その高評価レビューはホンモノ?嘘の口コミに騙されずにネットで買い物ができる「サクラチェッカー」の使い方


公開日: 

「商品紹介文・画像」や「レビュー・口コミ」の評価を参考にネットで買い物をすることになりますが、メーカーの商品紹介文よりもレビューや口コミを重視しているという方がほとんどではないでしょうか?

しかし、購入の一番の参考材料となっているレビューや口コミには”サクラ”が存在しているのをご存知でしょうか?

「良いレビューを◯件◯円で書きます」という触れ込みでメーカーから依頼を受け、Amazonや楽天などの大手ショッピングサイトで良い評価を書き込みする業者が増えているため、5★がたくさんついていてコメントも評価が高い商品でも買ってみたらナンジャコリャ…ということもなりかねません。

すでにそのような経験をしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんので、今後そのようなことにならないためにAmazonに書き込まれた嘘のレビューを見破ることができるサクラチェッカーというサイトを紹介したいと思います。

 

サクラチェッカーの使い方

サクラチェッカーの使い方は非常に簡単で、Amazonの商品URLをサクラチェッカーの検索窓に貼り付けて検索するだけです。

 

検索し、下にスクロールするとカテゴリ別に危険度が表示されます。この商品はかなり怪しそうですが、中身を見ていきたいと思います。

※注意すべきポイントについては赤字にしています。

マーケットプレイス商品

検索した商品は中国メーカーの物なので、商品説明文に怪しい日本語があるのは特に問題はありません。

また、Amazonで検索したときに引っかかりやすいように無駄に商品名が長くなっています(SEO狙い)。これは例えば掃除機だった場合、商品名に「コードレス 超吸引力 サイクロン 大容量 クリーナー 掃除機」のように商品名以外の情報が記載されている場合にサクラレビューに怪しい商品名と表示されます。

ただし商品名がこのように長くなっている場合でも良い商品はあるのでここもそれほど問題ではありません。※有名な商品ではこのように無駄に商品名が長くなっていることはありませんが。

マーケットプレイス商品で最も注意すべきなのは「要注意メーカー」です。

このメーカーは他の商品でもサクラを使っているようなので注意が必要ですね。

 

ショップ情報・地域

ショップ情報はこの商品をAmazonで販売しているショップの情報となります。

このショップが取り扱っている商品はサクラを使っている率が多いようです。

 

ショップレビュー

しかしショップレビューを見てみるとショップレビューについては悪い報告がほとんどないため安全(危険度0%)となっているので、このショップで購入したとしても変な商品が送られてくるなどということは無いでしょう。

 

レビュー分布

レビュー分布とは★の数に開きが無いかを確認していて、この商品の場合高評価の★5と★1や★2などの低評価レビューに2極化されているため、サクラが★5のレビューを書き込み、それに釣られて購入した一般ユーザーが低評価をつけている可能性が大きいということがわかります。

 

レビュー日付

レビュー日付はその名の通り、いつレビューを投稿されたかなのですが、基本的にサクラレビューを依頼すると同じ日に大量のレビューを付けることになります。(今後サクラレビューと見破られないために日付を変えながらレビューするようになる可能性もあります)

この商品は2020年5月26日にレビューが集中しているため、この日にサクラがレビューを大量に書き込んだのでしょう。

ただし、有名なメーカーの新商品が発売された発売日にレビューが多くなるということは珍しく無いですし、無名のメーカーでも発売日に合わせて広告を打ったという可能性もあるため、レビュー日が集中しているだけで変な商品だとは言い切れません。

 

レビュー&レビュアー

ここで重要なのは「注意喚起レビューの異常な多さ」です。

一般ユーザーがこの商品は注意が必要と多く書き込んでくれているようです。

 

以上サクラレビューで見てみた結果、この商品はサクラを使っている可能性が非常に高く、好低評価の乖離や注意喚起レビューの多さから購入しない方がいいということがわかります。

 

サクラチェッカーの検索はAmazonと同じになっている

多少の誤差はあるかもしれませんが、基本的にサクラチェッカーの検索窓に商品名を入れて検索するとAmazonで表示される順番と同じように表示されるようになっているため、サクラチェッカーで商品を探すという方法もあります。

検索結果一覧でサクラ度も見ることができるため、一発で怪しい商品はわかるようになっていますね。

 

最後に

サクラの他にはSNSのフォロワー数を販売している業者も存在しますので、単純にそこに表示されている”数”だけで判断できません。

自分でその商品やアカウントを調べて良し悪しがわかるようなネットリテラシーがある方であれば問題ないのですが、自信がない方はサクラチェッカーのようなツールを使ってネットで騙されないような知恵を持つことはこれからの時代大切になってきています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑