Windows8には自分でインストールしないとメーラーがない!?


公開日:  最終更新日:2017/03/17

Windows8はHotmailを推奨しているためか、Windows7のように標準のメールソフト(Windows Live Mail)がインストールされていません。

そのため、プロバイダから提供されているメールアドレスを利用したい場合、Windows Live MailやOutlookなどのメールソフトをインストールする必要があります。

 

Windows8のスタートメニューにある『メール』はHotmailやGmailなどしか使えない

Windows8のスタートメニューにある『メール』はHotmailなどのフリーメールしか使えないため、プロバイダから提供されているメールアドレスを使いたい場合はWindowsLiveMailなどのメールソフトをインストールする必要があります。

ただし、Microsoft Officeを購入していいる場合は、Outlookというメールソフトがインストールされるため、そのメールソフトの利用も可能です。

 

win8

 

WindowsLiveMailのインストール方法

こちらにアクセスしダウンロードクリック

Windows Essentialsダウンロード

livemail

 

保存をクリック

livemail2

 

実行をクリック

livemail3

 

インストールする製品の選択をクリック。

全てをインストールにしてもWindowsLiveMailはインストールされるのでどちらでもいいけど、メールだけを選択したほうが早く終る。

livemail4

 

メールにチェックを入れインストールをクリック

livemail5

 

インストールが終わるまで5~10分くらい待つ

livemail6

 

これで完了。

すぐに再起動するか後で再起動するかどちらかを選択する。

livemail7

 

これでWindowsLiveMailがインストールされ、プロバイダから提供されているメールこのメールソフトに設定することで利用することができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. 高橋 より:

    参考までに、Windoes7から標準でメールソフトは入っていません。同様のことが必要です。多くのプリインストールモデルは、勝手に入れていましたが。

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑