Andoridスマホのバッテリーを長持ちさせるためにやったこと【まとめ】


公開日:  最終更新日:2018/02/03

NCM_0013スマートフォンを使っているとやっぱり電池がすぐになくなってしまって、モバイルバッテリーを使って充電するという日々が続いているんだけど、バッテリー節約のためにやった設定やアプリをインストールした結果、何もやっていないときに比べて格段にバッテリーの持ちが良くなったので、やったことを全て紹介するのだ。

 

◆バックグラウンドで動いているアプリを停止する

スマートフォンを触っていなくても電源は入っているので少しずつバッテリーが少なくなっていくのは仕方ないんだけど、何もしていなくても裏で動いているアプリがあるので、使わないアプリを個別で停止することで少し節約できる。

設定→アプリケーション

Screenmemo_2013-05-231

 

実行中→停止したいアプリを選択

Screenmemo_2013-05-23-2

 

停止

Screenmemo_2013-05-23-19-32

 

起動してほしくない(使っていない)アプリを個別にひとつずつやっていくことで少しバッテリーの持ちが良くなり、

またArrows V F-04Eにはエコモードが搭載されているのでそれを設定することで同じようなこともできるのだ。

ARROWS V F-04Eで電池節約のためにやったこと

 

 

◆バッテリー節約アプリをインストールする

インストールするだけで電池が長持ちするアプリ『iBattery』

このアプリをインストールするだけで電池のもちが格段に良くなったのだ。

これもさっきの設定と同じでようなことで、スマートフォンを使っていないときに必要のない機能を停止することでバッテリーを節約するというもの。画面消灯中にWi-Fiやモバイルデータ通信をしないことで節約しているのだ。

モバイルデータ通信がOFFになっていても電話はちゃんと着信するのでご安心を。

 

 

◆使用中の画面の明るさを『暗くする』

スマートフォンを使用している時の画面の明るさを調整し暗くすることでバッテリーの消耗を抑えることができます。

ステータスバーを表示し、画面を暗くする。

周りが暗いときにはスマートフォンの画面を暗くしても見えるので出来る限り暗くするほうがいいのだ。

Screenmemo_2013-05-23

 

 

◆最後に

スマートフォンを使っている時にバッテリーが減っていくのは仕方ないとして、使っていなかったのにいつの間にか30%を切っているということが多かったんだけど、バックグランドで動いているアプリを停止したり、画面消灯中に機能を停止するアプリ『iBattery』のおかげでそういうことはなくなったのだ。

iBatteryに関してはインストールするだけでかなりの節約になるので、おすすめのアプリなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑