Pixel4はカメラがとにかく凄い!望遠レンズを追加し星空撮影も可能に


公開日:  最終更新日:2019/10/18

Pixel3はハード面ではそこそこでしたがAI技術(ソフトウェア)が凄いため、広角レンズが1つでもズームしても画質が落ちることもなく自然な背景をぼかした写真が撮れていました。

また、高性能スマホではRAMは6GBが一般的でしたが、Pixel3では4GBと少なめにも関わらず、こちらもソフトウェアの技術に支えられ他の高性能スマホ同等のクオリティを発揮していました。

つまり、Pixel3はハードウェアはそこそこですがソフトウェアが凄いスマホだったのが、Pixel4はソフトウェアの性能に加えカメラレンズが2つになり、RAMも6GBとハード面でも強化が入ったことによって現時点で最強のスマホになりました。

 

なぜPixel4はデュアルレンズになったのか?

Pixel3はカメラレンズが1つでもAI技術により背景ぼかしもできるし、望遠レンズ無くてもズームもできる、そして周りが暗くても明るい写真が撮れるのが魅力でした。

これだけソフトウェアが凄いんだったらレンズは1つでもいいんじゃないかと思っていたところでPixel4では2つのレンズになっています。

ではなぜPixel4では広角レンズと望遠レンズの2つのレンズになったかと言うと、写真を撮る際に大事なのは以下の4つの重要な要素があると説明がありました。

それがこちらです。

被写体、照明、レンズ、ソフトウェア

Pixel3では「レンズ」の部分がたった1つのレンズで暗い場所でも明るく、遠くの被写体も光学ズームで画質が粗くなることもなくソフトウェアを強化することで頑張っていましたが、これ以上の写真が撮れるようにするためにはもう1つレンズを追加する必要があったようです。

 

こんなに遠くまで撮影できる望遠レンズ

まずこちらの画像をご覧ください。普通に橋の写真を撮ったように思えますが、

 

実はこんなに遠くから撮影された写真でした。

もうここまで来ると一眼レフカメラですよね。

スマホのカメラでここまでズームできる機種が他にあるでしょうか?

 

星空の撮影が可能に

一眼レフカメラでの星の撮影は非常に難しく、レンズ選びに始まり、撮影技術も必要になります。

一眼レフカメラで星空を撮影しようとするとどれくらいのシャッタースピードで撮影するかなどを自分で決める必要があるからです。

写真に詳しい人であれば星空を撮影するのにシャッタースピードを遅くしなければいけないことは当たり前かもしれませんが、それを知らない人の方が多いのではないでしょうか?

しかしPixel4のカメラではこれらの設定は不要となり、ナイトモードで撮影するだけとなります。

ただ、撮影時間は数分かかりるため手持ちで撮影することはできません。そのため地面に置きっぱなしにするか、スマホ用の三脚で撮影する必要があります。

でも、とうとうスマホで星空が撮影できる時代になったというのは感慨深いものがありますね。

 

手をかざしてアラームを止めたり、曲送りが可能なモーションセンス

Pixel4の全面にあるSoliレーダーによってスマホに触るこなくPixel4の操作が可能になりました。

上の画像はPixel4の画面の上で手を動かして曲送りをしています。

そしてピカチュウが登場し、手を降るとピカチュウが手を振り返してくれました。

すでにGoogleアシスタントでピカチュウを呼び出して会話できるようになっていますので、Pixel4は会話に加えこちらの動きにも対応できるようです。

しかしモーションセンスは日本では電波法に引っかかるようですので、日本で使えるようになるのは2020年の春頃になるようです。

このモーションセンスという技術はスマホよりもメガネ型デバイスでより力を発揮するのではないかと思います。

メガネを掛けた状態で見えるものをタッチすると名前が表示されたり、購入できたりなどができるのも数年後には実現しそうですね。

 

リアルタイム文字起こし

これはリアルタイムで話した言葉をテキストに起こしてくれるGoogle純正のレコーダーアプリになります。

レコーダーアプリですので、音声を録音しながら文字起こしをしてくれるため、新聞記者の方や雑誌記者の方などは非常に重宝するのではないでしょうか?

また、このテキスト変換によって検索も可能になります。

音声だけだと、あの内容は何分くらいに話してたっけ?と探すのが大変でしたが一発で検索できるようになります。

 

指紋認証センサーが廃止され、顔認証でロック解除に変更

Pixel3には背面に指紋認証センサーがありましたが、Pixel4には指紋認証センサーが無くなりました。

顔認証でのロック解除にかかる時間は一瞬のようで、ロックを掛けていることを忘れるかもしれませんとのことです。

 

防水対応で日本版Pixel4にはFeliCaも搭載

Pixel4はIP68 に準拠した防塵、防水に対応し、FeliCaにも対応しているためPixel3同様にSuicaや楽天Edyなどにも対応します。

 

Pixel4スペック

OS:Android10

ディスプレイ:5.7インチ or 6.3インチ

カメラ:背面16 メガピクセル・12.2 メガピクセル、前面8メガピクセル

プロセッサ:Qualcomm® Snapdragon 855™

メモリ:6GB RAM

ストレージ:64GB or 128GB

バッテリー:2,800 mAh or 3,700 mAh

ポート:USB Type-C(Qi ワイヤレス充電対応)

その他機能:IPX68 防塵・防水仕様、FeliCa搭載、前面デュアルスピーカー

 

●Pixel 4サイズ

長さ:147.1 mm

幅:68.8mm

高さ:8.2 mm

重さ:162g

 

●Pixel 4 XLサイズ

長さ:160.4 mm

幅:75.1mm

高さ:8.2 mm

重さ:193g

 

最後に

Pixel4は現段階での最高クラスのソフトウェアに加え、ハードウェアも強化されました。

星空の撮影をするかどうかはあれですが、星空が撮影できるスマホは現時点ではPixel4くらいでしょう。

価格もPixel3よりも約5,000円安い89,980円~ですので、今スマホの買い替えを検討していてPixelにしようかと思っている方は絶対にPixel3よりもPixel4をおすすめします。

Pixel4はGoogleストアでSIMフリー版が販売され、キャリアではdocomoとauでの取り扱いは無く唯一ソフトバンクで販売が決定しています。

GoogleストアでPixel4を購入する方はこちら

ソフトバンクでPixel4を購入する方はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑