iPhone12/iPhone12 Proのおすすめケースをクリア・手帳型・女性向けなどタイプ別に紹介


公開日:  最終更新日:2020/11/11

2020年10月23日発売に発売されるiPhone12/12Proで使えるケースををクリア・手帳型・耐衝撃型などタイプ別に分けて紹介します。

iPhone12とiPhone Proは重量は異なりますが、サイズ(高さ146.7×幅71.5×厚さ7.4mm)は同じためケースも同じものを使うことができます。

※iPhone12…162g、iPhone12 Pro…187g

 

クリアケース

クリアケースはiPhone12のデザインやカラーを損なわず、キズから守ってくれます。

また、クリアケースは飽きにくいため長く使える価格が高めの高品質なケースをおすすめします。

 

iPhone12/12Pro Spigenウルトラ・ハイブリッド (クリスタル・クリア)

こちらが高品質なクリアケースで、Spigen(シュピゲン)という非常に人気があるスマホケースメーカーのものです。

こちらのクリアケースは、側面が柔らかく衝撃を吸収しやすいTPU素材、背面が硬くて透明度を維持できるポリカーボネート素材が使用されています。

また、四隅の角にはエアクッションテクノロジーを採用し、角からの落下時に衝撃を吸収してくれます。

 

 

iPhone12/12Pro Spigenウルトラ・ハイブリッド (マット・ブラック)

こちらも先程紹介した高品質のスマホケースメーカーのSpigenのケースで、背面は硬いポリカーボネートで側面は柔らかいTPU素材で、滑りにくいマット素材になっています。

iPhone12/12Proはサイド部分が角ばっているデザインが特徴のため、そのデザインに近いケースが欲しい方におすすめです。

 

 

iPhone12/12Proケース Fanmingsidi

こちらのケースは画像を見てわかる通りケース全体がグニャリと曲がるTPU素材が使われているケースで全体が柔らかいため脱着しやすいのが特徴です。

ケースを付けたままお風呂で使用するとケースとの間に水が入るため、その都度外して拭く必要があります。

iPhone・ケースのどちらも拭くのが面倒な場合はあらかじめ外してお風呂に持っていくのが良いので、よく取り外すことが多い方にはこのような全体が柔らかいケースをおすすめします。

また、こちらのケースはサイド部分にカラーがついていて、ブラック・シルバー・ピンクなど9種類から選ぶことができます。

 

 

 

手帳型ケース

手帳型ケースはカードポケット、お札入れ、横置きスタンド、使用していないときの画面保護などとしても活躍してくれるため、機能性を重視する方におすすめです。

ただしカードポケットがついているケースの注意点として、iPhone12のApple PayでSuicaやPASMOを利用している状態で、定期券の利用をしているSuicaやPASMOのカードを入れて改札を通るとエラーを起こす可能性があります。

 

Rssviss 手帳型iPhone12/12Proケース

カード収納3枚とお札を入れることができるポケット1つあり、動画視聴に便利な横置きスタンドとしても利用可能という一般的な手帳型ケースですが、このケースの最大の魅力は※1,680円と非常にコスパが良いことです。

また、Amazonで6000件以上の評価が付いている人気シリーズのケースとなっているのですが、品質もさることながらブラウン・ブラック・レッドなど7種類のカラーバリエーションから選べるのも人気の理由となっています。

※価格は多少変動する場合があります

 

Arae iPhone12/12Pro手帳型ケース

手帳型ケースはカードやお札などを収納できるメリットがありますが、画面部分が覆われているため、画面を見る際に毎回カバーを開くのが面倒というデメリットもあります。

そんな面倒が無いのがこちらのケースで、収納部分を背面に折り曲げることができるようになっています。

カードなどの収納は欲しいけど、画面部分はいつも見れるような手帳型ケースが欲しいという方におすすめです。

 

CIBOLA 高級牛革 iPhone12/12Pro

 

3,000円台とスマホケースとしては高額の部類に入りますが、最高級本革を使用しているケースになります。

使えば使うほどに味が出るのはもちろん、人工革のように壊れやすいこともなく、手触りが良く長期間使えるのが特徴です。

3つのカード収納とお札などを入れることができる大きな収納ポケットがあり、横置きスタンドとしても利用可能です。

 

 

耐衝撃型ケース

耐衝撃ケースはスタイリッシュなデザインから強力な保護を特徴としたゴツいケースまで様々ありますが、iPhoneは人気のスマホのためたくさんの耐衝撃ケースが販売され、選択肢も多いのが特徴です。

 

エレコム ZEROSHOCK iPhone12/12Pro

落下時に衝撃を吸収してくれる四隅のエアクッションテクノロジー、ケースの内側には強度を保ちながら軽量化できるハニカム構造を採用するなど、エレコムの耐衝撃型ケースは耐衝撃に特化しながら薄く、かつ軽いのが特徴です。

スマホを落として画面を割ってしまうことが多いので、できるだけ衝撃に強いケースが欲しいけどゴツいケースは嫌だ。

という方におすすめです。

 

 

Spigen スリムアーマー iPhone12/12Proケース

 

耐衝撃型ケースのようなカードポケットが無い事が多いスマホケースにはSuicaやPASMOなどの定期型カードを入れることができないというデメリットがあるのですが、こちらのSpigenスリムアーマーのケース背面についています。

背面は硬いポリカーボネート製、サイド部分は柔らかく衝撃に強いTPU素材が使われていて、四隅には衝撃を吸収してくれるエアクッション加工が施されています。

※手帳型ケースの説明文でも記載していますが、iPhone12のApple PayでSuicaやPASMOを利用している状態で、定期券の利用をしているSuicaやPASMOのカードを入れて改札を通るとエラーを起こす可能性があります。

 

360度全方位保護iPhone12/12Proケース

手帳型ケース以外のケースでは背面・側面を保護するのが一般的ですが、こちらのケースは前面から落下したときに画面が地面に接地しないように前面カバーも付いているのが特徴です。

また四隅にはエアクッションテクノロジーを採用しています。

 

 

女性向けケース

iPhoneは女性向けのケースもたくさん販売されているため、女性向けのケースも紹介します。

 

リング付き 薄型 iPhone12/12Proケース

落下防止や横置きスタンドとしても利用できるリングが付いているiPhone12のケースで、柔らかいTPU素材が使われているため、落下時の衝撃も吸収してくれます。

また、リングの中央はマグネットになっているため車載ホルダーに対応していますが、マグネットの磁気の関係でワイヤレス充電は不可となっているため注意が必要です。

 

 

ディズニー サガラ刺繍 iPhone12/12Pro手帳型ケース

ケース表面は手触りが良いタオル地でディズニーの刺繍が施され、背面は帆布素材となっています。

カードポケットとお札を入れることができるポケットが1つずつ、そしてミラーも付いています。

Amazonではプーさん、ミッキー、ミニー、チップ&デールの4種類、Yahoo!ショッピングや楽天市場ではロッツオやエイリアンなども販売されています。

 

Face First Class ディズニー iPhone 12/12 Pro ケース

背面は硬いポリカーボネート、側面は柔らかいTPU素材が使われていて、中央部分がくびれているため持ちやすく滑りにくい構造になっているのが特徴です。

また、カメラ周りの黒い部分は撮影時に写真の周りが薄く黒くなってしまう減少「ケラレ」を防ぐために取り外す事ができるようにっています。

 

YYK タッセル付き iPhone12/12Proケース

外側は手触りの良いPUレザー,TPUラバーを使用し、高級感ある仕上がりとなっていて、オシャレなタッセルがついているのが特徴です。

横置きスタンドとしても利用可能なため、動画視聴にも便利なつくりになっています。

 

ミラー付き クロコダイル調 iPhone12/12Pro手帳型ケース

クロコダイル調のデザインが特徴的なこちらの手帳型ケースは内側にミラーが付いていて、ミラーは取り外すことも可能で写真などを入れることも可能です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑