Fire TV CubeはこれまでのAmazon製デバイスの全てが詰まった新デバイスだ!


公開日: 

2019年11月5日に新しいFireTVシリーズである「Fire TV Cube」が発売されます。

Fire TV Cubeはこれまで発売されてきた「Fire TV Stick」「Echo」「Echo Show」の3つのデバイスを合体させた、まさに何でもできるデバイスになっています。

Fire TV Cubeの特徴

Fire TV Cubeを簡単に言うと4Kに対応したFireTVで、テレビに接続することでプライムビデオ・hulu・Netflixなどを楽しむことができます。

そして、リモコンを使わなくても音声で操作ができたり、スピーカーを内蔵しているため「アレクサ 天気予報を教えて」と話しかけて今日の天気を聞いたりするなどAmazon Echoと同じことができます。

さらには「アレクサ、コーデ相談を開いて」と話しかけてファッションコーディネートアプリ「WEAR」からコーディネートの画像をテレビに映し出してくれるAmazon Showの機能も利用できます。

つまりはこれまでAmazonが販売してきたテレビに繋いでエンタメを楽しむ「FireTV」。

音声で知りたいことを調べられる「Echo」。

音声で知りたいことを調べられ、画面上にその結果を表示してくれる「Show」。

この3つの機能を全て利用できるデバイスになっています。

 

また、プラムビデオやhuluなどをテレビで見る際にはもちろんリモコンも使用できますし、話しかけてテレビのオン・オフなども可能になるなど、アレクサ対応に対応したためハンズフリーで色々な事ができるようになったのが最も大きい点ですね。

 

価格は14,980円

価格は14,980円とそこそこ高いですが、Fire TV Stick 4Kが6,980円。Echo Dotが5,980円。Echo Show5が9,980円。

となっていますので、これら3つを別々に買うよりはお得になっています。

そして何よりこの小さな”キューブ”にこれらの機能が全て搭載されているという点と、Fire TV Stick 4Kの「クアッドコア」よりも高性能な「ヘキサコア」のプロセッサを搭載しているため性能が断然良いというのもあります。

2015年に初めて発売されたFire TV Stickからずっと買い替えておらず、初代のFire TV Stickはとにかくリモコンを押しても反応が悪く操作性が最悪だったので、Fire TV Stickはずっと使っていないのですが、Fire TV Cubeはレスポンスもよく使えそうなので、そろそろ新しい「Fire TV」を買おうかなと思えたデバイスでした。

発売は2019年11月5日でAmazonで購入可能です。

 

Fire TV Cube|Amazon

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑