Pixel4の開封の儀と初期設定方法。旧スマホとケーブルでつなぐだけで完了しました


公開日: 

2019年10月24日に発売されたPixel4が発売当日に届きましたので、箱の中身と初期設定のやり方を紹介したいと思います。

Pixel4開封の儀

・Pixel4本体

・ユーザーガイド

・SIMトレイを開けるピン

・ACアダプタ

・USB Type-Cケーブル

・スイッチアダプタ

 

これ以外にもPixel3にはUSB Cイヤホン(有線のイヤホン)と普通の有線イヤホンが使えるようになる変換プラグが付いていましたが、Pixel4では付いていません。

Pixel4の発表と同時に無線のイヤホン「Pixel Buds」も発表されたため、これからは無線のイヤホンを使ってくださいということなのでしょうね。

イヤホンが付いていないのは少し残念ではありますが、イヤホンが付いていないということもありPixel3より5,000円ほど安くなっているのでしょうね。

 

背面はかなり大きくなった2つのカメラレンズとライトとセンサーが左上にあります。

 

 

やはり少しポコっと出ていますね。

ちなみに電源ボタンはPixel3では押しても音はしませんでしたが、Pixel4ではカチッと音がするようになっています。

押した感じはPixel4の方がするのですが、音がせずにしっとりとボタンが沈んで行く感じがあったPixel3の方が個人的には好きでした。

 

 

正面から見て左側にSIMトレイがあり、Pixel3と4どちらも共通なのですがmicroSDカードは使えません。

 

Pixel4ではディスプレイ部分がだいぶ大きくなりました。

 

Pixel4(左)とPixel3(右)です。

明らかにカメラレンズが大きくなったところ以外で大きな違いは、Pixel4では指紋認証が無くなり顔認証になったことです。

 

 

見た目ではほとんどわかりませんが、Pixel4の方が3mm厚くなっています。

 

 

ディスプレイサイズは5.5インチから5.7インチに大きくなっています。

 

初期設定方法

Pixel4の初期設定は非常に簡単です。以前使用していたスマホがAndroidであれば付属のケーブルで繋いでコピーするだけです。

電源を入れると英語表記になっているので、日本語を選んだ後に開始をタップ

 

 

SIMカードを入れます。SIMトレイは左側にあるので付属のピンを使ってトレイを取り出します。また取り出しは付属のピンを使わなくてもクリップなどでも大丈夫です。

ちなみに、Pixel4では格安SIMのOCNモバイルONEのSIMを差し込みましたが、設定不要で通話・ネットができるようになりました。

 

 

Wi-Fiの接続をしますがWi-Fiがなければスキップで構いません。

 

古いスマホからデータをコピーすることになりますので、今まで使用していたスマホの電源を入れてケーブルで繋ぎます。

 

何をコピーするかの選択画面が表示されますが、全部コピーする場合にはチェックを外さず「コピー」をタップします。

 

付属のケーブルでスマホ同士を接続し、旧スマホのロックを解除します。

ちなみに古いスマホのUSB端子がmicroUSBの場合は、付属のスイッチアダプタも使用します。

 

古いスマホの画面にコピーしますか?と表示されるので「コピー」をタップ

 

 

コピーされる項目が表示され、何ギガのファイルがコピーされるかが表示されます。

ここでやっぱりいらないというものがあればチェックを外してください。

 

コピー中ですが、設定は進められるので「次へ」をタップして設定を続けます。

なお、設定を続けていても、まだコピー中ですのでケーブルは外さないでください。

 

 

Pixel4は基本は顔認証ですが顔認証ができない場合は、パターン・PIN(数字のみ)・パスワードのいづれかの方法でロック解除をします。

 

顔の登録ですが、顔を少し動かして様々な角度から撮影し顔を登録します。

これがちょっと難しくて顔を早く動かしすぎてもダメで、青い部分が全部消えるまで顔の全部分を認識させなければいけません。

 

顔認証が終わったら次に声を登録します。

これは「オーケーグーグル」と発して、音声でGoogle検索するために必要な設定ですので必要なければ飛ばしても構いません。

「オーケーグーグル」を3回言って登録完了となります。

 

本体の下の部分をギュッと握ってGoogleアシスタントを起動するスクイーズの設定はとくに変更しなくて大丈夫ですので、次へをタップします。

 

 

「時刻や通知を常に画面上に表示する」の設定ですが、常に表示するとバッテリーの消耗が大きくなってしまうため「有効にしない」をおすすめします。

 

 

他の設定を案内されますが「いいえ」をタップして次に進みます。

 

間もなくコピーも完了するようです。

 

これで終わりです。

ケーブルを外して、下から上にスワイプしてホーム画面を表示しましょう。

 

古いスマホのホーム画面と全く同じ配置でアプリが並んでいるのがおわかりになると思います。

ちなみにPixel4はまだアプリの更新がありますので、アプリのアイコンが正常に表示されていませんが5~10分ほどでアプリの更新が完了します。

 

最後に

初期設定は古いスマホとつなぐだけですので、Googleアカウント・パスワードの入力は必要ありませんし、アプリの再インストールも必要ありません。

もちろん古いスマホで撮った写真もコピーされていますので、古いスマホと同じ環境ですぐに使えるようになっています。

初期設定の時間は10分ほどでした。

もちろん写真やアプリの数が多ければコピーに時間はかかると思いますが、設定自体は非常に簡単ですので誰でもできます。

最後に顔認証の件ですが、ボタンを何も押さずに(画面が暗い状態)顔の前に持ってくるだけでロック解除されるのはちょっとびっくりしました。

ロック解除されるまでに1秒もかかりませんので、ロックされているのか不安になるほどです。

顔認証の場合は電源ボタンを押してからロック解除になるんだと思っていましたが、顔の前に持ってくるだけなんですね。顔認証のスマホが初めてだったのでびっくりでした。

Pixel4の使用感や便利な設定などはのちほど記事を書きたいと思います。

 

Pixel4の購入はこちら

GoogleストアでPixel4を購入する方はこちら

ソフトバンクでPixel4を購入する方はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑