タブレットを購入する際に気をつけることとおすすめのタブレット紹介


公開日:  最終更新日:2017/03/18

タブレットには主に2種類あり、SIMカードを入れることでモバイルデータ通信ができるタイプ(SIMフリー)、そしてSIMカードの差込口がなくWi-Fi接続時にしかネットに接続できないWi-Fiタイプがあります。

そのため外出先でどこでもネットに接続したい場合はモバイルデータ通信ができるタイプを購入し、格安SIMなどを契約する必要があるため、間違わないように仕様を確認する必要があります。

 

自宅などWi-Fiが接続できる環境でしか使わないならWi-Fiタイプ、どこでも使いたいならSIMフリー

タブレットにもスマートフォンと同じようにSIMフリータブレットがあり、SIMフリータブレットであればどこの会社のSIMカードでも利用できます。そのため格安SIMを契約し、スマートフォンと同じようにどこでもネットに接続することができます。

一方Wi-FiタイプはWi-Fi接続が必須になり、Wi-Fi環境がある場所でしかネットに接続できません。Wi-Fiタイプのメリットは月々の通信料が発生しないため、ランニングコストが0円になります

しかし、スマートフォンのテザリングで接続するか、WiMAXなどのモバイルルーターを持ち歩くことでどこでもネットに接続することも可能になります。

同じ機種でWi-Fiタイプ、SIMフリータイプの2種類が発売されている物もありますが、若干Wi-Fiタイプの方が価格が安くなります。

 

Wi-FiタイプかSIMフリータイプはの判断は価格.comがわかりやすい

価格.comのサイトで購入したいと思ったタブレットを検索してみるとタイトルに「Wi-Fiタイプ」や「SIMフリー」と表記されている場合があります。

もちろんメーカーのホームページで確認することも可能ですが、端末により記載されている場所がバラバラなのでわかりづらいということもあり、価格ドットコムで確認するのが一番分かりやすいのではないかと思います。

 

また価格ドットコムのスペックをみるとSIMフリータブレットの場合、SIMカードのサイズも確認することができるため、格安SIMでSIMカードを契約する際に選択するカードサイズも調べることができます。

下の画像はASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4のスペック表ですが、SIMカードは「microSIM」を使用していることがわかります。

 

おすすめタブレット

 

ブルーライト軽減機能搭載「MediaPad T2 7.0 Pro(SIMフリー)

MediaPad T2 7.0 Proは7インチと片手で持ちやすいサイズのタブレットで、ブルーライト軽減機能を搭載しているため電子書籍端末として優れています。

また、指紋認証センサーも搭載しているため画面ロック解除にパスワードなどを入れる必要もありません。

価格も約22,000円で購入できるなど、コスパに優れたタブレットです。

 

スペック

・OS:Android5.1

・CPU:MSM8939オクタコア

・RAM:2GB

・ストレージ:16GB

・microSDカードスロット:あり

・ディスプレイ:7.0インチ

・バッテリー:4360mAh

・カメラ:メイン1300万画素、インカメラ、500万画素

・重量:250g

・サイズ:105.8×8.2×187.4 mm

・SIMカードサイズ:nanoSIM

 

 

2Kディスプレイ&大迫力のスピーカー「ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル

ZenPad3 8.0はタブレットとしては最高峰の2K(2,048×1,536)の高解像度ディスプレイにASUS独自の映像解析技術Visual Masterを兼ね備え、あらゆる物を一層美しく映し出すことができ、デュアルフロントスピーカーは、バーチャルサラウンドサウンドを楽しむことができます。

そのため、huluやネットフリックス、dTVなどの動画見放題サービスで映画を美しく、大迫力の音で楽しむことができます。

また、USBポートは急速充電対応のUSB Type-Cを搭載しているため、タブレットはバッテリー容量が大きいため充電に時間がかかりがちですがZenPad3 8.0は高速で充電をすることができます。

 

スペック

・OS:Android6.0

・CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 650 ヘキサコア

・RAM:4GB

・ストレージ:32GB

・microSDカードスロット:あり

・ディスプレイ:7.9インチ

・バッテリー:4360mAh

・カメラ:メイン800万画素、インカメラ、200万画素

・重量:320g

・サイズ:136.4 ×205.4 ×7.57 mm

・SIMカードサイズ:microSIM

 

 

防塵・防滴対応「LAVIE Tab S TS508/FAM」(Wi-Fiタイプ)

タブレットとしては珍しく防塵(IP5X)・防滴(IPX2)に対応しています。

IPX2という規格は、水がかかっても大丈夫という程度のため、お風呂などでバシャバシャ水をかけても大丈夫というほどの防水性はありませんが、キッチンでクックパッドなどを見ながら料理をする程度であれば問題なく利用可能です。

 

スペック

・OS:Android6.0

・CPU:APQ8053 2.0GHz(8コア)

・RAM:3GB

・ストレージ:16GB

・microSDカードスロット:あり

・ディスプレイ:8インチ

・バッテリー:4250mAh

・カメラ:メイン800万画素、インカメラ、200万画素

・重量:321g

・サイズ:123.5mm×209.5mm×8.6mm

・SIMカードサイズ:microSIM

 

 

SIMフリータイプでもSIMカードの契約をする必要はなく、Wi-Fi接続のみしか使用しないという方法でも構いません。必要に応じて格安SIMの契約をすることができます。

 

関連記事

【2016年度版】MVNOシェアランキングで上位の格安SIMの特徴から見る人気の秘密とは

カウントフリー、パケットシェア、ポイントで支払いなど、おすすめの格安SIMの料金プランや特徴を紹介

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑