AndroidスマートフォンのGPSの精度を上げる方法


公開日: 

unnamedGoogleマップを開くと自分が今いる場所が青い矢印で表示されるようになっているので自分の居場所がすぐにわかるので迷子にならずにすんでとても助かっているんだけど、ARROWS V F-04Eに機種変更してからGPSの精度が悪く、自分の居場所と全然違うところに青い矢印が表示されていてとても困っているのだ。

そこでGPSの精度を上げるために『GPS Status』というアプリをインストールしてみたのだ。

 

 

『GPS Status』のインストール、設定方法

PlayストアでGPS Statusをインストールする

インストールをしてGoogleマップを開くとGPS Statusのアイコンがステータスバーに表示されるようになる。

Screenmemo_2013-02-08-21-02

 

基本的にGPS Statusをインストールだけでいいんだけど、精度をもっと上げるために『GPSアシスト情報』をダウンロードするのだ。

 

メニュー→ツール

33

 

A-GPSの管理

22

 

ダウンロード

44

 

これでGPSの精度が良くなるのだ。

 

 

使ってみた感想

使ってみた感想としては、自分が向いている方角も青い矢印でわかるんだけどこの精度がかなり良くなった。

でも、スマートフォンがスリープ状態にしているとスリープ状態になる前にいた場所のまま矢印がどどまっていることがあり、しばらくするとちゃんとした位置まで動いてくれるんだけど10秒から長い場合は30~40秒くらい正常な位置に矢印が動くまで時間がかかるのだ。

 

このアプリを入れていないときよりは確実に精度が良くなったのは事実なのだ。

 

関連記事

unnamed

Googleマップがあれば海外旅行で道に迷わない
事前に地図をダウンロードしておく必要あり

 

navi

スマートフォンをカーナビとして使う方法
Googleマップの経路を使用する

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. より:

    AngryGPSというアプリを使ってGPSの設定を変更し
    アシストGPSにモードを変更してからSUPLサーバーを変更した方がはやいです

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑