USBメモリを使うよりも便利『Googleドライブ』の使い方・共有方法


公開日:  最終更新日:2015/01/23

googledrive.jpg1GoogleドライブのソフトをインストールするとUSBメモリと同じような使い方ができるためUSBメモリはもう必要ないんじゃないかと思うくらい便利。

ただしGoogleドライブの無料版は5GBまで。容量が少ない場合は月数百円で容量を増やすこともできるのだ。

 

googledrive4

◆デスクトップ用ソフトをインストールすると『Googleドライブ』のフォルダが作成される

Google ドライブにアクセスし、Googleアカウントでログインすると左下に『windows用のドライブをダウンロード』と表示されているのでクリックしてダウンロード→インストールする

googledrive2

 

インストールが完了し、Googleドライブのフォルダが作成されている。

あとはログインするだけで使用可能。

フォルダが作成されるというのが非常に便利で、データをアップロードしているという感覚がない。

googledrive

 

これは通常のフォルダと同じような使い方でいいのでGoogleDriveのフォルダに写真やWordやExcelなどのファイルやフォルダごと入れることも可能なのだ。

 

 

◆他のPCやスマートフォンでも同期可能

もちろん他のパソコンでもGoogleドライブをインストールし同じアカウントでログインすることで同じデータを見ることもできるし、スマートフォン用のアプリもあるのでそれをインストールすることで同じデータを見ることができるのだ。

スマートフォンはUSBメモリに対応していないのでデータを送りたい場合はEvernoteやメールを使って送るということを今までやっていたんだけどこれを使うことでEvernoteへのアップロードをするという手間自体がなくなるような感じ。

なぜならGoogleドライブのフォルダに入れるだけだから。

 

 

◆大容量のデータを送りたい場合はGoogleドライブに入っているデータのURLを送るだけ

Googleドライブ内にデータを保存していれば、そのデータを見てもらいたい人にURLを送るだけで見ることができるのだ。

ダウンロードしたければその人がダウンロードするだけでいいので、毎回大容量データを送信するたびに”待つ”ということがなくなる。

 

■デスクトップ版(PC)

共有したいデータやフォルダを右クリック→Googleドライブ→共有

googledrive5

 

共有設定が表示されるので、変更をクリックし公開の範囲を設定する。

googledrive9

 

・誰にでも見れる状態にする場合は『ウェブ上で一般公開』

・URLを知っている人だけに見れるようにするには『リンクを知っている全員』

・Googleアカウントを持っていて、かつURLを知っている人にしか見せたくない場合『限定公開』

googledrive8

 

データを見てもらいたい人のアドレスを入力し、共有して保存をクリック→完了をクリック

これで今入力したアドレス宛にメールで送られる。

 

■スマートフォン版

GooglePlayからGoogleドライブをインストールする

googledrive7

 

送信する方法を選択。今回はGmailを選択。

Gmailのメール作成画面が表示されるので送りたい人のアドレスを入れて送信するだけ。

Screenmemo_2013-06-04-14-15

※リンク先をメールで送る場合、『公開設定オプション』を設定している必要があります。

 

EvernoteやDropboxなどたくさんクラウドサービスはあるけど、パソコンをメインに使っている人の場合はGoogleドライブは非常に便利なのだ。

 

関連記事

cloud

最近よく聞く『クラウド』って何?

 

unnamed

Googleのクラウドメモアプリ『GoogleKeep』がシンプルで使いやすい

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. Stacey Kaufman より:

    Hi, nice article. I really like it!

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑