Windows8で画像を開くときWindows7と同じように開く方法


公開日:  最終更新日:2017/03/17

Windows8でピクチャのフォルダなどから画像を開くと、Windows8のタイルのスタートページから『フォト』というアプリが起動し、画像が見れるようになります。

ただしこの方法では画像を見るのに時間がかかったり、画像が全画面に表示され他のソフトを利用しながら画像を見づらくなるというPCの良さが完全に無くなってしまいます。

そこでこれまでのWindowsのような画像の開き方に戻す方法を紹介します。

 

Windows7と同じように画像を開くには既定のプログラムを変更する

初期状態では、既定のプログラムが『フォト』になっているので、それを『Windowsフォトビューアー』に変更することでWindows7で既定のプログラムとなっていたWindowsフォトビューワーで開けるようになります。

 

画像を右クリック→プログラムから開く→既定のプログラムの選択

gazou-kitei

 

Windowsフォトビューアーを選択

gazou-kitei2

 

これで画像ファイルを開く際の既定のプログラムがWindowsフォトビューワーになり、これまでと同じような画像の開き方になります。

もし、Windowsフォトビューワー以外に、好きなソフトをインストールしそのソフトを既定にしたい場合は、この方法で別のソフトを既定にすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. あお より:

    誤字を見つけました。

    —————————

    ◆Windows7と同じように画像を開くには既定のプログラムを変更する

    最初の状態では、既定のプログラムが『フォト』になっているためそれを『indowsフォトビューアー』に変更するとWindows7と同じように開くことができるようになるのだ。

    —————————

    おそらく『indowsフォトビューアー』ではなく、『Windowsフォトビューアー』ではないかと。

    新しいパソコンの購入を考えているので、Windows8の記事が参考になりました。ありがとうございます^^
    XPに慣れてしまった私はWindows8のタッチパネル操作にワクワクしつつも、スタートボタンなどの違いに少し不安を感じます。

    • さる吉 より:

      あおさんご指摘ありがとうございました!
      インドウズ→ウインドウズに変更しました。

      XPに比べてもかなりサクサク動くのでWindows8は慣れればかなり使いやすいと思いますよ。
      タッチパネル対応は非対応に比べてもやっぱり便利です。

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑