Pixel4にプリインストールされているレコーダーアプリの凄さを紹介します


公開日: 

Pixel4にはGoogleが作ったレコーダーアプリがインストールされていて、このレコーダーアプリは音声を録音するのはもちろん「話し声」や「音楽」を識別し色分けしてくれます。

そして最もこのレコーダーアプリの凄さはリアルタイムで文字起こしをしてくれるところにあります。

 

Pixel4のレコーダーアプリの使い方

レコーダーアプリの使い方は非常に簡単で、録音のボタンを押すだけです。

 

録音を開始すると音楽はオレンジ

 

話し声は青で表示されます。

 

そして音声文字変換を開くとこのようにリアルタイムで文字起こしをしてくれている所を見ることができます。(開かなくても英語であれば自動で文字起こしをしてくれています)


そして保存を選択すると、文字起こしされた単語の中からいくつか候補として表示してくれるので、それをタップしてタイトルに入れることができます。もちろんタイトルは自由に入力することもできます。

 



 

保存された音声ファイルを見てみると3色に色分けされ、「青が音声」「オレンジが音楽」「グレーはその他の音」と、ファイルを再生しなくても見ただけでわかるようになっています。

 

色分けの何が便利かというと、例えば講演会の音声を録音したとします。

グレーは無音やざわついた音。青が話し声。とわかるため、何分辺りで話し始めたっけ?と音声を確認しながら探さなくてもファイルを見ただけで大体わかるようになっているのです。

 

さらには文字起こしをしてくれていますので、単語を覚えていればその単語で検索することも可能です。

 

テキストとしても残っているので、このようにテキストでの検索も可能です。

 

翻訳やテキストコピーも可能

長押しして範囲を選択すれば翻訳やコピーも可能です。

 

翻訳は画面が切り替わるわけではなく、ポップアップで表示されるため非常に扱いやすくなっています。

 

最後に

文字起こしについては日本語対応していませんので、現在のところは「話し声・音楽・その他の音」を色分けしてくれるという機能しか使えませんが、日本語対応すれば新聞記者やインタビューをして記事を書いているライターの方など、録音した音声を聞きながら記事を書くような仕事をしている方にとっては非常に便利なアプリになると思います。

また、リアルタイムで翻訳しながら文字起こしができるようになれば、さらに可能性が広がるアプリになりますね。

そんなアプリになる日もそう遠くはないのではないでしょうか。

 

関連記事

これを設定すればPixel4が快適になる30の便利設定まとめ

Pixel4の顔認識登録が難しい…登録のコツと顔認識の精度について紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑