンの音楽を再生して」と話すとAmazon Musicの曲リストからランダムでマイケル・ジャクソンの曲を再生してくれます。

また、Amazon Musicは曲数が非常に少ないため、聴きたい曲があまりなかったという場合には約4000万曲が月額980円で聴き放題になる「Amazon Music Unlimited」というサービスもあり、こちらのサービスに加入していればAmazon Music Unlimitedの中から曲が選択され、再生されます。

 

audibleで購入した音声書籍を再生する

Amazonには本を聞くことができる「audible」というサービスがあり、audible対象の本を購入するとAmazon Echoのスマホアプリ内に購入した本が表示されAmazon Echoでその本の朗読を聞くことができます。

家事など、何かをしながら本を聞くことができるので意外と便利です。

 

スケジュールを確認する

Amazon Echoアプリのカレンダーという項目にGoogleアカウントでログインすることで、Googleカレンダーに登録している予定を聞くことができます。

呼び出しは「アレクサ 今日(明日)の予定を教えて」です。

 

Amazonで買い物をする

プライム会員限定ですが、「アレクサ(商品名)を注文して」と言うとAlexaから注文確定の確認を求められるので「はい/いいえ」で答えて注文することができます。

また、カートに入れてあとでスマホやPCで確認して注文したい場合には「アレクサ(商品名)をカートに追加して」で可能です。

 

スポーツの結果や試合予定を確認する

Jリーグやプロ野球の試合予定や試合結果を聞くことができます。

 

アレクサに質問する

アレクサに「5+3は?」のような計算をしてもらったり、現在時刻を聞いたり、ジョニー・デップは何歳?などと小さな疑問に答えてくれます

 

対応家電を操作する

Alexaに対応している家電で一般的に知られている家電でAlexaに対応しているのは「ルンバ」ですが、「掃除の開始、停止、再開、ホームベースに戻る」などを音声で操作できます。

また、普通の家電(ライト、換気扇、扇風機、ヒーターなど)をAlexaに対応させるにはこのようなスマートプラグを使用します。

 

提携アクションを追加する

提携アクションとは、事前に特定のワードを登録し、そのワードを言ったときにどのようなことをして欲しいのかをあらかじめ設定しておくことができます。

例えば「アレクサただいま」と登録し、ただいまと言うと「部屋の電気を付ける」や「音楽を再生する」などといったようなことです。

この設定はAmazon Echoのスマホアプリで行います。

 

アレクサと遊ぶ

Alexaになぞなぞを言ってもらったり、オヤジギャグを言ってもらったり、じゃんけんをしたり…などAlexaと遊ぶことができます。

 

スキル(アプリ)を追加してできることを増やす

Amazon Echoには日々「スキル」と呼ばれるアプリのような物が追加され、できることが増えていっています。

スキルの追加はAmazon Echoアプリから行うか、こちらのページからでも可能です。

 

おすすめのスキル

▶ピカチュウトーク

ピカチュウと会話することができます。当然何を言っているかわかりませんが、ただただかわいいピカチュウの声を聞くことができます。

ピカチュウトークを追加する

 

▶Yahoo!ニュース

「アレクサ Yahoo!ニュースを開いて」と言うとYahoo!の最新ニュースを聞くことができます。

Yahoo!ニュースを追加する

 

▶銀行口座の残高を確認する

みずほ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行などのスキルを追加し、自分のアカウントとリンクすることによって銀行口座の残高や出入金履歴を確認することができます。

同じ部屋に人がいるときはあまり使えませんが、銀行残高をよく確認してる人には結構便利な機能ではないでしょうか?

みずほ銀行を追加する

三井住友銀行を追加する

ジャパンネット銀行を追加する

 

▶カラオケJOYSOUND

スマートスピーカーとカラオケはかなり相性がいいです。カラオケ好きな方はぜひスキルを有効にしておきましょう。

カラオケJOYSOUNDを追加する

 

▶アルクの英語クイズ

英語を勉強できるスキルも多く用意されていて、その中でもアルクの英語クイズやアルクの英語入門がおすすめです。

やはり英語は文章を見るだけでなく、発音を聞くことが大事なので、英語勉強もスマートスピーカーとは相性がいいですね。

アルクの英語入門を追加する

アルクの英語クイズを追加する

 

最後に

Amazon EchoとGoogle Homeは基本的にできることは同じですが、Amazon Echoはスキルを自分で追加できるため、どんな機能が追加されたのか?どんな機能を自分で有効にしたかがわかりやすくなっています。

Amazon Echoを買ったのは良いけど、どんなことができるのかわからない…という場合にはAlexaスキルのページを開いて面白そうなスキルを追加してみましょう。

そのスキルの起動の仕方もそのページに書かれているので、これでAmazon Echoで何ができるのかは一目瞭然です。

 

関連記事

外出先からエアコンやテレビの操作ができるeRemote miniの設定方法とレビュー

最大100インチの大画面で映せる極小プロジェクター「Anker Nebula Capsule」が凄すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑