Chromebook Lenovo Ideapad Duetファーストインプレッション


公開日:  最終更新日:2020/12/01

シンプルで価格が安い新世代のOSとして人気のChromebookは、Chromeブラウザのみを起動しブラウザにウェブアプリを追加し利用する新しいPCとして登場しました。

しかしウェブアプリも少ないためそれほど魅力的なPCではありませんでしたが、今ではスマホ(Android OS)用にリリースされているアプリもインストールできるようになり幅も広がりました。

また、「ハイスペック」「タッチパネル対応」「ディスプレイとキーボードを360°回転できる」など様々なChromebookが販売されているため、選択肢も広がっています。

そこで今回、ディスプレイとキーボードの取り外しが可能でタッチパネル式のChromebook「Lenovo Ideapad Duet(10.1インチ)」を購入したので、外観とファーストインプレッションを紹介していきたいと思います。

ちなみに価格は39,800円ですが、Amazonでは2021年1月15日まで9,900円の割引クーポンを配布しているので、実質29,900円で購入できます。

見た目は完全にSurfaceなLenovo Ideapad Duet

同梱物は本体のディスプレイ、スタンド、キーボード、ACアダプタ、USB-A USB-Cケーブル、USBType-Cイヤホン変換アダプタ。

 

Lenovo IdeapadDuetはディスプレイ、スタンド、キーボードの3つのパーツに分かれ、すべてを組み合わせるとSurfaceにうり二つです。

ちなみにスタンドとキーボードはマグネット式でディスプレイにくっつくようになっています。

 

スタンドの角度は境目が無く、好きな角度に自由に曲げることができます。

 

一番倒すとここまで倒れます。この角度だと床に置いて使用するのに便利です。

 

本体(ディスプレイ)の上部にはインカメラがあるのでZOOMなどのオンラインミーティングももちろん可能です。

 

背面にはアウトカメラがあります。

 

ボタンなどもシンプルで右サイドにはボリュームボタンと電源ボタン、そして充電やイヤホンを挿す(付属のアダプタ使用)USB-TypeCのポートがあります。

 

スピーカーは上部に2ヶ所ありますが音は良くないので、いい音で音楽や動画を見たいのであればBluetoothでスピーカーに接続することをおすすめします。

 

背面に取り付けるスタンドは帆布生地のような手触りです。

 

キーボードの配置を見ると「れ」「け」「む」などの右側のキーが小さくなっていますが、ローマ字入力の場合ほとんどこれらのキーを使わないので気になりません。

 

 

Chromebook Lenovo Ideapad Duet初期設定

Chromebookの初期設定は非常に簡単で5分くらいで完了します。

 

Wi-Fiの接続します。

 

利用規約に同意したあとに「Chromebook」へのログインという画面が表示されるので、スマホやWindows・MacのChromeブラウザにログインしているGoogleアカウントと同じものでログインするとブックマーク・履歴・各サイトにログインしているID・パスワードを共有することができます。

 

AndroidスマホにインストールしているアプリでChromebookにもインストールできるアプリの一部が表示されるので、インストールしたいアプリを選択して「インストールして続行」をクリックします。

 

「オーケーグーグル」でGoogleアシスタントを起動し、音声検索の機能を使いたい場合にはVoiceMatchを設定します。(あとでも設定から設定可能)

 

最後に同じGoogleアカウントでログインしているスマホが表示されるのでChromebookと連携したいスマホの機種を選びます。

 

連携をするとスマホでインストールしたアプリが自動的にChromebookにもインストールされたり、ショートメールをChromebookから送受信できるようになります。

もちろん連携しないこともできるのでその場合は「いいえ」をクリックします。

連携が完了するとスマホの通知に「リンクされています」と表示されました。

 

Lenovo Ideapad Duetを使ってみた感想

Chromebookは起動が早いという特徴があり、電源ボタンを押してから5秒くらいで立ち上がります。

また、キーボードをパタッと閉じると自動的にスリープ状態になり、開くと一瞬で画面がつくのも便利です。

WindowsPCでも早く起動する機種もありますが、SSDを搭載しているPCに限られますし、SSDを搭載しているWindowsPCは価格もまだまだ高いというのが現状ですが、Lenovo Ideapad Duetは約40,000円です。

 

キーボードについて

キーボードの打感については打っている感じも気持ちよく非常に良いと思います。Surface2のキーボードに非常に似た感じです。(3以降は持っていないのでわかりません)

ただし、普段はデスクトップPCを使っているのでそれに比べると非常に打ちにくく、ミスタイプも非常に多くなりますが、このようなキーボードは仕方ないと思っています。

 

「Delete」が無いのはやはり不便

Lenovo Ideapad DuetにはBackSpace(カーソルの左側を削除する)で文字を消すのですが、WindowsにはあるDelete(カーソルの右側を削除する)がありません。

やはり普段からWindowsを使っている者からするとDeleteが無いのは不便ですね。

 

ファンクションキーも設定で利用可能

F7でカタカナ、F10で半角のアルファベットに変換するなど、文字入力時に非常に利用するファンクションキーですが、設定→デバイス→キーボードの「キーボードの最上段のキーをファンクション キーとして使用する」をオンにすることで利用できるようになります。

しかし、キーボードにはF1などとは書かれていないためわかりづらいですが、一応使えるようになっています。

ファンクションキーをオンしている状態で元々のキーを利用するには検索キー(虫めがねのキー)を押しながらで反応します。

 

タッチパッドの精度はまずまず

タッチパッドは2本指でなぞるとページのスクロールができるようになっていて、指の動きと同じ早さのレスポンスで動いてくれます。

また、スクロールの上下に関しては初期状態では↓に指を動かすと↓にスクロールするようになっていますが、スマホやタブレットのタッチパネルに慣れている現代人は逆スクロールにした方が扱いやすくなりますので、設定で変更しました。

 

Windowsと同じようなショートカットが利用可能

Ctrl+Wでウィンドウを閉じる。

alt+Tab(→|)でアプリの切り替え。

など、Windowsで使っているショートカットはほぼ利用可能になっているので、Windowsとほぼ同じ感じで利用できています。

 

アプリをインストールしなくてもほぼChromeで完結する

YouTubeやYouTubeMusic(旧PlayMusic)などWindowsPCでブラウザ(Chrome)で使っているようなアプリに関してはChromebookでインストールしなくても問題なく使えます。

YouTubeはデフォルトでインストールされていますが、アプリ版とブラウザ版の違いはほぼありません。

インストールして便利だと感じるのはGoogleドライブやOneDriveなどのクラウド系です。

クラウド系のアプリをインストールしていると画像などのファイルを開いたときに、そこからクラウドへアップロードできますが、インストールしていないとGoogleドライブを開いた後にアップロードするファイルを選択する必要があるので一手間多くなってしまいます。

その他、Netflixやプライムビデオなどもブラウザ(Chrome)で問題なく視聴できるのでアプリは必要ないと感じています。

 

タッチパネルに対応してるのがかなり便利

タッチパッドでのマウスカーソルの精度がそれほど良くありませんが、タッチパネル操作であれば問題なく操作可能です。

そのためカーソルが左下にあって右上の☓まで持っていってアプリを閉じるなど、カーソルを大きく動かすときにはタッチパネルで操作した方が断然ラクです。

また、縦横の切り替えはもちろん可能です。

 

スマホを充電できるのも便利

両側USBType-Cのケーブルでスマホと接続するとスマホの充電ができます。(別売り)

スマホやモバイルバッテリーを接続し、設定→デバイス→電源を開くと電源の項目に「バッテリー」と「USB-Cデバイス」のどちらかを選択できるようになるのですが、バッテリーを選択するとスマホが充電され、UCB-Cデバイスを選択するとLenovo Ideapad Duetが充電されます。

※スマホの場合、モバイルバッテリーとしても利用できるスマホでなければLenovo Ideapad Duetは充電できません

 

 

Lenovo Ideapad DuetをAmazonで9,900円引きで購入する方法

Lenovo Ideapad Duetは通常価格で44,000円くらいなのですが、Amazonでは39,800円と他サイトに比べ比較的安くなっています。

しかも2021年1月15日まで9,900円引きのクーポンが誰でも利用できるので、実質29,900円で購入できます。

クーポンの利用は商品ページ内にあるクーポンの利用にチェックを入れるだけです。

Lenovo Ideapad DuetはWindowsのように色々なことはできませんが、大きな画面で動画やネットを見たい。

キーボード付きのタブレットが欲しいという方にはおすすめです。

 

 

関連記事

Chromebook Lenovo Ideapad Duetのやっておきたい便利な設定と基本操作方法

Chromebook Lenovo Ideapad Duetのスクリーンショット方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑