ARROWS V F-04Eを便利に使うために設定した5つのこと


公開日:  最終更新日:2017/03/19

ドコモから購入したARROWS V F-04Eはドコモ独自の機能がONになっていたり、初期時には画面が暗くなるまでの時間が短かったりなど使いづらい設定になっていたため、ARROWS V F-04Eを使いやすくするための設定を紹介したいと思います。

 

 

1.バッテリーを節約する

ARROWS V F-04Eのバッテリー容量はスマートフォンの中では2420mAhと比較的容量が多いとはいえ、実際使っていると本当に2420mAhもあるの?

と思ってしまうくらいバッテリーの消耗が激しく、すぐにバッテリーがなくなってしまいます。

そこでARROWS V に搭載されている「NX!エコモード」でバッテリーを節約しました。

 

設定→NX!エコと進むと「タイマーエコモード・電池残量エコモード・今すぐエコモード」の3つが選択できます。

タイマーエコモード…自分で好きな時間帯を設定してその時間になるとエコモードがONになる

電池残量エコモード…指定した容量までバッテリーがなくなったときにエコモードがONになる(20~30%がおすすめ)

今すぐエコモード…エコモードにしたいと思ったときに手動でエコモードをONにする

 

Screenmemo_share_2012-12-22-22-41-35

 

エコモードがONになっているときにどんな機能をOFFにするかを設定する

NX!エコという機能は、この機能をONにすると指定した機能やアプリをバックグラウンドで動かないようにすることでバッテリーの消耗を少なくするという機能です。

スマートフォンは実際に検索や電話などを使っていないときでもバックグラウンドでアプリが動いているため、バッテリーの消耗がガラケーに比べても大きくなります。

そこで利用していない機能やアプリに関してはバックグラウンドで動かないようにすることが大切です。

Screenmemo_2012-12-22-22-36-04

 

通信してほしくないアプリにチェックを入れる

常にバックグラウンドで動いていなくてもいいというアプリに関してはチェックを入れて通信しないようにします。

Screenmemo_share_2012-12-22-22-37-38

 

2.ディスプレイが暗くなる(スリープ時間)までの時間を変更した

初期状態では15秒間操作をしない状態が続くと画面が暗くなったり、「水平時すぐにスリープ」がONになっているとテーブルや床に置くとすぐに画面が暗くなってしまいます。

ロック画面時と通常の画面時でスリープ時間は別々で設定します。

 

ロック画面の消灯時間

ロック画面時とは下の画像のことです。この画面に関しては時計やバッテリー残量などを確認するくらいしかしないため、時間は短くて問題ないでしょう。

device-2013-01-07-192404

 

設定→ディスプレイ

ロック画面の表示にチェックを入れて、その下のロック画面の消灯時間を選択して消灯までの時間を選びます。

Screenmemo_2013-01-07-18-21

 

スリープ設定

この設定はロック画面以外で操作をしていない時間がどれだけ続いたら画面を暗くするかという設定です。

設定→ディスプレイ

Screenmemo_2013-01-07-18-21-46

 

スリープ/持ってる間ONを選択

Screenmemo_2013-01-07-18-21-59

 

スリープを選択、今の設定では「2分」に設定されているのがわかります。

Screenmemo_2013-01-07-18-22-07

 

好きな時間を選択

Screenmemo_2013-01-07-18-22-18

 

【水平時すぐにスリープ解除方法】

設定→ディスプレイ→スリープ/持ってる間ON→水平時すぐにスリープのチェックをはずす

Screenmemo_share_2013-02-22

 

3.留守電ではなく伝言メモを有効にした

ARROWS V F-04E伝言メモが使えるため留守電を利用する必要はありません。

伝言メモと留守電の違いは、本体にメッセージを保存するか、メッセージセンターにメッセージを保存するかの違いです。

 

伝言メモ…スマートフォン本体にメッセージを保存するため、月額料金がかからない(申し込みも不要)。そしてメッセージを聴く際も本体に保存されているメッセージを聴くだけなので通話料も発生しません

留守電…ドコモのメッセージセンターに保存されるため申し込みが必要(月額300円)そしてメッセージを聴く場合、メッセージセンターに電話をかけなければいけないため通話料も発生します(かけ放題の場合はかかりません)

 

その他の違いは伝言メモは圏外にいるときはメッセージを残してもらうことはできませんが、留守電は圏外でもメッセージを残してもらうことができます。つまり留守電はスマートフォンの電源を切っている状態でも大丈夫ということです。

 

伝言メモを有効にする方法

1.発着信画面を開いて『メニューボタン』を押す

2.『通話設定』を選択

 

3.伝言メモを選択

 

4.伝言メモにチェックを入れる。録音されたメッセージを聴くには「伝言メモリスト」から聴くことができます。

 

 

4.ホームアプリをdocomo Palette UIからNX!ホームに変更

初期状態のホームアプリは「docomo Palette UI」になっていますが、このホームアプリは反応が悪かったり、ホーム画面に表示できるアイコンの数も少なく非常に使いづらいホームアプリだったためARROWS独自のホームアプリ「NX!ホーム」に変更しました。
設定→ディスプレイ→ホーム画面切替→NX!ホームを選択

Screenmemo_share_2013-02-22-16-21-12

 

 

指紋認証でロックを解除できるように指紋を登録

ARROWS V F-04Eでは、パターン解除や4ケタのパスワード解除の他に指紋認証でロック解除をすることができます。

設定→ユーザー設定のセキュリティ→指紋設定を選択すると手が表示されるので、「登録したい指」をタップして選択します。

Screenmemo_2012-12-30-18-20-01

 

登録したい指を選択すると下の画面が表示されるので、正常に終了しましたという画面が表示するまで3回以上登録したい指でセンサーをなぞります。

Screenmemo_2012-12-30-18-20-23

 

登録が完了すると登録した指の部分が青くなります。また、登録した指紋を削除するには画面で削除したい指をタップすると削除しますか?と表示されるので「はい」で削除します。

Screenmemo_2012-12-30-18-04-06

 

登録が完了後ロック解除の方法を指紋認証に設定

指紋を登録しただけでは指紋認証でロック解除をすることはできません。指紋認証でのロック解除に変更する必要があります。

 

設定→ユーザー設定のセキュリティ→指紋設定→画面ロックの認証設定にチェックを入れる。そのあとにセキュリティ解除方法を選んで、『指紋』を選びます。

Screenmemo_2012-12-30-18-30

Screenmemo_2012-12-30-18-33-25

 

この画面が出てくるので『OK』をタップする。現在登録している2本の指のどちらでもロック解除が可能になります。

Screenmemo_2012-12-30-18-39-37

 

指紋認証でロック解除の設定ができると、指紋認証以外の解除方法を設定してくださいと表示されるので、パターン・暗証番号・パスワード・なしの中から選択します。

もしセンサー部分が故障したり、指が濡れているとセンサーが反応しないため、念のため他のロック解除方法もONにしておきましょう。

Screenmemo_share_2012-12-30-18-45-07

 

5.必要ないアプリでアンインストールできないものを停止した

基本的にドコモ系のアプリはアンインストールできません。しかしそれらのアプリが常にバックグラウンドで動いているとバッテリーの消耗が大きくなったり、スマートフォン自体のレスポンスが悪くなってしまうため、使用しないアプリは停止しました。
設定→アプリケーション→実行中

使っていないアプリや使う必要がないようなアプリを選択して、『停止』をタップすると停止されます。

Screenmemo_share_2013-02-22-16-31-24

 

■停止したおもなアプリ

・NOTTV
入会していないので・・・

・iコンシェル
使う必要がないので・・・

・dメニュー
使ったことがない・・・

・しゃべって検索
ドコモのアプリですが、Googleの音声検索で十分

・ドコモバックアップ
連絡先はGoogle連絡先に保存してるし、写真はPicasaで管理しているので。

 

最後に

Androidの魅力はこのように自分で好きな設定を自由に変更できる自由度にあります。

しかしたくさんの事ができすぎて逆にわかりづらいということもあるため、どのような設定があるかに関しては「設定アプリ」をよく見ることでこんな機能も使えたのか!

という新たな発見もできるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑