Google Nest Hubの初期設定方法と使ってみた感想


公開日: 

Google Nest hubは音声で電気を点けたり、スケジュール・天気・ニュースなどを確認できるだけなく、ディスプレイが付いているためYouTubeなどの動画も再生することができます。以前から発売されていたスマートスピーカー「Google Home」にディスプレイが付いたことによって、できることに幅が広がりました。

それではGoogle Nest Hubの初期設定方法と便利な使い方、そして使ってみた感想を紹介してい着たいと思います。

 

Google Nest Hubのデザイン

箱の中にはNest Hub本体とACアダプタ、そしてNest Hubを設定するために必要なアプリをダウンロードできるカードが入っています。

 

背面左にはボリュームボタン、上部にマイクON・OFFスイッチ、右下にACアダプタの差込口があります。

 

底面はゴム仕様になっていて滑りにくくなっています。

 

ディスプレイ上部中央に周りの明るさによって画面の明るさを調整してくれるセンサーと左右にマイクが内蔵されています。

 

Google Nest Hubの初期設定方法

Nest Hubはスマホに「Google Home」というアプリをインストールし、そのアプリで設定を行います。

Nest HubのACアダプタをコンセントに差し込むと自動で電源が入ります。なおNest Hubに電源ON・OFFのボタンはありません。

 

アプリを起動し「追加」

 

デバイスのセットアップ

 

家にある新しいデバイスをセットアップ

 

 

どこで使用するかを選択し、次へ

 

 

 

Google Nest Hubが見つかったらタップして次へ。

もしここで見つからない場合はスマホがWi-Fiに接続できていない可能性がありますので、スマホがWi-Fiにつながっているかどうかを確認しましょう。

 

 

 

このNest Hubをどの部屋で使うかを選択します。

Nest Hubを2つ以上同じ家で使う場合はどの部屋にどのNest Hubを置いているかを把握しておく必要がありますが、1つの場合はここは重要ではありません。

 

 

次にWi-Fi接続画面が表示されるので、スマホが接続されているWi-Fiスポットを選ぶとNest Hubは下の画像のように更新を始めます。

 

「オーケーグーグル」と3回発して自分の声をNest Hubに覚えてもらいます。

 

住所を入力すると、その地域の天気予報やGoogleマップを使って目的地までの行き方や所要時間などを表示してくれます。

ただし、すでにGoogleアカウントに住所を登録している場合は自動的に住所が入力されています。

 

Nest Hubで使用する音楽サービスを選択します。なお、Nest Hubを購入するとYouTube Music Premiumが3ヶ月無料で利用できます。

 

次へをタップすると設定が完了し、Nest Hubの画面にはチュートリアルが表示されます。

 

 

Nest Hubの基本的な使い方

Nest Hubは画面を一度タッチして、左右にスワイプすると左から時計、おすすめの動画や音楽(履歴なども含む)、Nest Hubでできることを調べる画面が表示されます。

 

 

上から下にスワイプすると「おはよう」と言ったら今日の天気とスケジュールとニュースを表示してくるなどのルーティーンの設定やChromecastやGoogle Homeなど他にこの家で接続されているデバイスを確認できるデバイスなどを確認できます。

 

下からスワイプすると画面の明るさや音量の調整などができますがこれらは「オーケーグーグル 音量を上げて」などと音声で操作可能です。

 

Nest HubでできることはGoogle Homeとほぼ同じで「オーケーグーグル」の後に質問すると音声で返ってくるのですが、下の画像のようにNest Hubはディスプレイに結果を表示してくれます。

例えばJリーグの結果を調べるとスコアの右側にYouTubeにアップされているハイライト動画も表示されるので、それをタップしてハイライトを見ることができます。

 

料理中に音声で操作できるのがめちゃくちゃ便利!

やはりNest Hubの最も優れているところは画面で確認できるというところで、画面にタッチすることなくレシピを表示してくれます。

例えば「オーケーグーグル 肉じゃがの作り方を教えて」と言うとクックパッドやkurashiruなどに掲載されている肉じゃがの作り方が表示されるので、ここに表示されているタイトルをオーケーグーグルの後に読み上げるとそのレシピが表示されます。(例:オーケーグーグル 基本の肉じゃが)

 

「オーケーグーグル 料理を開始」で次に進みます。

 

一つのステップが終わったら「オーケーグーグル 次のステップ」で次の工程へ進みます。

 

タッチしてももちろん大丈夫なのですが、料理中は手が濡れていることがほとんどなのでこのように音声だけで操作できるのは非常に便利です。

ただ、毎回「オーケーグーグル」と言わないといけないのはちょっと面倒でした。

 

Chromecastと同じ使い方で動画の再生も可能

Nest Hubを音声で操作し動画を再生する場合、YouTubeにアップされている動画がメインになるのですが、YouTubeにアップされている動画を音声で探すのはちょっと難しいものがありますが、そんなときに便利なのがスマホのキャスト機能です。

スマホで再生したい動画を探し、右上のキャストアイコンをタップしNestHubを選択するとNestHubにその動画が表示されます。

 

Nest HubにキャストできるのはYouTubeだけでなく、hulu・Netflix・dTV・DAZNなどChromecastに対応しているアプリであればNest Hubに映し出すことができるので、タブレットサイズで動画を楽しみたい方にもおすすめです。

 

最後に

Google Nest Hubの残念な点は「バッテリーを搭載していない」「ディスプレイの角度が変更できない」の2点です。

特ににバッテリーを搭載していないという点に関しては結構不便で、別の場所に持っていくたびに電源を外して差し込んでの繰り返しになります。

そもそもNest Hubは一定の場所で使うことが前提のためそのような仕様になっているのですが、電源コードを接続していない状態でも使えるようになるともっと便利なのになぁ…と感じました。

ただ、動画をスマホで見ていたけどもう少し大きな画面で見たかったという場合には便利ですし、やはり画面があるのとないのでは、画面がある方が当然ですが断然わかりやすく便利なのでGoogleHomeを持っているけど音声だけで返ってくるのでちょっと確認しづらかったという方にもおすすめです。

Google Homeは11,340円、Google Nest Hubは15,120円とGoogle Nest Hubの方が約4,000円高いですが、これからどちらを買おうか悩んでいる方には画面付きのGoogle Nest Hubの方をおすすめします。

 

関連記事

Google Homeレビュー。スピーカーとしても優秀、対応家電が増えればさらに便利になる

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑